挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/249

57話

「生きてるのか?」
「いや、もう瀕死だな」
 ローカストホッパーは、ベルサの手の中でピクピク状態だった。
 リッサの魔物手帳にはローカストホッパーは砂漠に住むバッタの魔物で、時々大量発生し、周辺地域に甚大な被害をもたらす、と書いてあるという。
 駆除業者としては、無視できない魔物である。
蝗害は前の世界でも天災の一つとされている地域もあったはずだ。
 いつ、依頼が来てもいいように、駆除方法を確立しておきたい。
「じゃ」
 俺はベルサのリュックから回復薬を取り出して、かけようとしたら
「ちょ、ちょっと待て。少しでいい。こんな小さな魔物に、瓶一本使うんじゃない!」
と、ベルサは俺から、回復薬を奪った。
「でも、どうせ、ローカストホッパーを入れる容器がないんだから、一本空けちゃっていいんじゃない?」
 ベルサが、俺を無視してほんの少しだけ、ローカストホッパーに回復薬をかけると、みるみる元気になった。
「この上級回復薬を無駄にされると、私の中の何かが崩れる」
 何かってなんだ?価値観か?
 上級だろうがなんだろうが回復薬なんて、材料があればいくらでも作れるんだが。
とは言え、一本で金貨1枚以上はするらしいから、仕方がないと諦めた。
 倒れたフィーホースに使おうとしていたら、探知スキルに人の気配を感じた。
 見れば、100メートルほど先に中肉中背のターバンを巻いた男が、フラフラと歩いていた。
 弱っていそうなので、あの男に回復薬を使えばいい。
「すいませーん!大丈夫ですか?」
 そう言って男に近づこうとすると、ベルサが「待て、ゾンビかもしれないぞ」というので、黙って見ていると、男は突然倒れた。
 近寄ってみると、男は「水、水…」と口にしていたので、水袋を渡した。
 喉を鳴らしながら水を飲む男を見ながら、周囲を探知スキルで見る。
 少し離れたところに、人が集まっているのが見える。
 肉眼でその方向を見ると、草原に幌馬車の荷台だけが停まっていた。
 定期便の馬車か?
だとしたら、中の人間たちはなぜ荷台に留まっている?
「奴隷商か?」
「んぐ、はぁはぁ、そうです!突然フィーホースが暴れだして、急いで追ってきたんですが…はぁはぁ」
「ああ。そのフィーホースなら、あそこで気絶している。あんた、特に怪我はなさそうだな」
「え?ええ、まあ」
 じゃあ、回復薬を使えないなぁ。
 ベルサが追いかけてきていて、ようやくたどり着いた。
「お前が、あのフィーホースの持ち主か?」
「はい、そうです」
「我々はあのフィーホースに襲われた。この国の法律ではどうなっているか知らないのだが、人に使役されている魔物が他人を襲った場合、持ち主が被害者側に慰謝料を払うか、もしくは被害者側がその魔物の生殺与奪の権利ないし所有権を持つということで間違いないか?」
 男の顔は徐々に青ざめていった。
「ま、間違いありません」
 なにやら、ベルサが難しい交渉をし始めたので、俺は馬車の荷台の方に向かった。

 荷台には状態異常になっている者がいた。
 幌を開けると、中にいたのはヒューマン族や獣人、ホビットなどの亜人など、種族は様々だが、全員女の奴隷だった。
首にはしっかり首輪がつけられている。
 幌を開けたのが、奴隷商ではなく俺だったので、奴隷たちは怯えたように、荷台の奥に身を寄せ合った。
 その中のヒューマン族の女が、咳をして苦しそうにしていた。
 呼吸器系か。
「やあ、こんちは。苦しそうだね。治療ができるかもしれないんだけど、どうかな?」
 回復薬を見せ、自分で少し飲んでみせた。
 お互いを見合って、どうすればいいのか、迷っている奴隷たちに向かって、
「なぁに、今、うちの人間が君たちを連れてきた奴隷商と交渉している最中だから、治療費とかは気にしないでいい。それに、その病気が全員に伝染りでもしたら、損するのは奴隷商の方だしね」
と、微笑んでみせた。
 咳をして、唇を震わせている女奴隷が、俺に頷いた。
 俺は、荷台の中に入り、女奴隷を抱える。
「どうせ、治らない。私はいずれグールになるんだ」
俺の耳元で女奴隷が悲観したように言った。
 グールってなんだっけ?ゾンビみたいなものか?
 死体を食う魔物だったっけ?
「何があったか知らないけど、人生はそんな不幸なことばかりじゃないさ」
 俺は女奴隷を外に連れ出し、地面にIHの魔法陣を描く。
 魔法陣の上に、回復薬の瓶を置いて沸騰させ、蒸発した煙を女奴隷に吸わせる。
 虚ろだった目は開かれ、顔も先程より生気が戻ったが、唇は青いままだった。
「どうだい?」
「だいぶ楽になったけど、頭痛が…」
と、女奴隷は頭を押さえた。
 回復薬では治らない病気か。
 状態異常も治っていない。
 毒か呪いか。
 いずれにせよ、回復薬しか持ってきてないので、今は治せない。
「ずっとこんな調子か?」
と、他の奴隷に聞くと、頷いていた。
 共に馬車に乗っていた奴隷たちは病気になっていないところをみると感染るようなものではないらしい。

「おーい!ナオキ!その荷台をこっちに持ってきてくれー!」
 ベルサの交渉がうまく行ったのか、こちらに手を振ってきた。
「わかったー!」
 空になった瓶を振って冷まし、魔法陣を消す。
 冷めた瓶にローカストホッパーを入れて、瓶を腰に下げる。
 女奴隷を荷台に運んで、奴隷たちに「掴まっててくれ」と言って、荷台を押す。
 俺が荷台を押せることに女奴隷たちは驚いていたようだ。
 力持ちであることをアピールするとモテるだろうか。

「交渉はうまくいった?」
 ベルサに聞く。
 奴隷商は、荷台を押してきた俺を見ながら、口を開けたまま固まっている。
「ああ、定期的な収入を確保した」
 どういうことか聞くと、フィーホースは我々の会社の所有物になったようで、月に銀貨5枚でターバンを巻いた奴隷商に貸し出すことになったそうだ。
 さらに、奴隷が必要になったら、格安で売ってくれるらしい。
 なんという交渉術だ。
 そういうスキルが発生したのだろうか。
「商人ギルドに登録している会社だったことが良かったみたいだ」
 ベルサは小声で俺に教えてくれた。
 気絶しているフィーホースは、俺が掴んだ前足が折れていた。
リュックの中の回復薬をかけると、
「ブルルルルッ」
と、言って起き上がった。
 ベルサは、フィーホースに回復薬を使用することは止めなかった。
「うちの、だからな」
と、言っていた。
 ただ、腰に下げたローカストホッパーが入った瓶を見て、「どうしたのか」と問いただしてきた。
「病気の奴隷に使ったんだ」
と言うと、ベルサは奴隷商に「金貨1枚でいいからな」と言っていた。
 奴隷商は、言葉に詰まりながらも了承していた。回復薬代も後日払ってくれるそうだ。

 フィーホースを荷台と繋ぎ、出発する。

 奴隷商の行き先はフロウラだという。
「俺たちも今から帰るところなんだ」
俺たちは馬車の横を歩く。
「護衛とか付けなくて大丈夫なのか?」
 ベルサが奴隷商に聞く。
「砂漠まではいたんですがね。鉄砲水で、はぐれてしまったんです」
 鉄砲水か。
 砂漠の死因で一番多いのは溺死だと、どこかで聞いたことがある。
 砂漠で雨が降ると、水は吸収されず、一箇所に集まり鉄砲水になるらしい。
 最近、砂漠で雨が降ったのだろう。
「じゃあ、俺たちが護衛をしてやろう」
「ありがとうございます!」
 そういうことになった。

 フィーホースのスピードが遅いので、風魔法の魔法陣を脚に描いてやった。
 それでも、遅かったので、結局、俺が荷台を牽いて、フィーホースは後ろを走ることになった。
 荷台からは、奴隷商や女奴隷たちの絶叫のような悲鳴が聞こえてきたが、無視。
 森を走っている途中で、車輪の軸からヤバそうな音が聞こえてきたので、その辺の木を切り倒し、魔法陣で強化し、軸を交換した。
 工作スキルと魔道具制作スキルがカンストしているおかげで、30分ほどで作業は終わった。
 ベルサには「ナイフ一本でそんなことをすると、ヤバい奴らだと思われるだろ」と言われてしまった。
「気にするなよ。どうせ、もう思われてるんだから」
 そう言うと、ベルサは荷台の中を見た。
 荷台の中では、奴隷商も女奴隷たちも床にへばりついて、神に祈りを捧げていた。
 祈りが聞き届けられるといいな。

 日が沈む前に、フロウラの街に着いた。
 脚がガクガクと震えている奴隷商と商人ギルドに行って、フィーホースの賃貸契約を行った。
 今のところ、特に会社の本部や支部があるわけではないので、商人ギルドを通して払ってもらうことにした。
商人ギルドは銀行のようなこともしてくれるので、非常に便利だ。

 奴隷商の脚があまりにもガクガク震えているので、職員さんには脅しているのではないかと疑われたが、ベルサが丁寧に説明すると納得していた。
 また、月に銀貨5枚は破格だ、と言われた。
 あの奴隷商が、賃貸契約を解除しても、すぐに貸し出し先は見つかるらしい。
奴隷商の店と、俺たちの宿を教え合い、別れた。

宿に帰ると、顔色の悪いメルモが寝ていた。
風邪でも引いたのか、と聞くと、
「あ、社長。あのツナギとかいう服を着てみたら、魔力切れを起こしたんです」
と、頭を押さえながら、弱々しく言う。
 魔糸を使っていたせいで、魔力の伝導率がよく、着ているだけで魔力を消費するのだという。
「おかげで、魔道具制作スキルというのが手に入ったのですが、私はあの服は着られません」
「そうか。ベルサはどうだ?」
 同じツナギを着ているベルサに聞いた。
「私はあまり魔力が減った感じはしないな」

「ただいま」
「ただいま帰りました!」
 ちょうど、アイルとセスが帰ってきた。
 2人とも、新しいツナギを着ている。
「おかえり」
 2人にも、ツナギの着心地や、魔力切れが起きたか聞いてみる。
「私はなんとも」
「魔力切れ?それどころじゃねぇっす」
 2人ともなんともなさそうだ。
「メルモの魔力量が少ないだけかもしれないな。明日から、アイルとセスと一緒に森で狩りをしてくれ。最低でもツナギを着て、なんともないくらいになってもらわないと」
「じゃ、じゃあ、私も魔物を狩るんですか?」
 メルモは驚いていた。
「大丈夫だよ。アイルもいるんだし」
「わ、わかりました!アイルさん、一番魔物の血が飛び散る武器ってなんですかね?」
「そうだなぁ。メイスとかがいいんじゃないか?」
などと会話しながら、社員全員で食堂に向かう。

 机の上には、メルモに頼んでいた肩掛けカバンがあった。
 魔力切れを起こしていたのに仕事はしっかりしていたようだ。
悪いことをしたな。
 しかし、魔力切れを起こすと、顔色が悪くなって頭痛がするのか。
 だとしたら、あの女奴隷は…。

「ナオキ!早く来いよ!」
「社長!肉!肉料理が食べたいです!」
「ああ、今行く」
 アイルとセスに急かされながら、俺は部屋の鍵を閉めた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ