挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/249

54話

「スゴいな!バインバインだな」
 ベルサが試着室から出てきたメルモの胸を見ながら言った。
 新人の女の子はメルモと呼ぶことになった。
 厚着をしていたので、気付かなかったが、メルモの身体がちょっとやばかった。
 背は小さいのに、どこのグラビアアイドルだ、というくらい出るところは出て、引っ込むところは引っ込むというナイスバディだ。
 特に胸がやばい。ボインという次元を超えている。
 ベルサが言ったように、まさに「バインバイン」と言った擬音が聞こえてきそうだ。
 俺としては、その時点で雇ってよかったな、と思っていたわけだが、メルモは裁縫スキルも料理スキルも持ってるという。
 早くもうちの会社にコックが二人も入ってしまった。
「うちに来てくれてありがとう!」
 思わずメルモの手を握ると、ベルサに「社長のセクハラだ」と言われてしまった。
「でも、料理スキルなんて、普通に生きてれば、自然と身につくものじゃないですか?」
 メルモにそう言われて、俺とベルサは言葉に詰まった。
 どうやら、我々3人は普通ではないらしい。

 古着屋で涼しそうな、ふわふわした服を買ったメルモは恥ずかしそうに猫背で歩いた。
 ピッタリした服ではないので、あまり胸は目立たないのだが、メルモにとってはコンプレックスらしく、なるべく紙袋を抱えて胸を隠したりしている。
「何を贅沢なことをしているんだ。世の男どもに魅せつけてやればいいんだ!」
 ベルサはそう言ったが、メルモは目をつぶって、首を横に振った。

 反物屋で、厚手の青い布を買い、宿に帰った。
 女性陣の部屋と、男性陣の部屋とで分けるため、3人部屋と2人部屋を取りなおした。
 荷物を移動させる時に、俺の持っているイヤダニの瓶を見て、メルモが「これなんですか?」と聞いてきた。
「ダニの魔物だ。俺はイヤダニと呼んでる。このダニの嫌がる花を探してるんだけど、もし知ってたら教えて」
「知りません。会社ではこういう魔物を駆除するのですか?」
「そうだね。あとはバグローチとか、マスマスカルとか…」
「あとは、ワイバーンに、スノウフォックス、ゾンビもだな」
 ベルサが、横から口を挟んでくる。
「え?ワイバーンって、亜竜種のですか?」
「そうだ。私も話でしか聞いてないが、鈴を一つ持ってワイバーンの巣に潜っていったそうだ」
「っ…!!??」
 メルモは声も出ないほど驚いて、俺を凝視してきた。
「先に言っとくけど、うちの社長はかなりおかしい。いちいち驚いていると疲れるから、慣れたほうがいいぞ」
「わかりました」
 慣れてくれることを、心から願っている。
「とはいえ、メルモには基本的に裏方やベルサのサポートのほうを担当してもらいたい」
「え!?じゃあ、虫系の魔物の相手をするわけじゃないんですか?」
 メルモが不満気に言う。
「いや、来たいというなら、来てもいいけど。女子は虫とか嫌いなんじゃないのか?」
「私は大丈夫です!」
「そうか…なら、いいんだけどな」
「私、結構気持ち悪いのとか好きで。だから、この会社の募集見て、これだ!と思ったんですけど」
「だったら、私がやってるマスマスカルの解剖とかも大丈夫か?」
 ベルサがメルモに聞く。
「解剖ですか!?いいんですか!」
 メルモの目が輝いている。
「うちの会社としては、これ以上ないくらいの適性だな…」
 ただ、ちょっとアレだな。
「ナオキ!こいつはやる女だ!きっちり教えてやるからな!」
「はい!お願いします!楽しみです!」
 残念な女性従業員が増えたようだ。

 メルモには早速、従業員全員分のツナギを作ってもらう。
 俺がツナギを脱ぎ、ハーパンTシャツ姿になる。
 ツナギを見せながら、型紙を作り、アイテム袋の中の浸けこんでいた魔糸を使って縫ってもらった。魔糸を使うのに、特に理由はなく、やたら余っていたからだ。
 メルモは巻き尺や裁ちバサミなどの裁縫道具を持っていて、作業も早い。
「うちの実家はゴートシップを飼っている牧場だったから、こういうのは小さい頃からやってたんです」
「ふ~ん、なんでまた、このフロウラの町に?」
 作業を手伝いながら、俺が聞く。
 ベルサは採寸されながら、両手を水平に上げたまま、じっとしている。
「なかなか最近、羊毛は売れなくて、実家の牧場も厳しいんですよね。私は次女なんで、姉と弟達に任せて、街に出てみようって思ったんです。街に行けばいろんなものが見れるだろうって。田舎の牧場にはなんにもないですから。それに、あのまま実家にいたら、近くの牧場の青年と結婚させられると思って。ありがちな理由ですよ」
 そんな普通の子が、どうして気持ち悪いものに興味があるのか、社長としては逆に怖いわけだが。
「なんでまた、気持ち悪いものが好きなんだ?」
 ベルサが直球の質問をする。
「昔、ポイズンスパイダーを飼って、噛まれて死にかけたことがあったんですけど、あんな小さい虫の魔物に殺されるなんて思わないじゃないですか?小さいくせにやるな!って思って。それからですね。虫系の魔物を好きになったのは。グロいのが好きなのは、実家で飼っているゴートシップの出産を見続けたせいだと思うんですよね。ブリュンって出ると『やった!』って気になるっていうか。それで、誰かが血を吹き出してるのとか見ると、『やった!』って思っちゃうんですよね」
 病気だ!それは!
 とんだサイコパスを雇ってしまった。
「でも、そういうこと言うと友達が遠くへ行ってしまうんですよね」
「大丈夫だ。ここの会社はおかしな奴らだらけだから、そのくらい受け入れてくれるさ」
 ベルサが先輩っぽいことを言う。
「良かった!」
 良くはねぇけどな!

 喋ってはいてもメルモの手は止まらず、作業は進む。
 仕事ができるならいいか。
 ベルサとマスマスカルの眼球の話で盛り上がれる新人なんか、探したっていなさそうだ。
 ツナギはきっちり、ベルサの分と自分の分を作っていた。
 破けそうなところは生地を二重にしたりと、なかなか芸は細かい。
「でも、社長のはスゴいですね。この縫い目どうやってるんだろう?」
「その辺もいずれ、教えるよ」
 まさか、電動ミシンというものがあってだな、などと今の段階では説明できない。
 説明するとしても、アイルとセスが帰ってきてからだ。
 先延ばしにしていてもしょうがないし、『勇者駆除』の件も近々、話さなくてはいけない。
「ま、もう少し、慣れてからでいいか」
「ん?」
 ベルサが俺のひとりごとに反応した。
「こっちの話だ」
「これはきっと、また超弩級の秘密が明かされるかもしれない。新人、心臓鍛えとけ!」
「はい!」
 すっかり、ベルサとメルモは先輩・後輩の関係性ができている。
 ベルサは家に篭って研究していたから、コミュニケーション能力がないかと思ったが、意外にあることがわかった。
「意外に、ちゃんと面倒見るんだな」
「あ?ああ、ナオキと一緒にいると、自分をよく見せようとか、どう思われるとか考えるのが馬鹿らしくなるからな」
「なんだ、それ関係あんのか?」
「どうせ、わけわかんないことに巻き込まれるんだから、せめて自分の好き勝手に楽しんだほうがいいぞ、新人!」
「はい!わかりました!」
 わかっちゃうのかよ!
「普通、巨大な魔物がいる島に上陸したり、街中のゾンビを殲滅しながら昼寝したりしないだろ!?」
「なんですか!?その話?」
「うちの社長、頭おかしいんだよ。想像の斜め上から攻撃してくるんだ」
 全くもって心外である。

 その後、アイルたちが帰ってくるまで、ベルサは俺への愚痴をメルモに話し続けた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ