挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/249

53話


「10代後半の獣人で……おい!どうした!?」
 造船所に向かっている途中に、侵入者の特徴を言っていた衛兵が、造船所を見て叫んだ。
 見れば、造船所の周囲に人が集まっていて、騒いでいる。
 衛兵たちから「そっちに行ったぞー!」「向こうだ!」などの声が上がり、野次馬から悲鳴にも似た声が上がっている。
 俺たちを案内してくれた衛兵はすぐに造船所へと走りだした。
 俺は探知スキルで、造船所の中を覗くと、青い光が上へ下へと逃げていくのが見えた。
 捕まえたと思った侵入者を逃がしたのだろう。
 衛兵たちもバカじゃないので、出入り口は人の壁で封鎖し、侵入者を造船所から一歩も出さないようにしているようだ。
 仲間から事情を聞いた衛兵は、俺たちに向かって苦笑いをしながら、
「少々お待ち下さい」
と、言った。
 造船所の中を見ると、黒い猫耳の青年が縦横無尽に駆け回り、追いかける衛兵から逃げていくのが見えた。
 服は汚れていて、ズボンの膝は破れ、膝小僧が見えている。
 靴も左の靴底が破れかけている。
「あの青年は苦労してんだなぁ」
と、俺が言うと、
「見えるんですか?」
と、衛兵が聞いてきた。
「見えるだろ?服がボロボロだ。どっか遠くから旅でもしてきたのか?」
俺の言葉に、衛兵は目を見開く。
「手伝おう」
 アイルが人をかき分けて造船所の中に入っていって、猫耳の青年の顔に回し蹴りをお見舞いした。
 あれは以前、俺も食らったことがあるが、ダメージは少ないものの、顔が歪んだ気になる。
 青年は反対側の壁までふっとばされて、倒れた。
「あーあれは精神的にやられるからなぁ」
 衛兵の1人が青年の近くに駆け寄って、俺の隣の衛兵に
「隊長!瀕死です!」
と、叫んだ。
「え?」
 俺とベルサも人をかき分け、造船所の中に入る。
「おいーアイルぅ、やり過ぎるなよー」
 俺が文句を言う。
 侵入者とはいえ、死んだ場合、俺の監督責任を問われそうだ。
「いや、ナオキ以外は本気出さないよ。軽く当てたつもりだったんだけど」
 アイルは後頭部を掻きながら、苦笑い。
 俺の時は本気だったのか!という怒りは後で晴らすとして、とりあえず倒れた青年の下に駆け寄った。

「あっちゃー、ベッコリいってますな」
 ベルサが青年の顔を見て言った。
 猫耳の青年の顔は、アイルのかかと型に頬骨が折れてしまっている。
 俺は青年の口の中に手を突っ込んで、骨の位置をゴリッと治し、回復薬を顔にかけた。
 青年の顔はキレイに治り、息も脈もちゃんとある。
 ひとまず、死ななくてよかった。
「うわぁ、よだれが…ベルサ、ハンカチ貸して」
「やだよ」
などと会話をする俺たちを見て、近くの衛兵たちが引いている。
「なにか?」
「あ、いや。事情聴取をしますが、同席しますか?」
 衛兵の隊長が聞いてきた。
「ああ、そうですね。一応被害者ですもんね。ちなみに、何か被害ってあったんですか?」
「被害というか、船内が荒らされているようですが…」
「いや、そもそも船内は荒れていたんで、なんとも言えないですが。それに、盗まれて困るようなものも…船には置いてないっすねぇ」
 俺はアイテム袋を確認しながら言う。
 船の修理も木材が届くまで、とりあえず、船を固定しているだけの状態だったらしい。
 造船所の工員が朝方、近くを通った時、物音がするから「何かいるのか」と確認したら、猫耳の青年がいたという。
「そもそも壊れていた船が、それ以上壊れたというわけではないなら、侵入されたってだけですかね?」
「そう、なりますね。とりあえず、こいつを起こしましょう」
 衛兵の隊長は青年の身体を揺すって、起こした。
 青年は目を見開き、周囲を見回して、がっくりとうなだれた。

 造船所の作業部屋の一室を借りて、事情聴取をすることになった。
 すでに野次馬は去り、衛兵たちも隊長と、もう一人を残し、街に帰っていった。
 造船所も普段の作業に戻っているようだ。

「名前は?」
「セス」
「年は?」
「19」
「出身地と種族は?」
「アデル湖の猫族の村・キャットパイロット。種族は黒猫族の獣人」
 衛兵の隊長が青年に素性を聞いていく。
「どうして、船に侵入した?」
「お、おれは漁師になりたかったんだ」
「それで、船に侵入したのか?」
「港の漁師たちに雇ってくれるよう頼んだんだけど、『今、水竜が出る時期だから、漁はやらねぇ、田舎に帰れ!』って言われた。だから、大きい船なら雇ってくれるかもしれないと思って、船を探して、この造船所で、あの帆船を見つけた。待ってれば、持ち主がやってくると思って、それで、中で待つことにした」
 青年は訥々と語った。
「なんで、漁師になりたかったんだ?」
 俺が横から質問する。
「親父はアデル湖でも有名な漁師だった。でも、5年前に病気になって、そのまま、死んじまった。俺が継ごうとしたんだけど、すぐには継げなくて、親父の船を貸し出すことになった。俺はおじさんのところで修行して、一年前に一人前になって、船を返してくれと言ったんだけど、返してくれなくて、貸した奴は船と一緒にどこかへ消えちまった。たぶん、嵐の日に漁に出かけて、沈んだんだと思う」
 青年は何度も涙をこらえながら、悔しそうに語った。
「フロウラに来たのは、どうして?」
「船もないし、アデル湖の魚も減ってきてるから。港町に来れば稼げると思って」
「そうか。でも勝手に人の船に乗り込むのはいけないことだ。それから衛兵から逃げるのも良くない」
 衛兵の隊長が諭すように言う。
「すみませんでした。衛兵に捕まると犯罪奴隷にされると思って」
「どうですか?被害もないことですし、不問ということでは」
 衛兵が俺に聞く。
「セスと言ったね?」
「うん」
「操舵のスキルは持ってるか?料理でもいい」
「操舵スキルは持ってる…持ってます。そこまでレベルは高くありませんが、おじさんのところで修行したから。料理は、魚料理くらいなら」
「よし、じゃ、うちで雇おう」
「え!?俺、漁師になれるんですか?」
「いや、船長だな。うちの社員は誰も船を動かせないんだ。船が直ったら、船員を集めて船長をしてくれ」
「せ、船長!!??俺が…!!!」
「稼ぐためにこの街まで来たんだろ?」
「は、はい!よ…よろしくお願いします!」
 セスは立ち上がり、頭を下げた。
 衛兵の2人はあ然として、見ている。


 衛兵たちは釈然としない様子で、帰っていった。
「差し当たって、セスにはレベルを上げて、操舵スキルをカンストさせてもらおう。船が直るのにも時間が掛かるしね。アイル!セスを連れて、冒険者ギルドに行ってきてくれ」
 そう言って俺はアイルに金貨を2枚ほど渡す。
「冒険者ギルドで、冒険者にして、そこら辺の森でレベルを上げさせればいいんだな」
「そういうこと。それだけあれば、装備も揃えられるだろ?腹減ってたら、なんか食わせてやってくれ」
「わかった。よし、行くぞ!」
「は、はい!」
 アイルとセスが走っていった。
「大丈夫かな?」
「大丈夫だろ。ああ見えてアイルは冒険者ギルドの教官だったからな。新人教育に向いてるはずだ」
「ふーん。で、私たちは何するの?」
「営業と、殺鼠剤作りだな。セスにも作らせよう。早くレベルが上がるからな。あとは船員募集だ」
 ひとまず、商人ギルドで船員を募集することにした。

 船員は正社員ではなく、その時その時の契約社員でも構わないだろう。
 不安は船長が若すぎることか。まぁ、操舵の技術が上がれば、人がついていくだろう。
「でも、さすがに航海士は必要かなぁ」
などと、独り言を言いながら、商人ギルドに入って行くと、職員のお姉さんに呼び止められた。
「入社希望者の子が来てますよ。面接をしてください」
「え!?本当ですか?」
 人が入ってくるときってのは、一気にやってくるものだ。

 商人ギルドのお姉さんに案内されて、ギルドの中のカフェに連れて行かれた。
 カフェには、くるりとした角の生えた獣人の女の子が待っていた。
 いかにも田舎からやって来ましたというような、素朴な顔とウールの服を着ていた。
 非常に暑そうだ。汗をダラダラと流している。
 そりゃそうだ。こんな南の街で、ウールの服を着ているのだから。
「あ、メルモッチ・ゼファソンです。よ、よろしくお願いします」
「わかったわかった。雇うから、とりあえず、服を買いに行こう、な!」
「はい、ありがとうございますぅ…」
 軽く意識を飛ばしかけている。
「猫と羊か。どうなることやら」
 ベルサがボソリと呟いた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ