挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~大陸に辿り着いた駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/250

49話



 娼館街。それは男のパラダイス。
 きらびやかな魔石灯の明かりが…………………ない。
 なぜなら、昼間だからだ。
 昼間っから、何やってんだと思う人もいるだろう!
 客引きをしているお嬢さんたちも、眠そうにあくびをしている。
 やる気なんてあるわけない。
「旦那ぁ…!頭が…」
 声をかけられるのは、酔いつぶれたお嬢さんだけだ。
 薬草を食べさせてあげると、「にがぁい!」と言って泣いていた。
 二日酔いは自業自得なので、放っておこう。

 娼館街の端に唯一、看板に明かりが点いていた娼館があった。
 店内はカーテンが閉まっていて、薄暗い明かりで、いい匂いのお香が焚かれているようだ。
 カウンターには誰もいない。
「すんませーん!………」
 返事がない。
 やってないのかな?こんな昼間だしね。
 でも、一応、もう一回。
「すんませーん!!」
 大きな声を出してみた。

 バタバタバタバタ

「ああ、すいやせん。いらっしゃいませ!」
 和服っぽい前で合わせる服を着た番頭さんが奥から、走ってきた。
 番頭さんの手には血が…。
 傷がついているというわけでもなさそうなので、誰か別の人の血だろう。

『こんな状況で、客なんかとれるかぁ!悪いけど、帰っておくれ!』
 奥から、女の声が聞こえる。

「なんかあったんですか?」
「へぇ、ちょっと」
「良かったら、これ使ってください。また、来ます」
 そう言って、俺はアイテム袋から、回復薬を取り出し、番頭さんに渡した。
「ああ、ちょっと待って!」
 出ていこうとする俺を番頭さんが止めた。
「こんな高い物、受け取れませんぜ」
「ああ、いいんです。自分で作ってるんで」
「あ、薬師さんですかい!すみません、人を形で判断しちゃいけやせんね。ちょっと、こっちに来てくれやしませんか?」
 番頭さんはそう言って、俺の手を引いて奥へと連れて行った。

 奥には幾つもの部屋があった。娼婦たちが客を相手にする部屋だろう。
 奥の方の部屋に女たちが集まっている。
 中には泣いている者もいた。

「こんなのあんまりじゃないか!」
「どうするんだい?」
「どうもこうもあるかい!絶対許さないよ!私は!」
「とりあえず、アタシ、通いの僧侶呼んでくる!あっ」
女が振り返ると番頭さんに連れられた俺と鉢合わせ。

「おい!どけ!薬師さんだ」
 番頭さんが女たちをかき分けて、部屋の中に入る。
「客って薬師さんだったのかい?悪いこと言っちまったね。アタシらなんでもするから、この娘、診てやっておくれ」
 1人の女を抱きかかえた女が俺を見て言った。
 抱えられた方の女の顔は刃物か何かでズタズタに引き裂かれていた。
 こりゃひでぇや。
「そのまま、抱えておいてくれ」
 そう言って俺はアイテム袋から、塗り薬の回復薬を取り出した。
 クリーナップをかけ、唇の傷に塗り薬を塗って治し、回復薬を飲ませた。
 女の喉が動いたのを確認する。
 みるみるうちに傷が塞がっていくが、傷痕が赤く残ってしまった。
 端正な顔立ちというよりも、愛嬌のある田舎っぽい顔の娘だった。
「少し切るぞ」
「え?」
「このままじゃ、これから客とれないだろ」
 俺は傷痕にそって、ナイフを入れていく。
 その傷に塗り薬を、塗っていくとキレイに肌が再生した。
「「「わぁ~」」」
 女たちから、驚きの声がする。
「他に傷は?」
 尻や胸にも、引っ掻いたような傷があったようで、抱えた女が確認したが、「傷が消えちまった」と言っていた。
 回復薬で治ったのだろう。


「クソ冒険者さ!」
 切り裂かれた娼婦ことアマンダ嬢のお客について、抱えていたミリア嬢が説明してくれた。
 デモをやっているクソみたいな冒険者が鬱憤をぶつけてきたのだろう、ということだった。
 冒険者達は船で南に行きたいと言っているが、教会がそれを止めているのだとか。
 教会の言うことを聞かず、南に向かった冒険者達は誰も帰ってきてない。
 教会への不信と、恐れで、昼間から酒ばかり飲んで、ほとんどの冒険者が仕事をしていないと、文句を言っていた。
「ここは、街の端で、森にも近い。衛兵はいるけど、ゴブリンの大群が出たら、真っ先にここが襲われるんだ。いや、悪かったね。旅の薬師さんにする話じゃなかった。あ、そういえば、客として来たんだったね。誰でも好きな娘を選んでおくれ。サービスするよ」
「いや、今日は止めとく。落ち着いたら、また来るよ」
 未だアマンダ嬢は眠っているし、なんだか、カッコつけて傷を治してしまったせいで、ここの娼館の娼婦たちには、いい人だったと思われたくなってしまった。
 もちろん、したところで、何が変わるというものではないのだが。
 なんとなく、この場はカッコよく立ち去ったほうがいいと思ったのだ。
「また、今度サービスしてください。それより俺は体の傷は治せても心の傷は治せないから、皆でフォローしてあげてね」
「わかった。それで、傷薬のお代のことなんだけど…」
「まぁ、いいよ。俺が好きで助けただけだから」
 お代ぐらいもらっとけ、と思うかもしれないが、どうしても娼婦たちの前でカッコつけてしまう俺がいた。
 だからと言って、性欲が無くなったわけではない。
「番頭さん、この辺で、誰にも邪魔されない一人になれるって場所ないかな?」
「あ、それなら…」
「それなら、森を抜けた高台にある教会跡がいいよ。道は衛兵に聞けば、すぐわかると思う。良かったらこれ持って行きな」
 ミリア嬢が、その場でパンティを脱いで俺に渡してきた。
「あ、ありがと」
 俺は脱ぎたてのパンティをポケットにねじ込み、手を振った。
「この御恩、忘れるんじゃないよ!」
「「「ありがとうございました~!!」」」
 娼婦たちが手を振ってくれた。

 結局、最後カッコ悪かったんじゃ…。
「まぁ、いいか」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ