挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~海へと繰り出す駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/249

36話


「あ~…美味しいです」
「今年の新茶なんだ」
 ダンジョンマスターが湯のみに急須から緑茶のおかわりを入れてくれた。
 現在、俺とアイル、ベルサの3人はダンジョンマスターの居住空間である井戸の底におじゃましている。
 世界的に有名な配管工によく似た、このダンジョンマスターはマルケスさんと言って、3文字の苗字と名前を持っているわけではなかった。
 自己紹介を終え、丈夫な葉を編んだ敷物がある部屋の一角に、俺達は座っている。
敷物の上にはちゃぶ台があり、日本人としては非常に落ち着く。
 アイルとベルサは、椅子ではないことに少し戸惑っていた。
 そういえば、こっちの世界で床に直に座るのは、奴隷や、薬を作る時の俺くらいか。

「あれがダンジョンコアですか?」
 ベルサが奥の棚に鎮座している、金色に輝く大きな玉を指差した。
「いや、あれは魔物の魔石さ。ダンジョンコアはずっと地下にある。それこそ、僕しか行けないような場所にね」
「あんな大きい魔石…まさか!?」
「地上の巨大な魔物の魔石ですか!?」
 アイルとベルサが驚きの声を上げる。
「そうだよ。ダンジョンを維持するためには、どうしたって大きな魔石が必要なんだ。たくさんの小さな魔石じゃ一気に出力が出せないからね」

 つくづくダンジョンとは、スゴいシステムだ。
 巨大な迷路や広大な森。さらに、下の階層には溶岩地帯や砂漠などもあるらしい。
その中で膨大な数の魔物たちが生活を営んでいる。
その環境をダンジョンマスターのマルケスさんは、たった一人で作り上げているという。
俺が素直に称賛すると
「ガイストテイラーたちのおかげで、だいぶ楽になったけどね」
と、マルケスさんは言った。
 ガイストテイラーとはゴーストテイラーの上位種で、村を作っていた偽エルフたちのことだ。
「どうして、エルフの姿をさせているんですか?」
「森を守るなら、エルフだろ?あとは、個人的な趣味かな」
「このダンジョンで一番強い魔物はどこにいますか?」
「どうだろうなぁ。下の階層に行けば行くほど、魔物の強さは強くなるだろうけど、実際、個体での強さで言うなら、地上の魔物のほうが強いんじゃないかなぁ」
「ダンジョンにはどのくらいの種類の魔物がいるんですか?」
「あんまり数えたことはないなぁ。勝手に進化する奴もいるからねぇ。魔物学者さんなら、数えてみてくれないか?」
「は、はぁ…」
 ベルサとアイルの質問に、笑いながら答えていくマルケスさん。

「どうしてまた、ダンジョンマスターに?」
「ん?んん…」
 俺の質問に、マルケスさんはオデコを掻きながら、苦笑いをした。
 聞いちゃまずかったかな。
「その辺は複雑でね。逆にナオキくんはなぜ害虫駆除なんか?せっかく、違う世界にきたんだから、違うことをすればいいじゃないか?この世界は魔法やレベル、スキルなんかもあって、面白いと思うけど」
 自己紹介の時に、地球と言うところで、害虫駆除の仕事をしていたことや、前の世界には魔法やレベル制などがないことは伝えていた。
 ちなみに、マルケスさんは地球ではないところから来たらしい。
 ただ、聞いた限りでは非常に日本によく似た世界だったようだ。
 キノコの国かな?
 アイルとベルサは俺が異世界から来たことに、驚いていたが、「ない話ではないな」などと納得していた。
「俺の場合は、お金を稼ぐのに、手っ取り早かったってだけですかね」
「そうか、君は別に召喚されて来たというわけではないんだったね」
「ええ、もう記憶が薄れてるんですけど、前の世界で一度死んで、この世界の神が拾ってくれたんです。神がどんな顔をしていたか、どんな声だったか、覚えてないです。神の加護とか使命とかも、言われた覚えはないですね。レベルは職業柄上がりやすいですけど…」
「なるほど、羨ましいな」
 マルケスさんはどこか寂しそうに笑った。
「羨ましいっすか?」
「僕は魔王を倒すために、呼びだされたからね。魔王がいなくなれば、特に必要とされなくなるだろ」
 呼びだされた上に、魔王がいなくなったんで、もう必要ありません、と言われれば、ふざけるな!と言いたくもなる。
「その点、君は好き勝手に生きられる。何かを期待されたのなら、神だって何かスキルや才能を与えただろうしね。君は完璧に自由だ。目標も夢も、人生の行く末も、この世界での役割も、自分で決められる。この世界で何か目的は見つけたかい?」
「まだ、特には。世界を回って、ゆっくり決めようかとは、思ってます」
「うん、それがいい」
 その後、ベルサとアイルがマルケスさんに質問をしているうちに、お茶がなくなった。

「良かったら、ダンジョンを案内しようか?」
「いいんですか?」
「「「お願いします」」」
 マルケスさんは、「久しぶりの客人だ」などと言って、お茶を片付けた。

 俺達がダンジョンに来るまでは、ほとんどレベル上げのための冒険者か、勧誘に来る魔族くらいしか、来なかったらしい。
 「対話が成り立つような奴らはいなかった」と言っていた。
 それも、外に巨大な魔物が現れるようになってからは、まったく誰も来なくなったという。

「こっちだ」
 そう言って、マルケスさんは部屋にある窓を開けた。
 地下なのに、なぜ窓があるのか不思議だったが、通路だったようだ。

 窓をくぐると、そこは砂漠だった。
 森と同じように、天井から太陽光のような光が注ぐ場所で、地面は一面砂。
 あとは、何も見当たらない。
「ここの魔物がこのダンジョンでは一番強いかな?良かったら、少し戦っていくかい?」
「え!いいんですか?」
 アイルは興奮したように聞いた。
「ああ、ただ、死んでも知らないけど」
 アイルはかなりウズウズしている様子だ。
 特に、俺もベルサも強い魔物と戦う気はないのだが。
「んじゃ、1人で行けば?あとで回収しに来るから」
「そ、それでもいいか?」
 俺の提案にアイルは乗っかった。
 アイルもレベルが上って、人外っぽくなってるから、勝てない敵が現れたら、自分で逃げ切ることができるだろう。
「でも、その格好だと、魔物と戦う前に、干からびて死ぬんじゃないか?」
 アイルは相変わらず、ビキニアーマーだ。
 仕方がないので、俺のツナギを貸してやることにした。
アイテム袋から水袋も渡しておいた。

「じゃ、あとで!」
 そう言うと、アイルは砂漠を駆けて行った。

「元気だなぁ。さ、こっちだ」
 アイルを見送ると、マルケスさんは、立っていた地面の砂を払って、貯蔵庫の蓋のような地面の板を持ち上げた。
 そこには階段が。
 降りていくと、饐えたような匂いがした。
 カビ臭いというか、独特の匂いだ。
 砂漠とは一転して、ひんやりと肌寒く、暗くジメジメとしている。
 Tシャツとハーフパンツ姿の俺は、アイルにツナギを貸すんじゃなかったと、早くも後悔した。

「氷河のようなところに行くわけじゃないんですよね?」
 鳥肌を立てながら、俺が聞く。
「ああ、その格好でも大丈夫。でも、少し暗いか」
 マルケスさんは、手の平から魔法で火の玉を出し、浮かばせた。
「僕は、あんまり魔法は得意じゃないんだけど、これだけは得意なんだ」
 そう言ってマルケスさんは階段を降りていった。

 階段を降り切ると、暗い洞窟のような場所で、足元を見るとキノコが栽培されていた。
 マルケスさんが、近くの松明に火を灯すと、一気に壁際に設置された無数の松明に火が灯り、部屋を明るくする。
 部屋の大きさは、かなり広く、野球場ほどあるだろうか。
 そこに一面、キノコが栽培されている。
 そして、探知スキルで見ると、魔物がうじゃうじゃいる。
 足の間を、マスマスカルの小さいのが通って行った。

「ここが、このダンジョンの秘密の場所だ」
 マルケスさんは自慢気に言った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ