挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~海へと繰り出す駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/249

33話

 筋弛緩作用のある毒は、ダンジョンの魔物にはあまり効かないようだ。
 出血毒も効果はいまいち。
 出血毒ならぬ出魔毒と呼ばれる魔力を垂れ流しにさせる毒は、強制的に魔力切れを起こさせ、効果は抜群だった。
 散布しているうちに、アイルとベルサが毒を吸ってはいけないので、完全防備のマスクは渡してある。
 基本的には魔法陣で結界を作り、大気を閉じ込めてから散布しているので、漏れ出ることはないだろう、と思っている。
 一通り、カミーラの薬学の本に載っていた毒は試せた。
 やはり自分の目で見ることによって直接感じることもあるし、ダンジョンだからこそ、という結果が得られたと思う。
 実際にやってみるもんだ。
最後に、ダンジョンの地面を少し掘り、人工の池を作って、中に毒を少しだけ入れる。
 離れた場所から、じっと様子を窺っていると、水を飲みに来た灰色のワイルドベアの亜種が、一口目で倒れた。
 現段階で最も強力な毒である。
 青紫色の花の茎を煎じて、水分を蒸発させて粉状にする毒で、使い勝手が非常によろしい。

「これ以上の毒は、顕微鏡でもないと探せないだろうか」
と、俺が一人でうんうん唸っていると、

「狂気を感じたな」
「うん、恐ろしい男だったんだな。ナオキは」

 アイルとベルサがマスクを外しながら近づいてきた。

「やぁ、手当たり次第にいろいろ使ってみたけど、いろいろとわかってきたことがある」
「わかってきたこと?」

 ベルサが首を傾げて聞いてきた。
 アイルはワイルドベア亜種を解体し始めている。
 身体が消えず、ドロップアイテムも出さなかったからだ。
 この灰色ワイルドベアは何を食べたかは知らないが、実体があるようだ。

「ダンジョン産の魔物は、外の魔物よりも魔力が多い。それから、身体の形状を保つためにも結構魔力が必要みたいなんだ。ただ、このワイルドベアみたいに実体を持つようになると、話は別で、毒の効き目はとてもいい!」
「これはグレズリーね」
 ベルサは俺の話に頷きながらも訂正してきた。
「へ?」
「この魔物はワイルドベアじゃなくて、グレズリー。遥か北国に住む魔物よ。どうしてこんなところにいるのかは知らないけどね」
 灰色ワイルドベアはグレズリーというワイルドベアとは違う種らしい。
 ジャングルの中で北国に住む魔物に遭遇するとは。
 これもダンジョンだから、ということだろう。

「うへ~虫がひどい!」

 解体しているアイルがグレズリーの毛からぴょんぴょん飛び出してくる虫を振り払って、潰している。
 俺はアイルにちょっと待つよう言って、飛び出してくる虫をできるだけ捕まえた。
 米粒サイズだが、ダンジョン産のダニの魔物だ。
 ベルサに聞くと、「こんな魔物に名前なんかついてないよ」とのこと。
 出来れば、飼って殺虫剤を作りたい旨を伝えると、
「はぁ?ナオキって変わってるね!師匠みたい」
 ベルサは驚きつつも、小さい魔物を飼う姿に、師匠であるリッサという魔物学者を思い出したらしい。
 リッサは昆虫や小さな魔物を中心に研究しているのだという。

 ダニは生物なのでアイテム袋には入れられないため、ポンプに使っていた容器を洗い、中に出来るだけ入れていった。
 二人は完全に変人を見ている目で見ていたが、ダニを駆除できる殺虫剤が見つかれば、売れるはずだ。
 感染症対策にもなるしね。
 しかも形状も状態も視認出来るほど、大きいサイズだ。思わぬ収穫である。
 二人にはあまり伝わらなかったが。


 ダニの入った容器を密閉し、腰に下げ、グレズリーにクリーナップをかける。
 アイルが解体し、魔石と肉、毛皮をアイテム袋に入れ、余った骨は消し炭に、血は毒の池に流した。
 ショブスリが天井に張り付いて、こちらを窺っていた。
 池の血が目当てか。
 後で、経験値だけいただこう。

 奥に進むと、階段がある。
 探知スキルを使い、目指してきたので当たり前なのだが、下の階層は探知スキルでも見通せなかった。

 階段を降りていく際、何か薄い膜を通るような違和感があった。
 岩の壁を照らすと、模様のような魔法陣が壁、天井、床を一周するように描かれている。
 丹念に調べたが、毒や転移の魔法陣ではなく、アイテム袋のような亜空間系の魔法陣であることがわかった。

「亜空間か」
「「亜空間?」」
「酸素と重力くらいはあるだろ?」
「「???」」
 二人の疑問を無視して進む。
 魔法陣を越えると、探知スキルで下の階層に魔物がいることが見えていた。
 魔物がいるくらいだから、人間も大丈夫だろう。
 階段の下はかなり明るい空間のようだ。
 光が階段に当たっている。

 階段の先には、赤く、または黄色く色づいた木々がまるで絨毯のように広がっていた。
 天井は青く澄み渡る空が描かれているのか、本当に空があるのかわからないが、とにかく空色の青が眩しかった。
 天井へと続く階段だけが雰囲気から浮いている。そんな空間が広がっていた。
 ベルサもアイルも呆けたように、階段を下りている。
 地面に降り立つと、散った枯れ葉がサクサクと音を立てた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ