挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~海へと繰り出す駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/250

28話

「テルのことは俺に任せてくれ!」

 造船所の親方・ボロックが船に乗り込む俺に言う。造船所にあった古くて 小さな船を譲り受けた俺は、一気に魔改造。
 領主が俺とベルサ、アイルを指名手配にするというので、だいぶ急いだ。 テルはすでに俺とは関係ないので、指名手配にされることはないらしいが、少し心配だった。それも新しい旦那が守ってくれるようなので、安心だ。

「結婚式に出られなくて悪いね。テル」
「ええ、大丈夫です。それよりもお気をつけて」

 テルは俺が作った通信袋を握りしめて言った。準備ができれば、即出港。準備と言っても、荷物を船の中に入れるだけだ。譲り受けた船はヨットほどの大きさで、古いことや汚れていること以外は特に問題はないように見えた。

「結局、アイルと別れなくなったな」
「別れるつもりだったのか? たとえ闘技会で優勝して船に乗ることになっても、私はナオキをねじ込む気でいたんだがな。まぁ、これからもよろしく頼む」

 アイルはそう言って、俺の肩を叩いた。
 出港の際、テルとボロックはもとより、造船所の従業員たちや、街の人達が手を振ってくれた。
「旅は一期一会です! 出会いを大切に!」
 テルが笑って、手を振った。


 船は一路東へ向けて旅立つ。風は追い風。カモメに似た魔物が旅立つ俺たちと一緒に飛んだ。
 しばらく進むと、船の底に穴が開き水が入ってきた。壁板を剥がして塞ぐ。領主の船が追ってくるかもしれないので、水流を生み出す魔法陣を船の後部に描き、スピードを上げる。
 船を修復しながら、船を進ませ、寝床の確保などの雑務も三人でこなしていく。台所の掃除と、IH魔法陣の設置。トイレの床は底が抜けていたので、扉で床を作る。外から丸見えだが、今は仕方がない。正直、手が何本あっても足りないと思った。昼飯はテルに持たせてくれたサンドイッチだった。

ドンッ!

と、急に船が何かに当たり、乗り上げた。

「おいおい早くも座礁か!?」
 アイルが叫ぶ。
 俺は急いで、強化魔法陣で船を強化していく。
 幸い、乗り上げたのは海の魔物、クラーケンだったので、光魔法の魔法陣と、アイルの剣撃で仕留めた。墨やイカゲソなんかも採取できたが、肉はあまり美味しくなかった。
 船の被害はほぼなし。
 次に襲ってきたのは風だった。
 帆を張っていたのだが、一瞬にして破けて、舵が利かなくなった。
 直すのも手間なので、そのまま魔法陣に魔力を流し、水流だけで進むことに。風が落ち着いた頃には、周囲に島影はなくなった。三六〇度、水平線。 地図を見たが、自分たちがどこにいるのかわからない。
 羅針盤を頼りに、東へと向かう。
 しばらく行けば、島が見えてくるはずである。ただ、その島までたどり着くのに、大量のクラゲの魔物・エチッゼンが襲ってきた。中が割れた丸い窓の枠を外し、風魔法の魔法陣を窓枠に描き込んでいく。
 ロープをつけて海に窓枠を投げると、窓枠が海面に浮かぶ。ゆっくり旋回するように船を動かすと、面白いように水中のエチッゼンが窓枠に吸い込まれ、空中に舞い上がる。舞い上がったところを、アイルがバシュバシュ切っていく。
 再生能力は乏しいようで、エチッゼンは海の藻屑に消えていった。しばらく、エチッゼンを狩っていると、東の水平線に島影が見えた。島に近づくに連れ、エチッゼンの個体がやけに大きくなっていった。
 窓枠に詰まってしまったので、窓枠を回収。
 魔法陣を描き足し、再び、海に流した。
 窓枠から竜巻のような風が舞い上がり、エチッゼンは、面白いように空の彼方へと飛んでいった。
 島までの道ができたので、急いで船を進ませる。

 這々の体で島まで辿り着いた。
島はまさに密林といった様子で、奇怪な魔物の鳴き声や、地震のような魔物の足音などが聞こえてきた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ