挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
駆除人 作者:花黒子

~旅する駆除業者~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/250

19話

 翌朝、空が白み始めた頃、テルに起こされた。
 目を開けるとテルの顔面が耳元にあったので、ちょっとしたホラーかと思った。
 普通にしてれば、美人のおばさんなのだが、近いと怖い。
「おはようございます。ナオキ様」
「お、おはよう。テル」
 のそのそと起き上がり、寝ぐせを手で梳かしながら立ち上がる。
 テルは俺の股間をガン見している。
 朝だからなぁ、と思いながら慌ててツナギを着て、トイレに走る。

 眠そうにあくびをしているアイルを連れて、町の外に出て街道を南へ向かう。
 早朝にもかかわらず、商人の荷馬車が何台も通っていた。
 危ないので、街道の脇の草叢を通る。
 同じ方向に行く商人が「乗っけてってやるから魔物が出たら相手してくれないか」と提案してきた。
 渡りに船と思って、乗っけてってもらうことにした。
 何匹か魔物が出たが、全てアイルが倒していた。
 俺は、探知スキルで来る方向を指差すだけだ。
「うちのご主人様は働かないんですね」
 テルが荷台で寝ている俺に言う。
「テル。それは違う。ナオキは私に経験値を譲ってくれてるんだ」
 アイルが魔物を倒して、荷台に乗り込みながら言う。
「そうなんですか?」
 テルが聞く。
「いや、めんどくさいだけだよ」
 あくびをしながら言った。
「ほらぁ、怠けてるだけなんですよ」
「いいさ。ナオキが魔物の相手をすると、出てくる前に倒してしまうからな」
 混乱の鈴はアイルにバレていたようだ。
「そうなんですか?」
「今は出来ないよ。フィーホースが馬車を牽いてるからね」
 フィーホースというのは馬のような魔物で、人間と相性がよく、広く飼われている。
 混乱の鈴は、鈴の音を聞いた魔物を混乱させるものなので、ここで鳴らすとフィーホースまで混乱してしまう。

 馬車の荷台は暇だ。
 景色は森と草原が交互にくるだけで、ほとんど変わらない。
 若干、坂を上ってるかな、というくらいだ。
 荷台には小麦の袋が大量に積まれ、冒険者用なのか防具もひとまとめにされ、置いてあった。
 することもないので、筆記用具でも作ることにした。
 魔物を討伐しに行く、アイルについていき、小枝を何本か拾って帰ってくる。
 魔物は商人から見えなければ、息の根を止めたあとアイテム袋に入れている。
 あとで、食料にするつもりだ。
 小枝を削り、ペン先を作る。
 すぐに出来たが、やはり金属のほうが書きやすそうだ。
 とりあえず、ペン軸も作る。
 魔石の粉を水に溶かした魔石水をインクにして、適当な魔法陣を描くと、これまでより細かく小さい魔法陣を描くことが出来た。
 これで、小さいものにも魔法陣を描くことが出来るようになった。
ペン先が弱いので、ゆっくり描くしかないが、金属のペン先があればもっと早く描けるようになるだろう。

 こうなってくると木の板や、魔物の皮でなく、紙が欲しくなってくる。
 本はあるのだから、紙も作られているはずだ。
「紙の生産地ってどこかわかるか?」
 アイルに聞いてみた。
「そんなこと私がわかるわけ無いだろ」
「そうか」
「紙は海の向こうの国から輸入していると聞いたことがあるよ」
 御者をしている商人のおじさんが教えてくれた。
 やはり海の向こうに行く必要があるな。

 昼食休憩をしていると、馬車がどんどん集まってきた。
皆、昼休憩のようだ。
商人たちはそこでも情報の交換をしようと、昼食を持ち寄り、草原で会合のようなものが開かれている。
俺たちは、それに参加せず、テルが料理を作り、アイルが倒した魔物を解体しに森に入っていった。
俺も地面にIHの魔法陣を描いて、テルに説明した後、アイルの解体を手伝いに行った。
森から戻ってくると、フィールドボアの肉料理とフォラビットのスープが出来上がっていた。
商人たちにとってその料理は豪勢だったらしく、羨ましがられた。
塩味だったが、どれも美味しかった。
「美味しい」
「ありがとうございます」
 テルは素直に喜んでいた。
「もっと、香辛料とかがあれば、バリエーションも増える?」
と、聞くと
「香辛料ですか?あまり高いものは使ったことがありませんが、味見をすれば出来ると思います」
と、テルは答えた。
 胡椒や香辛料も欲しくなってきた。
 生活を充実させていくと、欲が出てくるものだ。
食事が終わり、片付けをしている最中に、俺が鍋や食器をクリーナップで綺麗にし、骨を魔法陣で一瞬にして消炭に変えたのを見て、「うちの馬車に乗らないか」と勧誘してくる商人たちがいたが、めんどくさいので全て断った。
荷台に乗り込むと、馬車の御者をしている商人が話しかけてきた。
「この先の山道でワイバーンが出たそうで、皆警戒しているんだ。あんたらワイバーンと戦えるか?」
「ああ、問題ない」
 アイルが答える。
「そうか、なら良かった」
 ワイバーンは飛ぶトカゲの魔物で、腕が羽になっている。
 亜竜種という種族で、冒険者がBランクに上がる時に討伐する魔物だと、アイルが教えてくれた。

「ワイバーンとの一騎打ちなど久しぶりだ」
 アイルは滾っていた。
 俺は自分とテルの杖に、ペンで魔法陣を描き、使いやすいようにしていた。
「ナオキ様、何か私にできることはありませんか?」
 テルが聞いてきた。
 荷台はやることがなく、外の景色も1時間も見れば飽きてしまう。
 花と獣脂、灰を取り出して、石鹸を作ってもらうことにした。
 やり方は一度自分がやってみせ、教えた。
「やってみます!」
 テルはやる気だった。
「気分が悪くなったりしたら、途中で止めていいからな。大事なのは頑張り過ぎないこと」
「わかりました」
 テルは作業に移っていた。
 日が傾いてきた頃、ラスクにハチミツをかけておやつにした。
 御者の商人に分けてあげると、びっくりするくらい喜んでいた。
 おやつを食べて、数十分が過ぎた頃、急に前方に魔物が出た。
 探知スキルで警戒していたので、来たことはすぐにわかったのだが、魔物のスピードが思った以上に速かった。
 それもそのはず魔物は空からやってきた。
「ワイバーンだ!」
 アイルの声が響く。
 前方の馬車が止まった。
「アイル、1匹じゃないぞ!」
 ワイバーンは群れでやってきた。
 計8匹。
 馬車を守るように空中に防御魔法陣を描く。
 すでにアイルは前方に向かって走りだしている。
 俺も荷台を飛び降り、杖で地面に魔法陣を描いていく。
 魔法陣から飛び出した光の槍が空中を飛んでいく。
 その光の槍がワイバーンの群れを襲い、羽を貫いていった。
 落下した3匹のワイバーンの首をアイルが斬り落としていく。
 羽を貫かれなかったワイバーンは飛んで逃げていってしまった。
 商人たちの馬車に被害はなく、けが人もなし。

「「「「おおおおおおおっ!!!!!」」」」
 見守っていた商人たちから歓声が上がる。
 アイルは拍手喝采を受けていた。
 アイルに近づいていくと、渋い顔をしている。
「解体しようにも、このナイフじゃワイバーンの肉は切れない。良い肉と皮なんだけどな」
 アイルは早くも解体のことを考えていた。
「ちょっと貸して」
 アイルからナイフを受け取り、柄と刃の部分に魔法陣を描いていく。
 強化と切れ味を上げてみた。
「ちょっと魔力を通して切ってみて。魔力が足りなくなったら、魔力回復薬あるから」
 そう言ってナイフをアイルに渡す。
 アイルがワイバーンの死体に近づき、爬虫類の鱗にナイフを立てると、パンでも切るようにナイフが刺さった。
「これなら行ける!」
「解体するのはいいけど、持っていくのが大変だぞ。ここでアイテム袋は使えないからな」
 俺は商人たちを指さしながら言った。
「大丈夫だ。きっと皆、ワイバーンの肉のために協力してくれるよ」
 そう言うと、アイルは商人たちに向かって
「今日はワイバーンの肉が夕食に並ぶぞ!悪いけど馬車の荷台のスペースを空けてくれぇえ!」
と、叫んだ。
「当たり前だ!」
「すげー今日は祭りか!」
「うちの馬車は、防具と塩だけだから、いくらでも空けるぜ!」
 商人たちが口々に答える。
 アイルはにっと笑うと、ワイバーンを街道の真ん中で解体していった。
 ワイバーンの流れ出る血と内臓は、俺が魔法陣で蒸発させていった。
 皮は固く、いい武器や防具の素材になるらしく、商人たちが剥いだそばから競り始めた。
 アイルも俺もどうせアイテム袋が使えないと持ちきれないので、商人たちに任せて金だけ貰うことにした。
 肉には布をかけ、保存の魔法陣を描いてやると、「あんた、天才か!」と商人に言われた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ