挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

冷たい涙

作者:和紀河忍
風は重く、大地を削り取ってゆくような砂塵を巻き上げながら、轟々と吹き荒れる。
廃墟と化した街。燃え尽きた緑。
凍てついた大地・・・。
生命いのちを感じるものは、何もない。
「戦」と「核」。
人々を恐怖に追い込んだ。
人は同じ過ちを幾度も幾度も繰り返し、ついには滅びぬ。
此処は誰もいない、何もない、あるのは唯、「無」のみ。

モノクロームの風は吹きすさび、心を凍りつかせ、真実は全て虚実となる。
全てが塵となって消えた、あの瞬間。
唯、人類の愚かさを映すだけ。

何も聞きたくはない、何も見たくはない、何も云いたくはない。
口を閉ざす。
眼を閉じる。

このまま、石のように蹲って、誰かが来るのを待とうか?
このまま、泉路を下り、あの世へ行こうか? 
だが、この冥い泉路(みち)の先で待っているのは?
取り返しのつかぬ過ちを犯した
今のわたしたちを待っているのは、
奈落のみ・・・。

この世へ転生しようにも、もう、
(こころ)が戻るべき、場所(ところ)はない。
魂が触れ合い、安らげる場所は、もう、無い。何も無い。
死の惑星・・・。

生命いのちあるものは一切、地球だいちへ踏み入ることはできない。
できなくなってしまった。
否、何百年、何千年、経ったとき、また大地に緑の息吹(いのち)が宿るかもしれぬ。

そして、わたしたちはまた、祈りを抱いて、地球(だいち)へ戻って行くのだ。
いつか、生命(いのち)の炎が
再び熱く燃え立つとき、
今一度、わたしたちはこの天空(おおぞら)を抱き締める。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ