挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

誰か 解決方法 求む!! (略して誰決)

作者:かまぼこ先生
「好きです!付き合って下さい!!」
うん!実に可愛い!このまま抱きしめてやりたいほど可愛い!
しかし
「あぁ...ごめん...俺...」
俺が何をした。
たったコンマ数秒で彼女の目から涙が溢れ出し、うずくまってしまった。
俺は勇気を振り絞った勇者に背を向け歩き出した。
「はぁ...またやってしまった...」
くそ!まただよ。wherukamutwu鬱time!!
「また振った。また振った。また振った。また振った。また振った。また振った。また振った。」
どうしてくれんだよ、僕までうずくまっちゃったじゃないか!!
「ブブッ!!!」
スマホが鳴く。
「なんだよ...」
今にも涙が吹き出しそうな顔を容赦なく照らす画面に目をやると、
「ひーちゃん泣いてるの?(´・ω・`)」
あぁ
「ひーちゃんあの女はどうしたの?( ˘・ω・ ˘ )」
あぁ
「また泣き目でうずくまりながら既読スルーしてんの?( `皿´)キーッ!!」
あぁ
「ねぇ」
あぁ
「ねぇったら」
「聴こえてるけど聴こえない方が幸せだと判断したから聴こえてないことにしてるだから邪魔すんな」
今日はついてないな。彼女作りに失敗するは、その元凶と遭遇するわで、まぁ、週に1度はこういうこともあるよね!気にしない!気にしない!
...
「ねぇ、ひーちゃん、もう帰ろう?」
「あぁ、帰るか...」
俺はいつまでこの無限ループを回り続けなければならないのだろうか。
誰か...助けて...ください。

最後まで見て頂き誠にありがとうございました!
初投稿作品です!
こちらは完全オリジナル作品となっています。
Twitterや別サイトに転載する場合は一言コメントよろしくお願いしますm(_ _)m

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ