挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔ガールズラブ要素〕〔残酷描写〕 が含まれています。

乙女二乗

作者:桜庭かなめ
『乙女二乗』


 いらない。
 いらない。
 男はいらない。

 人はみな変態で、性欲に溢れてる。
 いつも、誰かがあたしを舐めるようにして見ているの。性別関係なく、誰かが人生のオカズにしている。
 気付かない間に。

 でも、あたしは女の子しか見ない。
 見ない。
 綺麗で可愛いから。
 あんな娘のどこがいいの、ってたまに言われる。
 でも、分からなくていいよ。あたしにとって可愛いと思えれば、それでいい。


 男なんて汚い欲の塊。
 金、酒、権力、女。たまに、男。
 自分の欲を満たすためなら、他人のことなんて関係ない。傷付くことが快感の輩もいるのよ。男の中には。
 昔、あたしはとある男のオカズになってしまった。
 魔法で体を縛られて。ゲスなモノを突っ込まれて。女は奴隷のようにせいぜい男の欲を満たすためにいればいいと。そんなこと言って、あたしをぐちゃくちゃにした。
 体も、心も、痛かった。死にたくなるくらいに。
 それが人生唯一の汚点。
 あの瞬間、全ての男を恨みました。
 そして、すぐ後にそいつを殺しました。見せしめのために殺しました。それを見た男達の怯える顔はとても美味しかった。あたしを賛美する女の子の声が更に美味しくさせてくれた。オカズにしてやったよ。さまあみな。
 でも、消えないの。あの時に感じた痛み。
 どうしてくれるんですか。殺しちゃったよ、あんたのこと。


 それからちょっと経って、とても可愛い女の子と出会った。
 金髪が綺麗で、顔がとても可愛い女の子。
 声も仕草も表情も。全てが可愛い女の子。
 この子と生涯を共にしたいと思った。恋をして、愛していて。あの時の痛みをこの子が癒やしてくれると思ったから。

「好きです。あたしとずっといてくれますか」
「……もちろんです。あなたのことが好きですから」

 彼女と気持ちが重なっていて、付き合えると思った瞬間、あの時の痛みがようやく癒えたような気がした。殺しても消えなかった痛みがようやく。彼女との口づけはとても優しくて温かかった。
 ああ、やっと幸せを掴み始めたんだ。
 それが分かって幸せになれたの。


 この世界では女の子同士で子供が作れる。
 男同士じゃできないけどね。
 愛情と性欲をいっぱいに触れ合って、相手の女の子の下のお口から出る液体を飲めば、それで終わり。一定の確率で子供ができる。
 でも、そうやってできた子供は全て女の子。
 そう、女の子だけで命を繋げられるの。

「ねえ、舐めてもいい? もう出てきているでしょ?」
「……うん。でも、その後にはあなたの方も舐めさせて。もう、こんなに出てる」
「分かったよ。あたしのも舐めてね」

 あたしも、彼女と2人の女の子を作りました。


 今もなお、女の子が増え続けている。
 あぁ、何て幸せなんだろう。
 男がどんどん減っている。何て素晴らしいことだろう。
 女の子が生まれて。
 女の子が成長して。
 女の子に恋をして。
 女の子と結婚して。
 女の子と子供を作って。
 それがこの世界の摂理になっていくの。
 そして、この世界が女の子だけの世界になるの。ああ、何て美しい。


 いらない。
 いらない。
 男はいらない。
 用無しです、男なんて。
 そんなことない? なら、どうして男は減っているの? どうして、女性中心の世界になってきているの? その程度の存在になったのよ、男達が。
 あたしも男達と一緒だって?
 冗談じゃない。欲もあるけど、あたしには愛がある。そこがあなた達とは決定的に違うところ。それ以上言うと、あの男のように殺すよ。
 せいぜい、男はこの世界の片隅でひっそりと暮らせばいい。寂しく、虚しく。それが嫌ならこの世界から追い出してやるよ。

 それがあたしの……女の逆襲です。
 恨むならご自分に。ご自由に。


 あたしは愛おしい彼女と、彼女と作った家族と一緒に楽しく勝ち逃げするよ。



『乙女二乗』 おわり

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ