挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
落花蕭蕭(らっかしょうしょう) 作者:咲花圭良
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/1

(一)

    春暁     孟浩然
   春眠不覚暁   春眠暁を覚えず
   処処聞啼鳥   処処啼鳥を聞く
   夜来風風声   夜来風雨の声
   花落知多少   花落つること知る多少

   春の眠りは明け方がわからなくなるほど寝入ってしまうものだ。
   外ではあちらこちらから鳥の囀りが聞こえている。
   昨夜はずっと雨風の声が聞こえていた。
   いったいどれほどの花が散ってしまっただろう。

(一)

 春の訪れが感じられるような陽気だった。
 新幹線こだまを降り、在来線のホームへ至ると、ホームへは初春の暖かい日差しが差し込んでいた。
 ホームからは、高層ビルなどもない、どこかのどかで古い町並がうかがえた。
 かなは、ホームに立ち、電車が来るはずの方角をじっと見つめた。電車はこの駅が始発で、到着までまだ時間があるらしい。
 ここから、南へと下る。
 荷物いっぱいの重いトランクを持ち直した。ベンチへ腰かけようかとも考え、背後に目をやろうとした。その途端に、ホームにアナウンスが流れる。間もなく到着するとのことで、かなはそのまま待つことにした。
 電車で南に下ること約35分、到着駅では迎えが待っているはずだ。迎えの男は東京で一度会っている。今年大学を卒業する青年で、堀川圭吾という。
 今からかなが会いに行く、堀川成美の兄だった。
 いや正しくは、義理の、兄だ。
 東京で会ったその姿を思い浮かべていると、在来線の電車が視界に入って来た。電車はゆっくりとホームへ入り、停車した。昼日中のせいか乗客は少なく、まばらだった。その少ない乗客が降りきると、かなは乗り込み、床にトランクを置いて、座席の中央に腰を下ろした。
 いい天気だ。
 心は戦場に行くようなのに、裏腹、天気はあまりにも穏やかで、優しかった。
 かなが会いに行く堀川成美は、少女だった。
 いや、年齢的にはもう成人しているのだから、少女というのは正しくはないかもしれない。しかし彼女は16の時に心を閉ざし、時を止めている。おそらくまだ少女といって差し支えはあるまい。
 心の中に、ある、「事件」を抱えている。
 抱えたまま、閉ざしている。
 そこに、かなの知りたい「秘密」があった。
 心は、開くだろうか。
 記憶は、開くだろうか。
 この長い「旅」は徒労に終わるかもしれない。
 かなは「あの人」を救えないかもしれない。
 無念のままに逝ったのだと、かなは信じている。だから、その無念を救うために、かなは行くのだ、
 彼女は目を閉じた。
「あの人」を思えば、閉じた目に、また、涙がにじむ。
 彼は、決して、自ら命を断ったのではないのだ。決してーー。

(執筆中)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ