挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

単発短編リンク

ツナガリ

作者:オロチ丸W0632A
 
「3・2・1・スイッチ、ON!」

 西暦が廃止されて、久しい世界。人類は、新たな世界を作ろうとしていた。
 簡単に言うと、今私達がいるのとは違う宇宙を、作ろうとしていたのだ。
 詳しい仕組みは、私には分からない。ただ、その試みは、たった今、実行されたのだ。

 さて、申し遅れたが、私はアダム。新たな宇宙を作る為の装置を操作する、重すぎる責任を負った者の一人だ。
 つまり、10人同時に押して解除する起動スイッチを、押す一人なのだ。

 いや、だったと言うべきか。既に、システムは起動してしまった。
 そして、新たな宇宙に私はいる。そうだ、新宇宙の創造は、成功したのだ!

 私は、コレまでのことを刻んだ石版を、カプセルに入れて、新宇宙に解き放った。
 やがて、この世界で生まれるであろう、未知なる生物が、読める筈もないだろうが。私は、きっと解読してくれることだろうと思う。

 

 あれから、一年経った。かかる費用に見合うだけの利益が出ず、その上危険なことが判明した為、新宇宙との行き来は出来なくなってしまった。
 なのに、どうして、ここに“こんなもの”があるのだろうか。
 “コレ”は、新宇宙を漂っている筈なのに。

 

 私が新宇宙で解き放った石版入りのカプセルが、現宇宙(私達がいる宇宙の事だ)で発見されたことは、大きな波紋を呼んだ。
 私は、マスコミに追われ続けている。

 

 新宇宙が、現宇宙に繋がっているなど、誰も考えやしなかった。
 今思えば、新宇宙との行き来がとても危険であったことに感謝するしかない。
 もし安易に行けたのならば、私達は滅んでいたことだろう。

 

 しかし、私達がいる世界に繋がっている世界は、新宇宙だけではないのだ。
 世の中に溢れている様々な作品。それらと出会って、何かが変わったのならば、その作品の世界は、私達と繋がっている。

 

 私はアダム、世界の始まりの男と同じ名だ。しかし、新宇宙(イヴ)はないようだ。
 この手記を読んでいる存在(アダム)よ。その隣に、良作(イヴ)があることを願う。
 そして、この世界に繋がる世界(モノガタリ)に、出会い続けて欲しい。
 総執筆時間は、一時間前後だと思います。
 しかし、構想?自体はずっと前から有ったものです。
空想科学祭

空想科学祭参加作品

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ