挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

聖夜の王子様

作者:椎名 瑞夏
エンジェル・イリュージョン。
それは、あたしの住んでる町で、年に一日だけ行われる大々的なイルミネーションのこと。
クリスマスイブの、たった一日一時間だけ、それは輝く。
その名に相応しく、神秘的で美しいイルミネーションだ。
残念ながら彼氏のいないあたしは、隣の家に住んでる幼馴染、もとい腐れ縁、もとい一応好きな人。
である大地と毎年見に行ってる。



去年は、大地のクラスメイトの女の子に会った。
皆、ピンクに黄色にオレンジに。
愛らしいパーティードレスをこれ見よがしに着ていて、惨めな気分になったっけ?
「へぇ。馬子にも衣装だな」
そんな大地の軽口も、彼女達の黄色い、笑い混じりの怒り方のせいで、三割増くらい甘く聞こえてくる。
「だって、こんな服今日着なきゃいつ着るって言うの?」
ぼんやりしていたせいで、会話が飛んでいた。
きゃぴきゃぴと、悪気無く言ったその子の言葉で、一瞬だけ全ての音がフェードアウトする。
「・・・あ、でも寒いし動きにくいし、普通の服でも良かったかなー・・・なんて」
一番端っこにいた、ボヴヘアの優しそうな女の子がそう言った。
曇りのない笑顔と、黒い髪によく映えるリボンが、すごく眩しかった。
あたし、そんな悲壮な顔してた?
三つも年下の子にフォローされるなんて馬鹿みたい。
やだ。
笑っちゃう。
「えへへ。そんなことないよー」
伏せた目で、そう言うのが精一杯だったなんて。
輝くその子の笑顔に消されないようにするのが、精一杯だったなんて。


今日も、寒い。
冷たい風が吹くたびに、制服越しに冷気が伝わってくるみたい。
手袋の間からも寒さが入り込んでくるし・・・。
「そろそろ、イルミネーションあるよねー」
他意無く呟いたあたしに、横を歩く幼馴染はにやりとした。
「どーせ、暇なんだろ?付き合ってあげてもいいぜ」
「な・・・!失礼ね!何で決め付けるのよ!」
「涼子にそんな艶っぽい相手がいるわけねーもn」
自信たっぷりに言って、彼はあたしを見上げた。
まあ、見上げたって言ってもほんの2,3センチの差だけどね。
成長期真っ盛りの大地は、ぐんぐん背を伸ばしてきてる。
追い抜かれるのも、こりゃ時間の問題だわ。
「ったく」
「本当のことじゃん。好きなやつすらいないだろ」
「いるわよ、それくらい」
つんっと、口を尖らせると大地はひょいと肩をすくめた。
真っ黒い髪が、肩の上で揺れている。
「あー、はいはい」
あからさまに信じていない態度を見せ、大地は馬鹿にしたように鼻で笑った。
な、生意気・・・!
「本当だって!」
怒鳴りながらいーっと、歯茎を突き出すと、同情的な目で見られた。
「人間、図星を指されるとムキになるって、言うよな・・・」
はあ、っと大地は腹が立つくらい盛大にため息をつく。
「あ、あんたってやつは・・・」
「大丈夫、恋だけが人生じゃないさ。な?」
うぐぐぐぐ。
むかつく~っ!!!
な?
じゃないわよ!
「まあ、その・・・」
大地が、うってかわってしおらしく呟いた。
ん?
「べ、別にお前のためとかじゃなくてな。その、相手は誰でもいいって言うか・・・」
ちょっとそっぽを向きながら、なにやら大地がいいわけじみたことをぼそぼそ言い出した。
「なによ?言いたいことがあるならはっきり言いなさいよ。らしくない」
ほら、と促すように言ってやると、大地は上目遣いにこっちを見て。
可愛いなー、なんて思っていると、半ばヤケクソ気味に言った。
「今年も、一緒に行ってやってもいいぞ・・・」
「・・・」
「おい、涼子?」
「・・・っ」
何こいつ。
何こいつっ!
「り、涼子?」
・・・・・・可愛すぎるっっっ!!!
いや、もう、何あれ。
反則でしょ!
上目遣いに、顔真っ赤とか!
もうっ。
ツンデレ最っ高!
「おーい・・・」
いつのまにか着いていた我が家に早足であたしは近付いていく。
ドアを開けた瞬間、大地が
「行こうぜ」
と言った。
だから、あたしもドアを閉める前ににっこり笑ってやる。
「どーせ暇人なんで、行ってあげますよ~」


雪をイメージした、真っ白いニットのワンピースは、大好きなお店の一点もので、去年死ぬ思いでお金を貯めて買った服だ。
レース顔負けに繊細な造りをしていて、もう有り得ないくらい可愛いの!
頭は緩く巻いてワンピースとお揃いで買ったニット帽。
靴はお気に入りのブーツ。
少しヒールが高いのが難点で、気を抜くと足を挫くんだけどね。
「おおっ、なかなかいいんじゃないの?」
鏡の前で自画自賛。
モデルのことは置いておいて、服だけならばっちりだと思う。
コンセプトはずばり雪!
「涼子ーっ!そろそろ時間じゃないの?」
階下から聞こえてきたお母さんの声に時計を確認すると、待ち合わせの時間まであと少しだった。
あわわ。
やばい!
おしゃれしてても、遅刻したら台無しだよね!
それでは咲野涼子、いざ出陣!


「お待たせ~、待った?」
小さく声をかけて、時計台にもたれるようにして立っている大地に駆け寄った。
「かなり」
「嘘ばっかり。まだ五分前だから」
皮肉っぽく笑った大地に軽くパンチして、横に並ぶ。
「・・・・・・」
並ぶと、大地があたしをちらりと横目で見て、それから顔ごとこっちに向けた。
口をぱくぱくさせてあたしを見る。
お?
脈あり?
なんて思ったあたしが馬鹿だった。
数秒間あたしを上から下まで見た後、大地は顔をしかめて言ったのだ。
「雪だるま」
だるまは余計だっつーの。
「失礼ね!なによ、その感想!」
「見たまんまだろーが。だるまめ」
「はあぁっ!?」
え、ちょっと待ってよ。
なんで雪が抜けてんの。
ていうか、何でいきなり不機嫌なのよ!!!
「意味分かんない!少しは褒めるとかしたらどうなのよ!」
「ばーかばーか!年増め!」
と、年増って三つ違いでしょ!
大体あたしはまだ高校生よ!
「あー、もういい。ほら、さっさと行こうぜ」
「もういいって、あんたが始めたんじゃないの・・・」
なげやり口調な大地に呆れの視線を送り、あたし達は微妙なムードで歩き出した。


「ねー、なんで機嫌悪いのよー」
「別に?悪くねぇし」
そっぽ向いて言われても、説得力無いから。
さっきから、大地はずーっとあたしを見ようとせず、露骨に顔を背けたまんま。
全く、なにが気に入らないんだか知んないけど、こんなことになるなら普通の服着てくればよかったよ。
なんて、らしくないマイナス思考に頭を乗っ取られながら、あたしは大地に置いていかれない様に早足で歩く。
仕方ないので、道端に並んだクリスマスらしくは無い露店に目をやっていると『りんご飴』の五文字が目に入った。
「りんご飴じゃーん!ね、ね、大地ちょっと買ってきていい?」
「え?ああ、いいけど」
しゃあねぇなあ、みたいな顔であたしを見る。
ポケットから財布を引っ張り出したとこを見ると、奢ってくれるらしい。
機嫌、ちょっと良くなったみたい。
「おじさん、りんご飴二つちょうだい」
「二つも食うのかよ。太るぞ」
「違うわよ、大地の分。食べるでしょ?」
大地の言葉に猛然と抗議。
心遣いを勘違いされちゃあ困るわ。
「はいよ、二つだね」
気の良さそうなおじさんが、にこにこしながら箱に刺さった飴を手に取る。
うわ、美味しそ~。
てかてと輝く真っ赤なりんご飴に目を奪われていると、大地がくすくす笑った。
「なによ」
「いや、チビの時と全く変わんねぇのな、お前」
「いいじゃない。美味しそうなんだもん!」
そう怒りながらも、内心あたしも笑ってしまう。
良かった、いつもどおりだ。
そんなことを思っていると、おじさんもにっこりしながらりんご飴を渡してくれた。
「仲のいい姉弟さんだね。はい、三百円だよ」
ぴしり。
その一言に、大地もあたしも一瞬固まった。
・・・いや、分かってる。
分かってるの。
おじさんに悪気がないことなんて。
でも、でもさぁ。
「おじさん、あたし達姉弟じゃなくて・・・」
「お姉ちゃん、お金よろしく」
弁解を始めたあたしの横で、大地がすっごく冷えた声で言った。
いつのまにか財布はまたポケットにしまわれている。
「は?あたしが?」
驚いて大地を見れば、すっごくいい笑顔。
ていうか、まるで小学生みたいに歯を見せて笑っている。
・・・わざと?
「当たり前でしょ。弟に払わせるつもり?」
「弟ってあんた・・・」
あたしの言葉を無視して、大地はすたすた歩き出してしまう。
「あ、ちょっと待ちなさいよー」
慌てて三百円と引き換えにりんご飴を受け取った。
「?また来てね~」
ごめん、おじさん。
あなたの笑顔も今はちょっと憎いです。


「大地、待ってってば!もう、何そんなに怒ってんのよ。今日ほんと機嫌悪いね」
やっと追いついた大地に、肩で息をしながらもあたしは言う。
こんなに歩くの早かったっけ?
あたしの声に大地は振り返り、こっちをじっと見た。
「・・・」
「言ってくれなきゃ分かんないから。なにが気に入らないのよ。拗ねちゃって」
「・・・」
「だから、黙るの止めてよ!」
ちょっと大きい声に、周りの人があたし達を見た気がした。
でも、もうそんなの知らない。
大地が悪いんだもん!
「・・・って・・・が・・・く・・だろ」
あたしをじっと見たまま、大地がぼそぼそ呟いた。
小さすぎて、断片的にしか聞こえない。
「・・・もっと、おっきい声で言ってよ。聞こえないから」
なんとなく罰が悪くなってきて、あたしも声のトーンを下げた。
「だって、お前がそんな靴履くから悪いんだろ!」
「は?」
意味がイマイチ分からない。
ぽかんとするあたしを睨みつけながら、大地は続ける。
「なんだよ!急に色気づきやがって。去年まで普通のかっこだったくせに、いきなり・・・」
「だ、大地?」
「そんな靴履くなっつの!余計に身長差出来るだろ!どーせ俺はまだチビのガキだよ、弟だよ!」
「えと、あの・・・」
ちょっと待って。
え?
それじゃあ大地が機嫌悪かったのって・・・。
「・・・靴と服のせい?」
簡潔に話をまとめると、大地が我に返ったように真っ赤になった。
わめいたのが恥ずかしかったのか、もう本当に真っ赤になっちゃって。
かーわいいっ。
「あーもーっ!だから言いたくなかったんだよ。こんなこと・・・。俺ばっかみてぇ」
「まあまあ、そんな落ち込まないで。ほら」
はあーっと、大きくため息をつく大地にさっきのりんご飴を渡す。
「早く行かないと、いい場所取られちゃうよ?」
「誰のせいだと思って・・・」
諦めたように苦笑を浮かべて、あたしからりんご飴を取ろうとした大地がふと手を止めた。
そして、にやぁっといつもの生意気笑顔になる。
「そーだな。急がないとな」
「?なによ」
「お前歩くの遅いんだよ」
にまにまと笑いながら、そんなことを言ってきた。
「だから・・・」
「え、ええっ!?」
りんご飴の代わりに、大地はあたしの手を握った。
そのまま、早足でずんずん歩いていく。
もちろん振り払えるはずも無く、行き場の無くなったりんご飴がくてん、と力をなくした。
「全く、もう・・・」
「なにか言った?お姉さま」
「べつにぃ~」
イルミネーションは夜にあるもので良かった。
赤くなったこの顔、隠せるんだもん。
あーあ。
ったく、分かっててやってるんでしょうかね。
このツンデレ王子は。


     ~Happy Christmas~
無料レンタル掲示板MRBBSサンタ(作者)からの心温まるギフトをあなたへ

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ