挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ロストストーリー ~この物語の無い世界で~ 作者:猫村銀杏
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/12

0.物語のある世界

0.物語のある世界

 僕の意識の中で誰かの声が聞こえる。

「あなたは、この世界に満足している?」
「どうだろう……。いきなりそんなこと問われてもはっきりとは答えにくいな」
「そう」
 声は無機質に答える。
「じゃあ、この世界を変えてみたくない?」
「さっきと同じような質問だけど、そんな抽象的な質問は答えづらいよ」
 端的に答えた後、声が返事をしないので、僕は少しだけ考え直す。
「世界に100%満足はしていないよ。満足している部分もあるし不満な部分もある。世界を変えられるものなら変えてみたいという願望も少しはあるよ」
「そう」
 相変わらず声の主は、まるでニュースのナレーターのように抑揚のない喋り方をする。
「じゃあ、なんで世界を変えようとしないの?」
「その質問に答えるのは簡単。もし世界を変えたからってそれでよくなるとは限らないからだよ。よかれと思ってやったことでも結果は悪い方向にいってしまったなんていうのはよくある話でしょう」
「そうなの」
「じゃあ、あなたは物語を作りたいとは思わないの?」
「それは思うよ。物語を作れたら楽しいだろうなあって」
 物語に触れたことのある人間なら誰でも一度は持つ欲求だろう。つまり、それはほとんどの人間が一度は夢見る話でもある。でも、それは頭の片隅に引っかかる程度の些細なものであったから、この質問にはっきりと答えられたのは自分でも少し不思議だった。
「そう、じゃあ私についてきて」
 その言葉を合図に僕の体から意識だけが飛び抜ける。その質問の主が僕を引っ張っていくように……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ