挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界にて魔術家庭教師に再就職しました。 作者:時雨

異世界転移編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/26

異世界にて目覚めました。

体が痛い――しかもなんだか寒い――
昨日もしや部屋の窓を閉め忘れていただろうか。そろそろ冬も近づいて来るこの季節。部屋の換気をしている最中に布団の上で寝落ちなんかしようものなら次の日は間違いなく風邪ひきコースだ。
にしても布団固くないか?しかもなんか眩しいし。それになんだか騒がしい。


「ったくなんだよ朝っぱらからよー…」


重い体をゆっくりと起こし目を開けるとそこには―――

石畳の美しい街が広がっていた。


「――なにこれ…」






はじめまして皆さん。俺の名前は天草輝夜。ニートやってます。
気がついたらよくわからないところの石橋の上でパジャマで寝てました。
これからは心を入れ替えて異世界で仕事探していきたいです!


「ってなるかぁああああああああ!!!」


急に大きな声を出したせいで周りの通行人に驚かれ、ガラの悪い獣人(牛?)に思いっきりにらまれる。

「ひぃ!ま、ま、まじすぅいませぇん…」

男は「チッ」と舌打ちをして人ごみに紛れて行った。
辺りにはカエルのような顔をしたローブ姿の男(?)や背中に大きな剣を背負った大男なんかが当たり前のように歩いている。
どこを見ても俺の知っているスーツや制服のような服装をしている人物はいない。
むしろほかの通行人から俺が変な目で見られる始末だ。
正直言って一秒でも早くここから家に帰りたいんだが…。


「ほんとどうしたらいいって言うんだ…てかなんで俺がこんな目に…。」


着ているパジャマ以外は全く何も持っていないまさに着の身着のままでこんなことになった時点でもうバッドエンドの香りしかしない。
寝るときに枕元で充電してあったであろうスマートフォンなんかも俺が寝てる周囲にはなかったということはもしこれが本当に異世界転移なら俺本人以外は全部むこうに置いてきたことになるんだろうか。
そう考えると惜しい。惜しすぎる!!
というか普通はもっとこう…あるはずだと思うんだ。
可愛らしい女神様や長いヒゲを生やしたじいさんが神々しく出てきて「あなたは勇者に選ばれました」的なことを言われて強い剣やら魔法の才能をもらえるものじゃなかろうか。
そう考えると不安と同時にこの扱いのひどさに怒りが沸いてきた。

「なんでパジャマなの!?せめてジャージにしてくれよ!あと靴もな!」
「はぁ…ほんとどうしてこんなことになってんだか…」


とぶつくさ言いながらも路地裏に退避する。
長らく引きこもっていたこの身に日光とあの目線は辛すぎた。
路地の奥に誰もいないことを確認して日陰に入る。
人目につかないところで腰を下ろすとなんだかどっと疲れが沸いてきた。


「はぁ…ほんとにこれからどうしよう」


上を見上げると腹立たしいほどに雲一つない青い空が広がっていた。
ブックマーク・評価もよろしく!ヽ(´▽`)/
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ