挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ミアと禁断の創薬レポート 作者:山本 風碧
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/25

5 世界で一番大事なものの名

「薬科なら、出来て当然よね。わたしにだって出来るかも」

 授業が終わり、生徒が次々に退出していく。ミアがかばんに教材を突っ込んでいると、すれ違いざまにそんな声が聞こえた。ミアは顔を上げる。癖のない見事な金髪に緑瞳。先ほどの法科の彼女だった。可憐な外見に似合わず、結構わかりやすく自尊心が高いお嬢様だったようだ。
 関わり合いたくない人種だな……そう思う一方で、今のはちょっと聞き捨てならないと思った。そういう甘い知識で怪我人・病人を扱うと痛い目を見るのだ。
 フェリックスの過呼吸であれ、甘く見て判断を間違うと酸欠に陥って死に至らしめてしまう。簡単そうに見えても、経験が大きくものを言うものなのだ。
 追いかけて一言言ってやろうかと悩んでいると、

「変なのに目をつけられたね」

 という声が聞こえた。
 先程の医科の男の子だ。ミアは結局こちらを追いかけることにした。どさくさすぎてお礼も謝罪も中途半端だったからだ。不平を言うより、謝罪と謝礼を言う方が絶対に建設的だ。

「あの、ペンありがとう。返すの遅くなってごめんなさい」

 男の子はミアを振り向くと謝礼も謝罪も届かなかったかのように言った。

「そのかばん、まだ持ち歩いてるの。絶望的に合わないよね、この制服と」

 彼は自分のブレザーを見下ろし、その後ミアをじっと若葉色の瞳で見つめた。
 確かにおんぼろかばんはおしゃれで前衛的な制服には似合わないかもしれない――初めて思いあたったミアは、思わず赤くなる。

(ああ、センス無いって思われた! その通りだけど!)

 心のなかで泣きながら、後ろ手にかばんを隠して反論する。

「も、持っていたら落ち着くの。それに、これのおかげで応急処置ができたんだから。役に立ってるでしょう?」
「まあ、無駄ではないだろうけど――どこで覚えた? 随分手馴れていた」

 どうやらあの出来事を見ていたらしい。だが、新入生の中でもあれがミアだったと気づいた人間はほとんどいない。手当をした人とすれ違った事もあるけれど、何も言われなかったから、気づかれなかったのだろうと思っていた。普段のぼんやりした自分とあれが別人である自覚もあったから、そんなものだとも思っていた。病人を見ると、体の何処かにあるスイッチが入るのだ。

「施療院で手伝いをしていたから」

 理由を言うと、男の子は物珍しそうに片眉を上げた。

「その歳で?」
「貧しい村だから、みんな出稼ぎに行って人手が足りなかったのよ」

 それもまた真実。人手不足という幸運がなければ、ミアはあの場所に置いてもらえなかった。もう一つ理由はあったけれど、初対面に近い人間に話すようなことではないと警戒心を働かせたミアは口をつぐんだ。

「ふうん。なるほどねえ。――僕は、ヘンリック=ヴィーガント。見ての通り医科だよ」

 青色のタイを指して彼は言う。

「わたしは、ミア=バウマン。薬科よ。これからよろしく」
「科が違うから殆ど会わないと思うけど」

 ヘンリックはそっけなく言うと、ついてくるなといった様子でひらひらと手を振った。苦笑いしつつも、ペンを貸してくれたり――それからこれはミアの思い上がりかもしれないけれど――さり気なく助け舟を出してくれたり。きっといい人だとミアは思った。歯に衣着せないのは師匠で慣れているし、さっぱりしていて嫌いじゃない。足取りも軽く、ミアは彼の後ろをついていく。


 ◇


 講義が終われば、中央の校舎の生徒は、そこから十字にのびるそれぞれの科の校舎へと移動していく。日当たりの抜群に良い南東へのびる校舎が法科。南西は魔術科。北東が医科で残る北西が薬科だった。利便性の問題で、共通の講義は、講堂を取り囲むように建てられた、この中央校舎で行われるのだ。

 人が少なくなった廊下には銅像が並べられていた。確か、歴代の学長か理事長かの銅像だと聞いたが、どちらだとしてもあまり興味はない。マティアスの興味はその陰から見え隠れしている金の頭、そしてその持ち主だった。彼――フェリックス=カイザーリングは、その癖のある金色の髪に明かり採りの窓から差し込む陽光を跳ね返しながら、じっと北の校舎の方向を見つめていた。自分がどれだけ目立つ存在なのか全く理解していないのは昔から。隠れるのも昔から下手糞で、かくれんぼなどさせたら一番に見つかっていた。だが、昔は可愛いと言われていても、今もそうだと単なる不審者だ。マティアスはうんざりとため息を吐く。

(隠れるなら穴を掘ってでも徹底的に隠れる、擬態するなら徹底的に擬態する! 中途半端が一番駄目なんだがな……)

 廊下に張り出された掲示物に気を取られるふりをして見守っていると、フェリックスが呟いた。

「ミア=バウマン、ミアか」

 世界で一番大事ものの名を言うかのよう。聞いた方は胸焼けがするような甘い声だとマティアスは思った。

「それからヘンリック=ヴィーガント。覚えた」

 一変して聞こえるのは低く重たい声。まるで呪いの言葉だ。
 フェリックスが声をかけるかどうかためらっている間に、颯爽と先を越したヘンリック。授業でのさりげない助け舟といい、どういうつもりなのかは分からないが、なかなかに手強いとマティアスは思う。
 ぎりぎりと歯ぎしりするフェリックスが物陰から一歩踏み出す。それを見計らって、マティアスも歩き出した。
 廊下にはもう人気はない。さきほど予鈴が鳴っていたから次の授業が始まるまであと一分といったところだろう。急ぐふりをしてマティアスはフェリックスの隣に並ぶ。そして追い抜きながら小さく声をかけた。

「ヘンリック=ヴィーガントって確か主席合格者ですよ」

 フェリックスの眉間にあからさまに皺が寄る。彼は決して勉強が出来ないわけではないけれど……幼い頃から自分の興味のあることにしか集中力を発揮しないせいで、成績にもすさまじいむらがあった。入学試験も満点と0点の平均点でぎりぎり入学できたという極端さだった。
 彼は自分のことを愚かだと思っているけれど、実のところは逆だろう。凡人のマティアスからすれば、努力をまったくしないでおいてふざけるなと思う。

「いいところ全部持ってかれてますけどー? 馬鹿かあんた。彼女、めちゃくちゃ引いてたじゃねえか」
「引いていた? なんで――これに書いてある通りに完璧にやったのに!?」

 フェリックスが教科書と一緒に持っていた本を見開く。背表紙を見ると『人気者になろう!』と物悲しいタイトルが書いてある。どこで手に入れたのだろう。表紙の装丁は妙に古い。親指を立てた誇らしげな少年の絵が描かれていて、一昔前のものに見える。

「…………あのなあ」

 半眼になったマティアスは彼の手の危険物をそっと取り上げる。珍しく努力をする気になったらしいけれど、方向が確実に間違っている。

「こんなのに頼ってたら逆に浮くだろーが。っていうか、あの不自然なくらいに爽やかで明るいキャラを保つのは、あんたも負担だろうが。後先考えろ」
「……俺は、単に彼女と仲良くなりたいだけなんだ」

 ぼそぼそとフェリックスはつぶやく。子犬がしょげているように見える。

「なら、周りをもっと見て行動するんだな。困ってただろう」

 彼の親から、彼がきちんと卒業できるようにと送り込まれたが、問題は既に山積みで、更に増えそうな予感がぷんぷんした。
 ただでさえフェリックスは持病持ち。昔からあの発作は心臓に悪い。子供の頃は途方に暮れたし、何も出来ない自分を呪いたくなった。だから、少女――ミア=バウマンが見せた奇跡のような処置には、確かに感動したのだけれど――
 マティアスは懸念を口にする。あの教室に漂っていた反吐が出そうな悪意が気になってしょうがない。

「あんたのせいで、あの子、嫌がらせに遭うかもしれない。最低限その責任はとってやってやれよ」

 分別がついていない子供が狭く堅苦しい学院に閉じ込められれば、鬱屈した想いはどうしても弱者に向いてしまうのだ。持つ者が持たざる者から搾取するのが常な世界だ。マティアスの目にはミアが攻撃対象になる可能性がとても大きく見えた。それは、フェリックスの本意ではないだろう。

「わかってる」

 頷くと、彼は小走りになってマティアスを追い抜き返す。次は専門科目で別々の授業だから、分かれ道で彼は南東へ。マティアスは南西へと進むのだ。
 張り切るフェリックスに釘を刺す。

「わかってるって言うが、『陰ながら』だってわかってるか? じゃないと逆効果だ。今のあんたは『フェリックス=カイザーリング』なんだからな。その意味はわかるよな?」

 今のフェリックスは単なる中流貴族。高いところからの権力の流れの中流にいるのだ。つまり上流貴族は言うことを聞かないということだった。――言葉が届いたかどうかはわからないが、フェリックスは一旦びくりと体をこわばらせる。そして再び走り去りながら小さくうなずいたように見えた。
 素直なのは彼のいいところ。だが――

「素直すぎるのはどうかと思うんだがな。なんてもかんでもまっすぐに受け止めすぎるから、負わなくてもいい重荷を背負ってしまう」

 誰のせいでもない事故で、どうして彼があれほど苦しむ必要があるのだろうか。
 部屋に閉じこもって一人、苦しんでいた彼を思い出す。
 一年経ち、発作は鳴りを潜めている。だが、この間のように何かの拍子に顔を出すのだ。明るい笑顔の下で、今も不発弾のように彼の身体を蝕んでいると思うと胸に鋭い痛みが走る。

「あれがあんたのせいと言うのなら、魔術師から逃げた俺のほうがよっぽど罪が重い」

 だからマティアスは文句を言いつつもフェリックスのそばにいる。彼が再びあのように折れてしまうのが怖いのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ