挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ミアと禁断の創薬レポート 作者:山本 風碧
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/25

25 今年得た、一番の成果

 事件の後処理が密やかに行われる中、アインツ先生は、夏の訪れとともに学院を去った。表向きは軍部への出向だったが、本来の所属に戻ったということだろうか。
 後任の助教はまだやってきていない。さすがに今度こそ中立の教師を入れなければならないとのことで、選考に時間がかかっているのだ。
 空になった準備室の前を通るたびに、親身になってくれていた彼女のことを思い出す。凛とした佇まい。眼鏡越しの紫色の優しい瞳。そして数々の甘味。それらが蘇ると、夏だというのに心の中に隙間風が吹くような気分だった。
 あの優しさが、ミアたちに近づいて情報を得るためだったと思うとやりきれなかったのだ。
 彼女は最後まで謝らなかったし、これからも謝らないだろう。多数を守るためには、犠牲は仕方ない――それが彼女の正義だからだ。

(じゃあ、わたしの正義は逆を行こう)

 全ての人を救いたいなどと傲慢なことは言えないけれど、せめて近くで助けを求めている人に手を差し伸べ続けるのだ。母だけではなく。

(国が《悪魔の爪》を切り捨てるのなら、彼らは、わたしが救ってみせる)

 いつか、きっと――とミアは拳を握りしめた。


 ◇


 季節は完全に夏に突入し、太陽が一番長く顔を出す、夏至祭当日がやってきた。
 講堂には全校生徒がひしめいているが、魔術科の空調係が風を起こしているおかげで、比較的しのぎやすかった。
 教授達がはっきりと誤解を解いてくれたけれど、ミアたちの周囲には、未だにわずかな隙間ができている。だけど今日が終わればひとまず夏休みだ。人の噂も七十五日というし、きっとそのうち収束していくだろうとミアは気楽に考えている。
 ――というよりは、それよりも遥かに気になることがあっただけなのだが。
 今からコンペの結果が発表されるのだ。それに先立って、先ほど一年間の成績発表も行われたのだが、ヘンリックはすべて《優》の成績で、見事学年一位を勝ち取り、ミアはそれに及びはしなかったものの、薬科でのトップの座を守った。そして、フェリックスとマティアスは計画書の単位以外はすべて《可》か《不可》という残念な結果だったが……幸運にもなんとか留年は免れた。それもこれも計画書の出来が唯一の《優》と良かったからで、もしミアとヘンリックと組んでいなかったら、落第していた可能性は高かった。

「できないふりしてるのかと思ってたんだけどな。僕は国民として恥ずかしい」
「俺も、保護者として情けない」
「マティアス、おまえが言うな」

 辛辣な言葉の応酬にミアが苦笑いをしていると、ざわ、と周囲がざわめいた。どうやら待ちに待ったコンペの結果発表らしい。
 どくり、どくりと急激に胸が騒ぎ出す。血が急に沸騰し始める。体全体が心臓になったような気がした。ミアはめまいを感じて、目をぎゅっと閉じた。

(大丈夫、《優》をもらったんだもの――大丈夫!)

 どこかで歓声が上がっている。だが、隣にいる面々は先程の和気藹々とした雰囲気の欠片もなく黙り込んでいた。
 嫌な予感に薄目を開ける。そして張り出された紙を見て、ミアは呆然とする。そこにはミアたちの名前は無く、上級生の名前がずらりと並んでいたのだ。
 何度瞬きをしても、名前は変わらない。ミアは頬をつねる。夢ならば覚めて欲しい、そう願ったが、いくらつねっても頬は痛みを訴えた。

「……うそ、でしょ」

 壇上には理事長が立っていた。コンペの最高責任者である彼は、口ひげをなで、えっへんと偉そうな咳払いをすると、生徒の注意をひいた。

「えー、このたびのコンペは優秀作品が多く、まれに見る接戦だったのですが、最終的にはこのようになりました」

 そして理事長はにこやかに紙に書かれた名前を読み上げる。入賞者の名前が全部読み上げられるころには、ミアは立っていられなくなり、その場にしゃがみ込んでいた。

(……だめだった。駄目だった!! お母さん――)

「ミア」

 三人が各々におろおろとした声を出した。ミアをどう慰めようかと考えているのがわかって、泣きそうになる。

(みんなも、ごめん。こんなに付きあわせちゃったのに、結果出せなかった……)

 だが、理事長は「最後に」とひときわ大きな声で、ざわめきを断ち切った。ミアが驚いて顔を上げると、理事長と目が合う。理事長は珍しく顔から笑みを消している。無表情だと、全く印象が違い、別人にも見えた。

「ミア=バウマン、フェリックス=カイザーリング、ヘンリック=ヴィーガント、マティアス=ヴァイスの四人は壇上に上がりなさい」

 厳しい声で言われて、火が着いた花火のようにミアは飛び上がる。そして三人に促されて壇上へと上がった。
(何? いったいなんなの? もしかしてこの間のサナトリウム侵入の件で叱られるとか!?)
 そのくらいしか呼び出しの心当たりがない。小さくなるミアの前で、理事長は突如笑った。いたずらが成功した子供のような笑顔だった。

「彼らが提出した、《悪魔の爪》の感染性についての考察。彼らはまだ一年で、内容が拙いため、賞は与えられなかった……だが、誰も挑もうとしなかった独創性の高いテーマと、厳しい指導にも決して諦めなかったという情熱を買って……ここにいる教授陣、及び理事が後援することになった! 皆も見習って、彼らくらい熱心に勉強してほしいものだな! 一同、拍手!」

 どよめきが講堂内に走る。そして直後、ぱら、ぱらと拍手が始まったかと思うと、大雨でも降っているかのような破裂音が講堂全体を包み込んだ。ミアは震えが止まらず、思わず隣にいたフェリックスの手を掴んだ。
 リューガー教授が笑顔で賞状を持ってくる。

「代表で一人、前に出なさい」

 フェリックスを見る。ヘンリックを見る。そしてマティアスを見る。皆それぞれにミアに行けと目で訴える。

「で、でも――私でいいの?」
「ミアしかいないだろ」

 ヘンリックに背中を押され、ミアが前に一歩出ると教授は賞状を手渡した。そこには『王立学院特別賞』と書かれている。

「君は、いい仲間を持った。それこそが、君が今年得た、一番の成果だ」

 リューガー教授は顔を紅潮させていた。

「創薬にはたくさんのプロセスがある。全部を薬科だけではできないんだ。薬を作ったら、動物実験を経て、人を対象とした臨床試験がある。その際にはたくさんの法的手続きが必要だし、なにより、この薬は魔力と大きな関連がある薬だ。薬科、医科、法科、魔術科、すべてが揃ったチームでの研究だよ! とんでもないものが生まれそうで、私は興奮しているんだ。――学院は、軍部の圧力に決して負けない。だからやれるだけやりなさい」

 リューガー教授が強い意志をともした目でミアを見つめている。

「ともに戦おう、小さな同士よ」

 乗り越えるのが大変だった壁も、乗り越えてしまえば、高いところに登るための足場になっていた。教授が、さらなる高みを目指すための土台を固めてくれている。

(なんて力強い味方なの――)

 ミアは差し出された手を、力強く握り返す。

 表彰が終わると、夏至祭のパーティが始まった。進級をおのおの祝い合い、卒業生は旅立ちを祝う宴となる。
 暑苦しい上着を脱ぎ捨てて、ミアたちは夏の気配の蔓延する前庭に飛び出した。カラッとした熱風が頬をなで、ミアたちは眩しさに目を細める。
 生徒に囲まれて教授陣も楽しげだ。一際大きな輪の中央にいるのはリューガー教授。壁だと称された彼も、役職名を背負うのをやめると雰囲気がガラリと変わる。多少顔は怖いけれど、気さくな一人の紳士になっていた。

「先生のおかげで、やりたいことが見えてきました」

 彼を囲んだ生徒の一人が頭を下げている。

「厳しくて辛かったけれど、やって良かったです。卒業しても頑張ります。ありがとうございました」
「頑張れよ。努力は君の財産だ」

 そんなやり取りを見て、ミアは胸に温かいものが広がっていくのを感じた。ぽつり、ヘンリックが呟く。

「僕さ、実はフェリックスがサナトリウムに突撃するまでは、リューガー教授が犯人かなって思っていたんだ」
「え? そうなの?」
「だってアインツ先生に何か出来るとしたら、上司で近くにいる彼が一番怪しいだろう。それに、最初の壁っぷりはすごかったろう? 何か事情でもあるのかと思ってさ。ミアもひどいこと言ってたじゃないか」
「まぁ、それはそうだけど……計画書を受け付けてくれた時に不満は消えてなくなったよ。人一倍熱心なだけだった。わたし、教授が担当で本当に良かった」

 ミアが思い出してしんみりしていると、どこかできゃらきゃらと高い笑い声が上がった。
 そこにはアンジェリカがいて、別の法科の男子生徒と話している。学年は分からないが金髪に青い瞳の男の子だ。男の子の方がやや積極的で、顔を真っ赤にして嬉しそうにアンジェリカの手を握っていた。
 一方、アンジェリカはあまり気が乗らないのか愛想笑いを浮かべている。フェリックスのことはどうしたのだろうと見ていると、アンジェリカはミアの視線に気づいて、なぜか勝ち誇った笑みを浮かべた。
 どうやら敵視されることから逃れることはできないらしい。げんなりしつつフェリックスをちらりと見ると、「どうやら感染の噂のせいで、愛想を尽かされたみたいだなー」と苦笑いをする。

「いや、変な噂聞いたから、そっちのせいでもあるだろ」

 ヘンリックがぼそっと口を挟む。

「噂?」
「王子殿下が二年生にいるっていうやつ。誰かが意図的に流したんじゃないかなって思ったけどさ」

 ヘンリックがちらりとフェリックスを見ると、彼は肯定も否定もせずに、ニッコリと満足気な笑みを見せた。
「なんにせよ、あれだけ目的がはっきりしてると、いっそ気持ちいいよね!」



 日が暮れて、前庭には火が焚かれ始める。闇の中にぽつり、ぽつりぽつりと浮かび上がるのは蛍の光。緑の灯りに誘われるように、いつの間にかまとまった男女が会場の外へと消えていく。パーティが終わりに近づくのを感じて、ミアは憂鬱になる。これが終わると晴れて進級だというのに、嬉しくない。
 計画書を提出してしまえば、もう四人で集まって学ぶ必要がないのだ。
 そもそも、計画書を作るためだけに組んだチームだ。
 目標を達成したのだから一旦解散。これからはそれぞれがそれぞれの目標を持って卒業研究に取り組むこととなる。チームを組むかどうかは、各々の判断で決める。
(確か、マティアスは『一年間よろしく』って言ってたよね。それに、ヘンリックも……『計画書提出まで』って期限を切ってたし)
 これ以降は付き合う必要は一応ないのだ。もっと魅力的なテーマがあれば、来年一年で計画書を再提出することもあり得る。
 達成感が寂寥感と焦燥感に塗り替えられていく。不安に押しつぶされそうでため息が増えるミアに、フェリックスがそわそわと問いかけた。

「どうした?」
「うん……教授はああおっしゃったけれど……これからは別々に頑張らないと駄目なんだなって」
 ミアの呟きに、フェリックスがまず反射のように答えた。

「え、俺はこれからもミアと一緒に研究するつもりだけど? だって、薬を開発して、お母さんが治ったら、オッケーくれるんだったよね!? じゃあ少しでも早く薬ができるように協力して頑張らないと」
「オッケーって……え、いつの間にそういう話になってるわけ!?」

 そういう意味じゃなかったような! ミアが焦って助けを求めるが、マティアスはミアの戸惑いを気にせず、げんなりとした様子で答える。

「フェリックスが続けるなら俺もそうするし。……選択肢がないんだ。子守なんだから」

 目を見開くミアの前で、マティアスがヘンリックに視線を流すと、彼は軽く肩をすくめた。

「僕だって君たちだけにこんな面白いことをさせるつもりはないけど――っていうか、あのテーマ、既にミアだけのものじゃないんだけど。独り占めする気なら怒るよ?」
「じゃあ……じゃあ、みんな、これからも私に協力してくれるの?」

 三人は当たり前だろう? とでも言うような顔で頷く。
 どうやら、憂いているのはミアだけだったらしい。
 解散後すぐに再結成されたチームに、ミアは歓喜を隠しきれなかった。

「ありがとう――ありがとう!」

 思わず三人の手を一つ一つ両手で握りしめる。ぶんぶんと振る。
「ふぁ!」と目を輝かせるフェリックス。「わっ!」と目を剥くヘンリック。「お、おい!」と焦るマティアス。
 三者三様の反応をしながらも、それぞれ笑顔だった。

(お母さん――待ってて。わたし、彼らとならきっとやり遂げられる……!)

 一人では辿りつけなかった場所にも、力を借りて――いや、力を合わせてたどり着くことができた。一緒なら、きっと。最終目標まで上り詰められる。
 ミアは改めてフェリックスの手を取った。そしてフェリックスはおどけた様子でマティアスの手を取る。ミアが空いていた方の手でヘンリックの手を取ると、彼は無表情で、だがちゃんとマティアスの手をとった。
 四人は円の中心に手をまとめると、互いに笑みを見せ合った。
 そして。

「来年も、どうぞよろしく!」

 揃って見上げた空には、夏の星たちが燦々と輝いていた。


 《完》

一言でもいただけると励みになります!
よろしくお願いします!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!6巻目8/25発売です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全277部分)
  • 141 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 23:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 130 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 139 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 146 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全44部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 03:16
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 158 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 127 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全136部分)
  • 137 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 03:34
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
重装令嬢モアネット〜かけた覚えのない呪いの解き方〜

「お前みたいな醜い女と結婚なんかするもんか!」  婚約者であるアレクシス王子から言われたこの言葉に、アイディラ家の令嬢モアネットは酷く傷付いた。  そのうえ婚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全60部分)
  • 134 user
  • 最終掲載日:2017/03/15 00:38
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全17部分)
  • 128 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 23:00
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 21:13
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 132 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全83部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2018/01/05 00:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 172 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 20:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全115部分)
  • 132 user
  • 最終掲載日:2018/01/08 12:15
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 142 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 141 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部分)
  • 133 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部分)
  • 131 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 04:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 152 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 09:23
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 137 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
狼侯爵と愛の霊薬

学院を7年も留年した伯爵令嬢ロザリンドは『ものぐさ姫』と呼ばれていた。独身を貫き薬学研究に人生を捧げたい!と思っていた彼女の元へ、10年帰っていない実家から、極//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 148 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:53
優等生令嬢の憂鬱~絶望の未来から~

――自分の未来を思い出した。おぞましい、唾棄すべき未来を―― 死へと続く未来を覆す為に、顔を上げ歯を食いしばる事を決めた令嬢コーラルの奮闘の物語。 20//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全76部分)
  • 131 user
  • 最終掲載日:2016/08/07 00:27
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 128 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる

 のどかな農業国フロイトの王女アマリリス――リリスは病弱なためによく眠り、人々から〝美しきフロイトの眠り姫〟と呼ばれている。  しかし、病弱設定は表向きのもので//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全127部分)
  • 136 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 23:45
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 147 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 162 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
↑ページトップへ