挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/31

幕間

        §

 彼女は街を歩いていた。チャリチャリと音がする。
 首から下げる戦利品。紐が長すぎ、引きずってしまうようだ。
 これを見たら友達はどんな顔をするだろう。
 ネズミを捕まえて見せた時のように、驚いてくれるだろうか。
 想像すると、すごくワクワクしてくる。
 それにしても、ここはどこなんだろう。ちゃんと帰り着けるだろうか。
 変な街だ。空を見上げると、大きな鳥が飛んでいるのが見える。
 羽ばたきもせず同じところに浮かんでいて、ときどき白い羽根を降らせてくる。
 カラスみたいに襲ってこないなら構わないか。
 視線を下げたその先に、面白そうなものを見つけた。
 羽根のかたまりか、頭のない鳥の雛か。ふわふわしたものが通り過ぎてゆく。
 興味をそそるその動きに、たまらず彼女は飛びついた。

        §
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ