挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 見習い魔女の探索行 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

7/31

蒼穹の夢

 どこまでも深い蒼を眺めている。

 このまま吸い込まれ、落ちて行きそうな。
 溶け込んで同じ色になってしまえるのなら、それも悪くはないかもしれない。

 不意にむせ返り、呼吸をしていなかった事に気付く。
 肋骨でも折れているのか。咳き込むたびに激しい痛みが走る。
 咳に混じる血が現実感を呼び戻し、同時に恐怖を湧き起こした。

 いたい、痛い! 死んじゃう! 助けてママ!!

 全身を支配する激痛は、声を出し泣き喚く事も許さない。
 上体を起こそうにも、身体の自由が利かない。
 視界の端に映る両脚は、瓦礫に押し潰され動かない。ただ痛みだけを伝えてくる。

 辺りはただ静寂に包まれている。鼓膜が破れているせいなのか。
 恐怖と焦燥で洩らす、自身のか細い悲鳴も啜り泣きも、奇妙なほど小さく聞こえる。

 もがいたせいで傷口が広がったらしい。口と鼻腔から血が溢れる。
 もはや呼吸もままならない。ただ痛みをこらえ、心の中でひたすら助けを求め続けた。

 助けて、助けて、たすけて! ママ! ママ!!

 涙で滲む視界のなか。蒼の中に異なる彩が見えた。
 ゆっくりと落ちてくる白。

 きれいだな。

 痛みも恐れも忘れ、舞い落ちてくる白を凝視する。
 自分では理解できない渇望に突き動かされ、それに右手を差し伸べる。

 小指は欠け、中指は折れ曲がっていたけれど。
 泣いて助けを求めるのを止め。歯を食いしばって苦痛をかみ殺し。
 ばらばらになりそうな身体に残った最後の力で。

 血を吐きながらも、一枚の羽根を確かに掴み取った。


 歌声が聞こえる。目覚めたのはベッドの中だった。

「あら、気が付きまして?」

 ハミングしていたのは枕元の椅子に座り、本を読んでいた朱鷺乃ときのだった。看ていてくれたのか。

 口の中が気持ち悪い。血の味じゃなく、胃液の酸っぱさだ。冷たい水で濯ぎたい。
 右手を確認したが、欠けることなく全ての指が揃っていた。

 見ていた夢は、両親を一度に亡くした10年前の出来事に似ていた。だが、少しばかり記憶が混乱している。あの時、幸いにもあたしは軽い傷を負うだけですんだ。もし夢で見たような状態だったなら、今頃あたしはここでこうして生きてはいないはず。

「空のあれを……見たか?」
「空? 何の事ですの?」

 キョトンとした表情で、朱鷺乃は執事と顔を見合わせる。

「……何でもない」
「それにしても残念ですわ。貴女も眠っている間は、それは可愛らしいものでしたのに」
「残念なのはこっちの方だ。小うるさい雇い主じゃなく、美少女に起こして貰いたかったもんだ」
「そういう性癖をお持ちですの?」
「ああ。よく見るとあんた、あんがい良い尻してるな」

 あたしの言葉に椅子ごと後ずさる。

「冗談だ。あたしにも好みがある」
「殴っておきましょうか、お嬢様」
「……性癖の方は否定されないんですのね……」

 執事を制し、聞こえよがしにため息を吐いて見せる。

「それで、その格好は何の真似だ?」

 朱鷺乃は黒のワンピースから、白の修道女風の衣装に着替えている。どこかの制服か?

「これが私の思い当たりですの。聖ルヒエル女学園の制服ですわ」

 朱鷺乃によると、高校進学時、父親に薦められた候補の一つだという。通学圏ではなく、入寮しなければならなかった事と、特に進学に有利でもなかった事から、入学試験を受けることもなくそれきり忘れていたのだが、無名都市の名で思い出したのだと。

「気になって調べてみたら、父はかなりの額の寄付をしていたようですの。仕事上のお付き合いかとも思いましたが、こうなってくると偶然でもなさそうですわね」
「どうだかな……」

 それだけで決め打ちするには根拠が薄い。だが、この街全体にまともじゃない仕掛けが施されているのも、目の当たりにした。あれはあたしの過去の因縁じゃないのか? これはどこまでが偶然で、どこまでが必然だ?
 歯切れの悪くなるあたしに、朱鷺乃はなおも前のめりに言い募る。

「この街で調べ物をするには、都合が良いんじゃなくて? 貴女の分も用意してありますわよ」
「そういやあたしのドレスはどうした?」

 朱鷺乃のものらしい寝間着を着せられている。

「クリーニングに出しておきました。ゲロ塗れで汚れておりましたので」

 ゲロは余計だ。ニコリともせず吊るしの制服を見せる執事。

「雇い主の言う事は聞いておくものですわよ。ゴスロリでは目立ちすぎるでしょう?」
「分かったよ。だがな、あんたこそ目立つような真似は控えろよ。うろうろ出張るのは正直感心しないぞ」
「いきなり倒れてしまわれるような繊細な方を、放ってはおけませんわ」
「ぐぬぬ……」

 したり顔の朱鷺乃に返す言葉がない。だが、空に浮かぶ異形を目にしていない彼女らに、どう伝えたものかも判断が付かない。

「貴女の体調が整い次第、調査を始めましょうか」

 欲を言えば、使い切った黒曜石の補充をする時間くらいは欲しいが、調子は悪くない。

「病人扱いすんなよ。この程度は出来るぜ!」

 軽く驚かせてやろうと低く呪文を呟く。起こした風は予想外の強さで吹き荒れ、朱鷺乃のスカートを頭上にまで捲り上げた。何だ、この威力!?

「ま……またネコパンツか」

 自分でも驚いたが、お腹まで露わにされた朱鷺乃は驚きで身を固め、じわじわと羞恥に顔を染めた後、溜めに溜めた怒りを爆発させた。

「アースーキースッ!!」
「殴っておきます、お嬢様」

 今度こそ本当に執事に拳骨を落とされた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ