挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/31

幕間

        §

 この部屋は犬臭い。彼女は物陰で様子をうかがった。
 さっきの奇妙なやつは、テーブルに何かを置いて部屋を出る。
 水音がする。シャワーってやつだ。
 テーブルに飛び乗り確かめる。それからは少しだけ、友達の匂いがする。
 弄っていると紐が首に絡まった。ちょうどいい、友達への戦利品だ。
 それにしても、ここはどこなんだろう? 開いた窓から顔をのぞかせる。
 見たことのない景色。嗅いだことのない風の匂い。
 わくわくを抑えきれない彼女は、迷うことなく飛び降りた。

        §
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ