挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/31

幕間

        §

 彼女はいつも楽しいことを探していた。
 遊び相手がいない時は窓から外を眺め、来客があれば必ず確認に走る。
 その夜はずいぶん騒がしく、部屋に入ってきた客人は見たことのない顔だった。
 出て行った彼女の友達を待つでもなく、一人でなにかごそごそやっている。
 遊んでもらえる相手なのか。ちょっかい出してみようかしら。
 彼女が考え込むうちに、すぐに部屋を出てしまう。
 奇妙なやつだ。ドアからじゃなく、部屋の角から出て行った。
 後には透明な石のようなものが浮かんでいる。
 ふわふわとたよりなく揺れ、好奇心をかきたてる。
 消えかかりながら誘いかけるそれに、彼女は我慢しきれず飛びついた。

        §
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ