挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
見習い魔女の探索行 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

30/31

銀の月への道しるべ

 夜空に浮かぶ月を背に、名付けざられしものの残骸が浮かんでいる。

 今まで見えていた物とは違い、今度は実体を備えている。無名都市で空を見上げる者がいたなら、この悍ましい姿を目にしているはずだ。

 月の光が照らす聖ルヒエル女学園の校庭に、あたしは一人立ち尽くしていた。身を包むのは黒のゴシックドレス。ハスターに取り込まれ、一度は身体を失くしたあたしに、銀貨が選んでくれた衣装だ。

 東の夜空にアルデバランが見えるまで、まだ数十日の猶予がある。彼女がその気になれば、ハスターが目覚め、魂まで喰い尽されるその日までの時間を、永遠にまで引き延ばし、二人で過ごすことも出来たはず。

 白い羽根が降りしきる。拒絶されたような思いに囚われ、スカートを強く握りしめる。

『立ちなさい。上を向きなさい。あなたはわたしが選んだんだから』

 地上を見下ろす神だったものは、今でも支配者としてあたしに影響を及ぼしている。気を抜けばすぐにでも、侵食され尽し魂までを失うだろう。

『大丈夫。ちゃんと見ててあげるから』

 それでも銀貨が信じてくれるなら、あたしがそれを裏切れるわけないじゃないか。

 とんでもない我がままだ。そばにいてさえくれれば、あたしはそれで幸せだったのに。

 銀貨はやがて人を逸脱する。あたしが人であり続けるなら、二人の関係性はいずれ終わりを迎える。故に、あたしを同じ場所まで引き上げる。それが銀貨の最適解。

 初めて出会ったときから何も変わらない。自分勝手に一人で決めて、ほほ笑みながら押し付ける。あたしにとっての最善の結果を。どこまでもあたしに期待し、決して手放すつもりはない。甘く優しく絡め捕られたあたしは、それがどれだけ厳しくても、他の選択肢は選べない。

 体育館のほうから物音が聞こえる。裏手にある管理室から出てきたのは、仔猫を抱いた朱鷺乃ときのとジジ。“門”が開いた形跡はない。隠し通路でもあったのか。

「アスキス、無事でしたのね!」

 まだ数時間しか離れていないのに、感極まった笑顔で駆け寄る朱鷺乃。鳴き声を上げるものみに釣られ夜空を見上げると、ぎょっとした様子で足を止めた。

「な……何ですの、あれは」

 この街へは一緒に来た朱鷺乃も、現物を目にするのは初めてだったか。夜闇でおぞましいフォルムは確認できないだろうが、あれはそこに在るだけで、人に影響を及ぼすに十分な存在だ。

「銀貨は? ……あれに取り込まれたんじゃなかったの? 説明してもらう。一緒にきて」

 要請じゃなく宣告のつもりだろう。ジジの手には既に短剣が握られている。

「遊んでる暇はねえよ。もうあたしは行かなきゃならない」

 どこまで力を引き出せるのか。あたしの身体を中心に巻き起こした風は、以前とは比べ物にならない勢いで吹き荒れる。風を起こすのだけは、何故だかアビゲイルに師事した時から得意だったが、今となっては当たり前だ。死に損なったあの日から、ずっと加護を受け続けていたのだから。

 ジジの背後に、大剣を持つ甲冑の右腕が形を現す。ハスターとは別種の不快感。恐らくこれの成り立ちに起因するものだろう。人が神を造るなど、まともなやり方で出来るはずがない。

「何だ、その無様で醜い出来損ないが切り札か?」
「この子は希望。わたしたちの明日を切り開く剣」

 ジジの得物が短剣から長剣に変化する。

「くだらない。唄うじゃねえか小娘!」

 こいつには借りがある。自らのエーテル体を直結し、使いこなせるだけのエーテルをハスターからもぎ取る。

「……あのおぞましい残骸があなたの力?」
「これは絆だ。あたしをたった一つの銀の月へ導く、かけがえのない道しるべ」

 アストラル体が眠っているとはいえ、直結しても飲み込まれないのは、銀貨のおかげだ。

「違う! それは先生や所長が犠牲の上に手に入れた力。あなたが勝手に使って良いものじゃない! 行かせない!!」

 初めて感情を露わにし、斬りかかるジジ。風を使った高速移動でかわすも、後を追うようにナイフの雨が降る。

「しゃらくさい!」

 真正面からの風圧でジジごと吹き飛ばす。大剣を足場に高く飛んだジジは、頭上からの攻撃態勢。避けたとしてもさらに人工神の大剣の一撃が続く。 

「砕けろ!!!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ