挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

27/31

僕はどこから間違った?

        §

「状況が変わりました」

 浮上するハスターの残骸を見上げたスケアクロウは、厳しい表情を浮かべる。

「あれは固定されたアストラル体と一つになり、力を取り戻そうとしています。今は辛うじて9柱の中だけに影響を留めることが出来ますが、地平線にアルデバランが昇れば、ハリ湖に還るか……悪くすれば神化実験を再開するかも知れない。大気中に広がりこの星を覆い尽くされでもしたら、もう僕たちには排除することは叶わない」

 黒い風に巻き込まれないよう距離を取っていたジジは、不安げな表情でスケアクロウに問い掛ける。

「先生……どうすれば」
「ここから先は自分で考えなさい」

 微笑んで見せながら、スケアクロウは残った左手でかつての生徒の頭を撫でた。

 礼拝堂は風に巻き込まれ半壊している。瓦礫を押しのけ自室に戻ると、スケアクロウは武器になる物を探し始める。シュブ=ニグラスの豊饒の腕は供儀を要求する。10年前のあの日以来、彼は自分の生命力以外の物を捧げたことはない。街一つを捧げてようやく砕いた存在に対し、自分の残りの命を捧げたところで、どれほどの効果が期待出来ようか。

 探し当てたのは、聖別したナイフや回転式銃、弾丸。かつて相棒と世界中を旅し、探索をしていた頃に使っていた装備。ハスターに対し効果は望めないだろうが、スケアクロウが目的とするのは、裁の手元にある『黒の淵』。あの本になら、この事態への対処法の手掛かりくらいは、記されているかも知れない。

 壊れたクローゼットから、懐かしい物を見付けた。使い込まれた革のコート。結界に入る以前、友人から譲り受けたものだ。

「羽織っておきなさい。どうするか決まりましたか?」

 ぼろぼろのスポーツウェアで肌を晒していたジジは、大人しく受け取り袖を通した。隠しポケットには呪符や護符が入ったまま。何かの役には立つだろう。ジジはハスターの残骸とスケアクロウの顔を見比べていたが、地面に開けられた大穴を見つめ呟いた。

「まだ残ってる人を助ける」

 スケアクロウが頷いて見せると、ジジは駆け出し亀裂に身を投げた。自分ならなんとかしてくれると、まだ信頼されているという事か。

 銀貨が出入りに使った“門”の痕跡が残っている。壊れた壁に辛うじて形を保っている框を門に見立てて潜ると、神智研の地下施設へと向かう。

 銀貨が最後に出入りしていたのは、科学班の研究施設だったらしい。退避は済んだ後なのか、人の気配はない。秘匿性の高い研究内容から、ここに出入り出来る人員は限られている。そもそも最初からごく少数の者しかいなかったはずだ。

 裁の執務室へ向かう途中スケアクロウは、羽毛に包まれ、両腕が触腕に変化したものや、肉塊から一枚だけの翼を生やしたものを目にした。保管されていたサンプルや試験体だろう。身を潜め、手を出さなければ襲ってくる気配はない。あれらの目的はハスターの屍肉と同化することか。

 異形が這い出してきた部屋はやり過ごすつもりだったが、人の気配に立ち止まり中を伺う。墓石のように巨大なガラス瓶が並ぶサンプル保管室。幾つかは内側から壊されているが、閉じ込められ、暴れ続けているものが見える。ガラス越しに見えるその顔に、かつての教え子の面影を見出し、スケアクロウは室内に足を踏み入れた。

茉莉まつり……」

 黒髪の少女の右腕は白い羽根を持つ翼に変わり、左肩からは触腕を伸ばしている。一本足の鳥の身体を持つのは、本好きだったナイジェル。左半身を無数の翼に変えられたのは、泣き虫だったリィズアンナだ。

「お久し振りです、先生」

 立ち尽くすスケアクロウに気付き、奥の端末で作業をしていた修道服の女が声を掛ける。

「シスター・フランチェスカ、君にも会いたいと思っていた。今のセントブリジット孤児院の責任者は君のはず。孤児院を存続させると裁から確約も得ている。君は何故ここにいる? 子供達に何をしたんです?」
「先生、もうあなたの孤児院は存在しないの。でも安心して。子供達はみんな死ぬことのない身体を手に入れたわ」

 作業を終え、情報メディアを抜き取りながら、フランチェスカは芝居がかった様子で試験体を示す。

「役に立ちそうな子をスカウトしていたのは、貴方も同じでしょう? あぶれた素材をどう使うかなんて、今更だと思うのだけれど?」
「素材じゃありませんよ。この子達には一人ひとり名前がある」
「傷付くなあ。人聞きの悪いこと言わないで下さい。私だって、ちゃんと承諾を得てから実験に参加して貰っているわ。そりゃあ多少は説得が必要な子もいたけれど。でもね、先生。貴方がやってのけたことに比べれば、私のしている事なんて、ほんの遊び程度じゃないですか」

 ねっとりした笑い声。フードの下、金色の瞳が楽し気に細められる。

「先生はカルナモの住人に一人ひとりに、神殺しの犠牲になる意志を確認されたんですかねぇ?」
「それは――」

 シスターが端末に手を走らせると、ガラス瓶は残らず砕け散り、保存液を撒き散らした。解放された試験体は、這いずり羽ばたきながら出口に――スケアクロウに向かう。

「それは僕の罪だ。amen!」

 死霊を砕く聖別された銃と弾丸。『黒の淵』に潜むアルハザードに対し用意したものだが、ハスターの屍肉に囚われたままの魂を開放することは出来る。

「あらあら。せっかく永遠の命を得たというのに、殺してしまうの? 罪深いこと」

 試験体を盾に、フランチェスカは階段を駆け上がり、キャットウォークの先にある非常扉へ向かう。

「貴方はせいぜい罪を重ねなさいな。私が手を下すまでもなく、じきに所長も本に喰い尽される。ほとぼりが冷めるころ、私はまた好きに研究を始めさせて貰うわ」

 試験体とスケアクロウを残し、扉を開けたシスターは、目の前に牧師服の背中と試験体の群れを認め驚愕した。頭上には、キャットウォークの手摺りにもたれる眼帯の魔女が、嘲るように手を振るのが見える。

「エステル!!」
「あんたはこのグラムサイトの調整に必要な伝手だったけど、正直ちょっとイカレ過ぎよ。そっちの牧師さんに借りもあったしね」

 振り向きざまに牧師の回転式銃がフランチェスカの額に突き付けられる。

「待って先生、私は――」
「これも僕の罪です」

 表情を変えることなく引き金を引く。
 弾を使い果たした後も、片腕でナイフを操り、スケアクロウは試験体を切り刻む。

「ズレた角度を見逃すのも落ち着かないものよ。それじゃあ、わたしはここまでね」

 結末を見届けることなく、眼帯の魔女は姿を消した。

 どこだ? 僕はどこから間違った?

 牧師服の男は心の中で、己への問い掛けを呪詛のように繰り返し続けた。

        §
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ