挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/31

スケアクロウ

 木製の扉を開けると、整然と並ぶ椅子と祭壇が目に入った。誰もいない空間をステンドグラス越しの夕日が照らしている。振り向くと、手入れの行き届いた庭園の向こうに、ルヒエルの学舎が見えた。“門”を潜り、隠されていた空間に辿り着いたようだ。

 礼拝室の奥に進み銀貨を探す。目についた最初の扉を開けると、質素な詰所のような部屋で、牧師姿の男が本を読んでいた。

「ここに天使が来なかったか?」

 迂闊にも、人がいるとは思いもしていなかった。扉に手を掛けたまま平静を装い問い掛ける。
 男は眼鏡の奥から驚いた表情を見せていたが、すぐに何か腑に落ちたような顔で苦笑した。

「天使? ああ彼女の」

 本を机に置くと立ち上がり、窓辺へ歩み寄る。警戒し距離を取るあたしに構わず、手だけで隣室を示した。

「その前に、まずは服を着なさい。はしたないですよ」

 曲がりなりにも聖職者、見ない振りをしてくれたのか。隣室のクローゼットには牧師の物だけでなく、なぜか女物も収められていた。修道服を選び出し、手早く身なりを整える。

「天使に導かれてここに迷い込んだのですね。眠っているというのに、退屈すると彼女はそうやって悪戯をする。困ったものです」

 穏やかに話すこの男はどこまで関りがあるのか。隠された空間の中で過ごす人間が、常人であるはずはないが。

「牧師さん、あんたは彼女の知り合いか?」
「牧師……いいえ。僕にはもうその資格はありません。今はただの案山子スケアクロウです。鳥を見張り鳥を追うのが唯一の仕事」

 手足がひょろ長く、麦藁色のぼさぼさの髪。だが、ただのあだ名ではないのだろう。その言葉には、重苦しい自嘲めいた響きが込められている。

「ここは人が立ち入っていい場所じゃない。外まで送ってあげよう」
「銀貨に会うまでは帰れねえよ!」

 あたしの言葉に、スケアクロウは訝し気な表情を見せる。

「彼女の知り合い? だとしたら、随分幼い頃のようですが。君はセントブリジット孤児院の出かな?」

 そこにいたのは短い間だったが、あたしが銀貨と出会った、そしてシスター・フランチェスカに地獄を見せられた場所だ。

「あんたも関係者か?」

 押し殺したあたしの感情に気付かないのか、男はどこか懐かしそうな表情を見せた。

「僕の教区の施設ですよ。手が離せない仕事が出来たので、今はもう顔を出すこともできませんが……」
「お前もあの変態のお仲間か! 銀貨はどこだ? すぐにでもここから連れ出してやる!!」
「何か行き違いがあるようですね。彼女は眠っています。起こして貰う訳にはいかないんですよ」

 困り顔のスケアクロウに構わず部屋を飛び出す。部屋数は多くはない。ここまで来れた以上、見付けるのは難しくない。そのはずだった。

「……先生、ごめんなさい。侵入者を確保に来ました」

 礼拝室の扉を開け声を掛けたのは、黒髪の少女ジジ。あたしを見るや、掌中に短剣が現れる。あたしを追って部屋を出たスケアクロウは、ジジに気付くと笑顔を見せた。

「久し振りですね、ジジ。今日はずいぶんと賑やかだ。院のみんなとは連絡を取っていますか?」
「…………」
「瓶詰めでどうやって連絡するってんだ? リィズアンナとはガラス越しに会ったばかりだがな!」

 応えないジジに代わり、あたしが怒りを爆発させる。スケアクロウはジジとあたしを見比べると、表情を消し呟いた。

「裁に直接会う必要がありますね……」
「待って、先生。ハスターの活性が上がってる。今ここを離れて貰う訳にはいかない」

 乏しい表情のまま慌てるジジに構わず、奥の扉へ向かう。スケアクロウはあたしの肩を掴み引き留めた。

「二人ともここでしばらく大人しく待っていて貰えませんか?」
「放せよ! 場合によっちゃ力づくでも押し通る!」

 さして力を入れているようにも見えないのに、その手を振りほどくことができない。

「そう……聞けませんか。最初に謝っておきます。今の僕は平静を保つ自信がない。やり過ぎてしまうかもしれない」

「Bheeeeeea……」

 あたしの肩に置かれたスケアクロウの右手から、奇妙な鳴き声が響いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ