挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

22/31

再開と再会と

        §

 はじめて見たときは、本物の天使だと思った。
 透き通る白い肌に、艶やかな銀の髪。瞳はアメジストの輝き。
 いつもより目立たないように、日陰で膝を抱える。
 あたしは彼女の目に映ってはいけない。
 きれいな瞳を汚してしまう。
 子供にも大人にも妨げられない彼女は、あたしの前で立ち止まる。
 間近で見る彼女は、呼吸を忘れるほどきれいだった。
 ならいになった媚び笑い。彼女はいきなり引っ叩いた。

「立ちなさい。上を向きなさい。あなたはわたしが選んだんだから」

 打たれた頬の痛みより、驚きで頭が真っ白になる。

「ひとりじゃ無理なら、わたしがあなたの傷になってあげる」

 差し伸べられた手は華奢で小さかったけれど。
 確かな温もりと力強さで、あたしを引き起こしてくれた。

        §

 寝台の上、包帯まみれで天井を眺めている。ハリネズミのようにされたあと、ジジに引き摺られて来た医療施設。扉を一つ潜った後は、まともな廊下が続いていた。恐らくもう無限回廊の外だろう。

 看護師にボロ布になった制服を脱がされ、傷の縫合も無しに手早く包帯を巻かれた。あれでも急所は外したんだろうが、生きているのが不思議なくらいの有り様だったはずだ。麻酔でも打たれたのか、指一本動かせない。

「ご無沙汰ねアスキス」

 ねっとりと馴れ馴れしい声に、眼だけを動かし視線を投げる。場違いにも、修道服に身を包んだ若い女が立っていた。
 声が出せたなら悲鳴を上げていただろう。最悪だ。なんでこいつがここにいる?

 シスター・フランチェスカ。こいつには、たらい回しにされた最後の孤児院で世話になった。

 逃げ場のない孤児相手に、自らを傷付けるよう命じ、従わなければより大きな罰を与え、従えば気まぐれで褒めて見せる。一度目を付けた相手は、愛想笑いを浮かべながら自分の指を折って見せる、完全な奴隷に仕立て上げる。人の心と体を壊すのが趣味の、最悪の変態だ。

 風を起こそうと意識するも、何の反応もない。連戦で精神力が摩耗し切ったか、あるいは魔法を封じられているか――恐らく両方だろう。

「面白いわね。もう傷が塞がってる。取り込んだハスターの組織のおかげね」

 あたしを気遣う風もなく、無造作に手に巻かれた包帯をずらす。短剣が貫通した場所は、傷跡を残し塞がっている。

「でも、ハスターに飲み込まれずに、人の形を保っていられるのは、どうしてかしらね?」

 手近にあったメスを取り、あたしの胸に傷を付ける。

「今まで一度も成功しなかったのに。アビゲイルさえ気付いてなかったようだから、銀貨の仕業ね? 規格外のする事だからって、見逃すしかなかったけど、今度は好きにさせないわ」

 ほほ笑みながら、何度も何度もメスでなぞる。あたしは冷や汗を浮かべる事しかできない。

「あの子がご執心だった訳だわ。あなたに抗体を作る手助けをしてもらえれば、ようやくハスターの組織の有効利用ができる」

 メスに付いた血を、うっとりとした表情で舐め取って見せる。

「安心して、命までは取らないから。それに、少しくらい手荒に扱っても壊れないでしょ?」

 爬虫類めいた目で笑う修道女の姿を前に、絶望が重く圧し掛かる。

「私の好みよりちょっと育ち過ぎたみたいだけど、また仲良くしましょうね、アスキス?」


 裸同然の姿のまま、部屋を移された。小さく密閉された隔離室。内側にはノブもなく、扉を閉めると真の闇に包まれる。完全な無音で、息苦しさを覚える。

 風を起こすことはもちろん、使い魔を呼ぶこともできない。寝台にベルトで拘束されたまま、少しでも体力の回復を待つ。

 あの女も神智学研究所の関係者だったのか。思えば事件直後から色々おかしかった。旅行先のアンダルシアで保護され、ニューイングランドに帰されて以来、親族には誰一人会えていない。叔父叔母は引き取りを拒否したと聞かされたが、一度の面会もなく連絡さえも許されなかったのは不自然だ。

 突然天涯孤独の身になったあたしの絶望も、フランチェスカにとっては、己の愉悦のエッセンスでしかなかったのだろう。誰にも助けて貰えないまま受け続ける、凌辱と虐待の記憶。心が黒く塗り潰されそうになるが、今のあたしには銀貨との思い出がある。簡単に折れてやるもんか。

 薬が抜けてきたのか指の先が動く。そのまま手首の拘束を外そうともがいていると、入り口が開き光が差し込んだ。意識のないふりで気配をうかがうも、入ってくる様子がない。視線を動かすと、ドアの隙間から覗く銀髪の少女がいた。

「銀貨!」

 息が止まるかと思った。10年前そのままの彼女の姿。彼女の事を考えていたから、幻覚でも見ているのか?

 拘束が緩む気配。慌てて手首を引き抜いて、残りのベルトを外す。

「こっちだよ」

 くすくすという笑い声も10年前と同じ。身体に上手く力が入らず、寝台から転げ落ちる。あたしはよろめきながら彼女の後を追った。

 人がいない訳ではないのに、彼女を追うあたしは、奇跡のようなタイミングで職員の目を逃れ、先へ進む。時折見える彼女の背中には、白い翼。残念なことに、右肩から生えるのは小さな骨格のみのアンバランスな物だったが。

 辿り着いたのは手術室か解剖室のような部屋。手術台に残る血の染み。フランチェスカの娯楽を連想し吐き気を催す。

 奥の扉が開いている。人の気配はない。中をうかがうと、無数の標本を詰めた巨大な瓶が並んでいた。

 瓶の大きさと標本のシルエットだけでピンときた。あまり気が進まないが、瓶を並べた棚の向こうに見えた銀貨のドレスを追って歩を進める。

 人間とそのパーツだ。どれも触腕や羽根を備えた歪な姿を晒している。出来るだけ目に入れないよう、俯いて歩いていたが、右半身はほぼ完全な人体、左半身からは無秩序に翼状の物が生えている標本を目にし気付いてしまった。

「孤児院の生徒じゃねえか……」

 泣き虫のリィズアンナ。あたしより小さかったから、何度か庇ってやった記憶がある。運良くあたしが救い出された後に、何人犠牲になったんだろう。あたしの前に、何人同じ目に合っていたのか。

 ガラスの向こうでリィズアンナの右目が動く。あたしだと分かるのか。こんな姿にされても死ねないのか。

「……ごめんな……」

 今のあたしでは、助けてやるどころか、殺してやることさえ出来ない。目を伏せ、銀貨の気配を追う。

 標本室の奥の壁には、場違いな古い木製の扉があった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ