挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/31

ジジ・刃渡

 ざらついた物が頬を撫でる感覚に意識を取り戻す。目を開けると、頬を舐めていた仔猫がぴょんと飛び退いた。

 全力を出し切って、わずかな間気を失っていたらしい。制服の肩は破れたままだったが、異形の器官は消えている。白い羽根はまだ辺りに散らばっていたが、見ているうちに淡雪のように消えてなくなった。

「お前にも無理させたか。ありがとな」

 頭を撫でてやろうとした手はかわされ、ぺしりと前脚で叩かれる。可愛げがない。捕まえて喉元をくすぐってやる。

 見回すと、アビゲイルの書斎は完全に瓦礫の山に変わっていた。生家より長く過ごした馴染みの部屋だが、いずれ無限回廊に飲み込まれ、痕跡も無くなるだろう。名付けたばかりの使い魔ルールーは、手持ち無沙汰な様子で浮かんでいる。

 あたしの心臓。これは、銀貨がやったものなのか?
 今もいつもと変りなく、胸の中で脈打っている。肩に形成された器官は、この心臓の影響か。

 銀貨。

 人類最適解存在。

 ほんの数回逢っただけ。それでも、何よりも強く今のあたしを形作ったひと。彼女と過ごした最後の5日間は、淡い黄色の穏やかな温もりで、今もあたしの胸の奥の柔らかな部分に息づいている。

「生きて……るんだな」

 泣き出したいのか笑い出したいのか。自分でも整理しきれない衝動がこぼれ落ちないように、強く胸を抑える。伝わる心音。彼女と繋がる確かな証だ。

 強すぎる抱擁に、ものみが抗議の声をあげる。いいからお前も黙ってあたしの幸せの分け前に預かっとけ。

「何事ですの、これは」

 聞き覚えのある声に顔をあげると、行方知れずだったあたしの雇い主が、おっかなびっくり書斎だった空間へ足を踏み入れてきた。

「無事だったのか! ずいぶん探したぞ。いったいどこほっつき歩いてたんだ?」
「あら。あらあら。元に戻れましたの?」

 あたしの腕をすり抜けて走り寄る仔猫を抱き上げる朱鷺乃ときの。ものみの述懐を聞かされた身としては、思うところを直接話して聞かせる機会を失ったことに、複雑な思いもある。でも、心から喜んでいるらしい一人と一匹に、いまさらそれを言うのは野暮ってもんか。

 そんな思いに和んでいたあたしは、朱鷺乃に続いて現れた二人目の人物を目にし、表情を引き締める。

「なんでこいつがここにいるんだ?」

 雑に伸びた黒髪、黒のタンクトップに同色のスパッツ。商店街で会った行き倒れだ。

「私がこの迷路に迷い込んで困っていた時に、偶然再会して助けて頂いたんですの」
「そんな偶然あるもんかよ!」

 身構えるあたしに、黒髪の少女――ジジとかいったか――は、ほんの少し眉をひそめて見せる。困ったようにも、気を悪くしたようにも見える顔。いろいろ仕掛けのありそうな街だ。百歩譲って偶然無限回廊に紛れ込む生徒もいるのかもしれない。だが、それがさっき会ったばかりのこいつというのは、偶然というには出来過ぎだ。

「この子は敵じゃありませんわ。もしそうなら、私を貴女と会わせたりはしないんじゃなくて?」

 ジジは構えもせず、どこか他人事のように困り顔を続けている。何かを待っているような間が、あたしを苛立たせた。

「それより、貴女のほうは無事ですの? 何か色々あったようですけど……」

 アビゲイルの事をどう話すべきか。朱鷺乃の父、紅劾こうがいを殺したのは、ヤツの仕業で間違いがないだろう。だが、「あんたの父親を殺したのはあたしの師匠だ」と、聞かせて受け入れてもらえる話か。

 “鍵”が何だったにせよ、アビゲイル亡き今となっては、あたしに必要なものでもない。喧嘩別れになるにせよ、ここで正直に話してしまうべきか。

「……ここはあたしの師匠の書斎……だった場所だ。今さっき派手な師弟ゲンカが済んだところさ」

 口に出たのは当たり障りのないセリフだった。話して聞かせるにせよ今じゃない。お互いもう少し落ち着いてからだ。

「そうですの……」

 何かを察したのか、口籠る朱鷺乃。ぎこちない空気が漂う中、会いたくなかった三人目が姿を現した。

「なに? 先に二人とも見付けちゃったワケ? これじゃあわたし骨折り損じゃない」
「お前は!!」

 ぼやきながら瓦礫を踏み越える眼帯の魔女。一頭の黒犬を従えている。
 ものみを抱きかかえた朱鷺乃を背後に庇う。連戦だ。切り抜けられるか?

「……大丈夫、朱鷺乃を傷つけたりはしない。さばき所長の指示……」
「裁……さん?」

 どこか茫洋としたままのジジの言葉に、朱鷺乃が動揺を見せる。こいつらは神智研しんちけんの指示で動いているのか。

「裁さんと直接話せるのなら、鍵はお渡しするにやぶさかじゃありませんわ」
「ちょ、ちょっと待て、良いのか?」
「何に使うとも分からない鍵より、お父様の死について伺うほうが大事ですわ」
「鈍いな。ほんとにまだ気づいてないの? 紅劾を殺ったのは、アビゲイルの使い魔でしょ?」

 朱鷺乃の表情が強ばる。

「うまいことわたしらの上前跳ねるつもりだったんでしょうけど、弟子に裏切られるなんて詰めが甘いね」
「……アスキス……知ってましたの?」
「……………………」

 いま知ったばかりだと言って信じるか? 探索の目的を果たしてしまった朱鷺乃にはもう、あたしと組む理由がない。父親の敵の弟子ならなおさらだ。

「朱鷺乃、あたしは――」
「鍵さえ渡せば安全な所に連れてってあげる。そっちの半人前、あんたにも来てもらうよ!」

 黒犬に狩りの指示を出すべく身構えたエステルを、ジジが手で制した。

「エステルは朱鷺乃を連れて先に行ってて。この子はわたしが連れてゆく」
「やれるもんならやってみろ!!」

 どれだけ自信があるのか知らないが、気負いもせずに言ってのける態度に苛立ちを覚える。判断が付かないらしい朱鷺乃は、後ろに下がりあたしから距離を取る。後で全部話そう。納得できるかどうかは朱鷺乃次第だ。

 石は残っていないが、以前に比べ地力は格段に上がっている。やりようによっては切り抜けられるはずだ。

「ルールー!」

 使い魔を介しての横合いからの高圧空気弾。ジジは目も向けず手にした短剣で切り裂く。どこから出しやがった!?

 飾り気のない半透明の刃を持つ短剣。この感じは見覚えがある。天屍てんしの羽根――高密度のエーテル体か!

 短剣を投げつけ駆け寄るジジ。手に風を纏い付かせ弾き飛ばすも、ジジの手にはすでに二本目の短剣が現れている。クソッ! こんなことなら儀式用の短剣か仗を持ち歩くべきだった!

 真後ろからのルールーの攻撃。ジジはかわす動きでそのまま斬り付ける。使い魔は虹色の球体を弾けさせながら姿を消した。

「ルールー!? 畜生ッ!!」

 使い魔の心配をしている余裕はない。手足に風を纏わり付かせ刃を凌ぐも、決定打を撃つ隙が見付からない。短剣を叩き落とすのに成功しても、ジジの手には何度でも新たな得物が現れる。かわし切れずに受けた傷で制服が赤く染まってゆく。

「何なんだお前はッ!?」
「……あなたは覚えてない」

 倒れた拍子に着いた左手を、短剣で縫い止められる。少し困ったような表情のままのジジの背後に、ぼんやりと巨大な手のような物が浮かんでいるのが見える。

「お止めなさい!! もう十分でしょう!?」

 叫んでいるのは朱鷺乃か。振り上げようとした右手にも、二本の短剣が生える。構わず引き抜こうとするあたしの脛に腿に肩に背に腰に。次々と短剣が突き刺さる。

「アスキスッ!!!」

 朱鷺乃の悲鳴。歯を食いしばり、滲む視界で睨み付けたジジの顔は、何故だか泣き出しそうに見えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ