挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
見習い魔女の探索行 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

18/31

幕間

        §

 カーテンの端へと回り込み、合わせ目を探しては、少女の気配を追いかける。いつまで経っても見えない背中に、朱鷺乃ときのは焦りを抱いていた。布を隔てた人の気配。ちらりと垣間見える白い翼。
 出口に案内してくれるという天使なのか。鈴を振るようなクスクス笑いが、すぐ近くで聞こえるのに、いつまで経っても少女に追い付くことができない。
 じれったさにカーテンの裾をまくり、しゃがんで潜り抜ける。スカートの乱れを気にしている余裕はない。どれだけ追い掛けただろう。疲れ果て座り込むころには、獣の息遣いも少女の気配も感じなくなっていた。

「困りましたわ……」

 迷路を抜ける唯一の手掛かりと、無我夢中だったが、気が付くと緞帳の海に一人取り残されている。子供のころ遊んだ物置小屋の秘密基地に似た、安心感と圧迫感の入り混じった感覚を抱く。
 カーテンに沿って、壁に行き着くまで歩いてみようか。それとも、目星を付けて入り口の扉に戻ろうか。
 途方に暮れる朱鷺乃の目の前で、不意にカーテンを割り一人の人影が現れた。
 人がいるとも思えない場所での突然の邂逅に、身を固くするだけの朱鷺乃だったが、それが見知った人物だと気付き二度驚いた。

「あら……あなたは」

        §
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ