挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

16/31

無限回廊

        §

 ずいぶん歩いた気がする。
 アスキスが水泳部員といちゃつくのを見ているのが、なんとなく面白くなかった。先に来た図書館で、隠し扉を見付けたまでは良かったが、やはり先行すべきではなかったか。

 扉を開けると、廊下が続いていた。端は見えない。どこまで続いているのか。踏み入れると、扉は朱鷺乃ときのの背後で自然に閉じてしまった。慌てて振り返ると扉はなく、始めからそうであったかのように、どこまでも廊下が続いている。気がつくと、朱鷺乃は果てしなく長い廊下の真ん中で、立ち尽くしていた。

 動かないほうが良かったか。今になってそう考えるも、何処からか聞こえる獣の息遣いのようなものが、足を止めることを許さない。
 隠し通路なんかじゃない。図書館の2階からこんなに長く、直線で傾斜のない廊下が続いているはずはない。何度か扉を見掛けた。だが、素材もデザインもまちまちなそのどれにも、触れる気にはなれなかった。

 姿の見えない獣の息遣いが大きくなる。追い詰められた朱鷺乃が、扉の一つに手を掛けたその時、少し先にある扉が内側から開くのが見えた。
 幼い銀髪の少女が、扉の陰から顔をのぞかせている。

「そっちはダメだよ」
「ちょっと、お待ちなさい!」

 くすくすと楽しげな笑い声を残し、扉の奥へ少女は消える。追い掛け開けた扉の先はカーテンの海。大きな舞台の裏側のように、重たげな緞帳が幾重にも吊り下げられている。ぽかんと口を開け真上を見るも、天井は見えなかった。

        §

「ようこそ、アビゲイルの弟子。鍵を持ってるのはどっちかな?」

 どこまでも続くかと思われた廊下の先。両開きの扉を開けた先には、眼帯の女が待ち構えていた。どうりで簡単に開くはずだ。無限回廊に作られた部屋へは、主に招かれてさえいれば迷わずに辿り着ける。逆に拒まれている場合、そこへ辿り着く確率は奇跡に近い。力ある魔女や魔術師は、無限回廊に専用の工房を持つ者もいるが、こいつもそうか。

「メイスンの裔だな。聞きたいのはこっちだ。あたしの雇い主を何処にやった?」

 眼帯の女は失望の表情を浮かべ、舌打ちを漏らす。

「なんだ、ハズレか。どうにも今回の仕事は角度が悪い」

 捕われた訳じゃないのか。だが、一人で無限回廊をさまよっているのなら、なおのこと早く見つけ出さねばならない。

「なんで宗蓮院しゅうれんいんの娘がここを素通りしたかは分からないけど、バスカヴィルに追わせている。じきに見つかるさ」

 奇妙な部屋だ。広い空間を埋めるのは、様々なサイズの歯車に、成長しては自壊する無数の鉱物結晶。

「お前らはこのエステル・メイスンのドッグランで、モーディ・ドゥーと遊んでな」

 眼帯の魔女が手を振ると、結晶から飛び出した黒犬が、あたし達をめがけ襲い掛かってきた。

「まてよこのッ!」

 際どくかわす隙に、エステルは巨大な結晶の一つに姿を消す。

「ゴスロリちゃん、入り口が!」

 ものみの叫びに振り向くと、扉のあった場所が結晶で埋め尽くされている。エステルが門にした結晶は育ち切り、あたしの目の前で砕け散った。

 まずい。ものみは身軽にかわしているが、直線を走り続ける黒犬の突進は速さを徐々に増している。前回と同じ目隠しと口輪。仕留める気までは無いようだが、朱鷺乃がヤツの手に落ちればあたしの負けだ。反撃しようにも、黒犬が反射に使う歯車と結晶は刻々と角度を変え、決定打を撃てぬまま無為に時間を浪費するばかり。

「掴まれ! 荒っぽく行くぞ!!」

 飛び回るものみを抱き寄せると、黒曜石をばら撒きながら踊るようにターン。

「吹っ飛べワン公!!」

 どこから来ようが同じこと。大盤振る舞いの風の壁は確かに黒犬を吹き飛ばした。だがその威力はあたしの予想を遙かに上回っていた。

 荒れ狂う風は天井を吹き飛ばし、床を抉る。エステルが無限回廊の中、己の領域と定めた境界を。

「あ、ちょ、これまずい!!!??」
「にゃああああああ!!!!???」

 ヒロイン補正が効いてない! 普通こういうのは、化け物のほうが落ちるんじゃないのか? 

 悲鳴だけを残し、無限回廊の奥深く、どことも知れぬ場所へと、あたし達は落ちてゆく。

        §

 罠を素通りした朱鷺乃を確保に向かったエステルは困惑していた。
 おかしい。バスカヴィルが撒かれている。重い緞帳の垂れ下がる迷宮のような部屋の中、鼻の効く黒犬が目標の匂いを捉えられず、ただぐるぐると歩き回っている。

「何? あの半人前がわたしより尖った策を講じた?」

 先ほどの反応からそれは考え難い。だとしたら朱鷺乃自身が意図せぬ理由で、無限回廊の深みへ潜ってしまったのか。人間の制御し切れないヨグ=ソトースの腹の中、何が起こっても不思議ではない。

「可哀想に。魔女でもないのに無事でいられるかな?」

 半ば仕事を諦めかけた時、特別製の端末に、依頼人から連絡が入った。

「あー、悪い。ちょっと手間がかかりそうで。ん? いやいや、まだ失敗してねーし!?」

 増援を申し出る依頼人に狼狽する。後だしで手柄をさらわれては適わない。

「アビゲイルの弟子のほうも確保? 先に言ってよ、めんどくさい」

 状況が変わったという依頼人は、追加の条件を出してきた。取りっぱぐれの無いように、そちらを優先しておくか。
 結晶で門を開き、罠を仕掛けた部屋に戻ったエステルは、その惨状に絶句した。

「馬鹿なの? 死ぬの?」

 床の大穴を覗き込み舌打ちする。広がるのはエッシャーの描く騙し絵の世界。
 幾ら半人前でも、いや半人前ならばこそ、無限回廊内で安全に歩けるのは、人間の意識で強固に形成したごく一部の領域だと教え込まれているはず。

「本当、面倒なことになったよね……」

 2頭の黒犬を撫でながら、眼帯の魔女は溜息を漏らした。

        §
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ