挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ワルプルギスガーデン 見習い魔女の探索行 作者:フジムラ

ワルプルギスガーデン

15/31

プールに行こう!

 聖ルヒエルでの探索を開始する。朱鷺乃ときのの聞き込みを元に調査すべき場所は、図書館とプール。

「まずはプールだな」
「何故ですの? 図書館の方が優先度が高そうですけど?」
「水場での怪異だったからな。何かあったら、一般の生徒の危険度が高いだろう?」

 昨日の英国庭園での出来事を聞かされていた朱鷺乃は、神妙な表情で頷く。

 冬には温水で使える室内プール。さすがお嬢様学校、不埒な輩が簡単に覗いたりできないよう、セキュリティが行き届いている。10本あるコースの6本は水泳部が練習に使い、残りは生徒が自由に使えるよう解放されているようだ。

 真剣な表情でタイムを計る水泳部員達。その脇では、初等部や中等部の子達が歓声を上げている。
 いいね。競泳水着とスクール水着、両方が一度に堪能できる。

「何が良いんですの?」
「何も言ってないだろ!?」

 危ない、知らないうちに思考が言葉で漏れていたか? 朱鷺乃は訝しげな表情を見せている。

「見学かな?」

 制服で来たのが目立ったのか、水泳部員が声を掛けてくる。

「はい。でも、わたし泳いだことがなくて……」
「最初は誰でもそうだよ。予備の水着があるから、顔を漬けるところから始めてみるといい」

 猫を被ったあたしを、微妙な表情で見る朱鷺乃。

「どういうつもりですの?」
「これだけ人がいるんだ。制服じゃ不自然だろ?」
「それはそうでしょうけど……」

 いそいそと水着に着替え、プールサイドに 戻る。ものみはプールから2m以内に近づこうとせず、朱鷺乃と共にこわごわ見学を続けている。あれは水が怖いのか、水面の反射を警戒しているのか。

「ほら、手を伸ばして」

 声を掛けてくれた水泳部員が、休憩時間を使い少し泳ぎを見てくれるという。
 ぱしゃぱしゃと水しぶきを上げ、ぎこちなく泳いで見せながら水中を伺う。しなやかに水をかく女生徒達の素足。艶やかな水着に包まれた、引き締まり滑らかな下腹部。息継ぎで顔を上げれば、目の前にぱつぱつの胸元。

「まーだーでーすーのー?」

 ダメだ、楽しすぎて本来の目的を忘れるところだった。水の中に怪しい影はない。英国庭園のように、天屍の羽根を取り込んでしまう生き物がいないから、まず何もないとは思っていた。第一危険があれば、こうやってプールを使っているはずがないじゃないか。

 こっちはただの怪談の類いだったか。名残惜しいが、そろそろ切り上げて次へ行かなければ。

「ぷぁッ。わたし、泳げるようになれますか?」
「うーん、選手は難しいかもしれないけど、泳ぐだけで良いなら、また練習付き合うよ」
「ありがとうございます!」

 プールサイドに上がると、朱鷺乃の姿がなかった。ものみは窓ガラス越しに午後の日差しを受けて、うとうとしている。

「朱鷺乃は?」
「ふあッ! えーっと、先に図書館調べに行くって」

 遊びすぎたか。手早く着替え、ものみを連れて図書館へ向かう。


 夏休みの昼下がり。少なくはない生徒達が、お行儀良く宿題に励んでいる。ここも一見怪しい気配は感じ取ることが出来ないが。

「なあ、派手な縦ロールの女見なかったか?」

 カウンターに座る眼鏡の少女に声を掛けると、ビクリと身をすくめた。

「今日は何? 縦ロールの次は金髪の外人? 忘れるわけないでしょ、見たわよさっき。2階に上がってったから」

 吹き抜けを見上げると、書棚と学習スペースが見える。

「ここには何か怪談話があるのか? 幽霊が出るとか聞いたけど」
「ああ、あれ。アレはただの勘違いよ」
「どういうことだ?」
「閉館作業始めて、まだ一人残ってるはずだと思ったらいないとか、施錠した後に館内で人の気配がするとか。勘違いでないなら、誰かが小細工して潜り込んでるんでしょうね。手間掛けて警報解除までやってんなら、本当にご苦労様って感じだけど」

 学園の図書館に、そこまでする価値のある本は収められていないと彼女は言う。

「人を喰う本とかって話は――」
「それこそ漫画か映画の話でしょ? 本の怪物と戦いながらのお勤めだってんなら、わたしは2年も図書委員続けてらんないわよ」

 身も蓋もないな! でも、実際はそんなところか。


 2階も見回り朱鷺乃を探す。トイレまで調べるも見付からない。行き違ったか? いや、階段はカウンターから見える位置にある。これが消える生徒ってやつじゃないか?

「ここ、トキノの匂いがする」

 くんくんと鼻を鳴らしていたものみが呟く。2階一番奥の書架の陰。郷土史や学園史などが収められた、人気ひとけ人気にんきも無い棚だ。見ると奥の壁に白いチョーク跡が残っている。幾何学模様と、文字らしきもの。

「門の跡か?」

 同じような物を何度か見たことがある。“門にして鍵”。特定の場所へのショートカットや、無限回廊と呼ばれる、何処にでも繋がる、何処でも無い場所への扉を作成する、呪印のようだ。まだ自分では作れないが、ありものを起動させることくらいはできる。なぞる形で呪印を描き、形成された扉を押し開ける。奥に続くのはまっすぐの廊下。

「どうやら当たりみたいだな」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ