挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
もし異世界で未来を観たなら 作者:Sue

第一章 『原点の未来』

2/24

第一章1  『迫り来る世界』

 


 ――太陽が眩しい。
 とにかく、眩しい。

 まだ目が慣れずに、うっすら細めながら鋭い双眸をぎょろぎょろと動かす。周りでこちらを白い目で見つめる人間達が、イツキの神経を微妙に逆撫でしていた。まあ、いくらイツキと言えどこんな大衆の前で暴れることはしない。
 いや、それよりも、

「……人間?」

 イツキを不躾に見やる人間の中には、まるで獣のような耳を生やした者、暑苦しそうな茶色の毛皮に包まれた者、桃色の鼻先を尖らせた者など、一概に人間とは形容しがたい二足歩行の生物も紛れている。
 しかも、何ら違和感なく周囲の群衆に溶け込んでいるのだ。

「ケモミミって……亜人、って奴なのかな」

 と、長年培ったゲーム知識によって仮説を立てる。
 まじまじと周囲を観察していると、当事者である亜人達は変質者でも見るかのように舌打ち、早歩きなど、実に動きは人間らしい。

「馬車に石畳……古代ローマ風、か? いや、でも服装は日本人的だったりと……いや、そもそも」

 道のど真ん中で、ぶつぶつと独り言を繰り返す青年――長めの黒髪にたれ目気味の吊り目。高校一年においては平均的な百七十五センチ、そしてサンダル、Tシャツと締まらない格好に身を包んだ男―――イツキは、眠たそうに息を付き、

「ここは、どこなんだろうか」

 と、三度目になる、結論にもならない結論を出したのだった。


 _______________________



「普通に考えて異世界召喚……だけど。多分夢、なんだろうな」

 流石に変に目立ちたくは無いなと思い、路地裏に入り込んだイツキ。
 それでも続行する独り言は、ゆらゆらと顔の横で振られる人差し指と共に行われる。

「徹夜しようと意気込んで、コンビニにiTunesカードを買いに行こうとドアを開けたのが最後の……元いた所での、記憶だけど」

 しかし、記憶が絶たれているわけではない。
 眠い目を擦りながら扉を開けたら、ふいに真っ白な光に包まれ――目を開けたら、ここに立っていたという訳で。

「あ、我が家の扉はどこでもドアだったのか。なんてこったい」

 野球野球うるさい猿人にいじめられた覚えもないし、おフランスを自慢してくる出っ歯とも会った覚えもないし、学力最底辺な自覚もないのだが。

「いそのー! 野球しようぜー! みたいな誘われ方すらされたことないしなあ。そもそも野球未経験だし。……一人で何言ってんだろ、俺」

 言いながら、目の前を通り過ぎていく竜の馬車――『竜車』なるものを見届けながら、

「ったく、現実味のある夢だな。……これが現実ならどうするよ? 確かにそれはテンション上がる。テンション上がるんだけど……けど! タイミングが最っ悪だ」

 意外にも、現実への受け止めが早いイツキ。
 そもそも、ここに来るまでは睡魔との世界大戦に勤しんでいたのだ。朧気な脳で、ここまで夢の内容を詳しく分析をしたことを評価して欲しい。
 故に、この状況に困惑することはあまりないのだが。

 それよりも、

「……どうやったら帰れるんだ」

 ――まずは、家に帰りたかった。

 イツキが家を出たのは、夜――正確には、日付が変わる直前に突然発表された、新しい有償アイテム実装の知らせがあったからだ。
 まさかよりによって、古いゲームにモチベーションが湧き始めたこの時に、異世界召喚の夢を見るなんて。
 取り敢えず奮発して、一万円を財布に突っ込んだのは記憶に新しいのだが、

「これ、使えんのかなあ……」

 と、皺くちゃになった日本紙幣を見つめる。ぐちゃぐちゃになった諭吉さんが、変な顔でこっちをじっと見つめていた。

「異世界なら、チート能力とハーレムできる女の子が付き物でしょ。それはどこだよ! それがない異世界なんて、いても意味が無いだろうがよ!! なんでこんな夢なんか見てんだ!!」

 と、一人で勝手にキレだすイツキ。
 もちろん、異世界と現実世界を行ったり来たり出来るなら別なのだが、今のところそのようなものは見つからない。早く覚めてくれ。課金したいんじゃ。

 ホノヤ・イツキは、特に争いもない平和な現代平成で生を受けた。焔矢とかいうチート勇者にいそうな苗字だが、十五年という人生にも特に変化は無い。まさに平々凡々。実に淡々と、のほほんとした生活を送ってきた。

 運動も普通。勉強は一応中高一貫校に通ってはいたが、学力も中盤。足の速さもまあまあで、少し秀でていることと言えば、父親の仕事の影響で興味を持った海外くらいだろうか。それ以外では文才も無い。まさにないない尽くしだ。
 恋愛関係と言えば、まあ無いわけではないが、色々と黒歴史。あまり触れないで欲しいものだ。

 ――なんと言うことでしょう。
 そんなイツキくんも今や不登校児。健康的な体で、しかし学力は高一の最初らへん止まりだ。
 きっかけと言われるきっかけは――無いことはない。本当に、小さなイザコザだった。たまたま父親が事故に遭い、それによる相手の言い分とそれを聞いたイツキの現実への反発。そして自然と校内で浮き、イツキは不登校へとまっしぐら。

 そして二次元の存在へ深入りし、今へ至るのだ。
 もちろん、様々なアニメやライトノベルは見漁った。
 しかし、イツキは根っからの現実主義。異世界に憧れはしても、実際にあるとも思っていない。
 亜人が目の前にいるのでそれを指摘されたらどうしようもないが。

「変な悪戯か俺の幻覚か……何にせよ末恐ろしい。けど、取り敢えず帰る方法を……」

 と、何とか結論を出したイツキは、背を預けていた壁から離れ、路地裏から出ようと首を出す。そのまま、きょろきょろと首だけを左右に動かした。
 変に怪しまれては困る。もっとも、その警戒も既に手遅れだとは思うが――、

「――――づぁッ!?」

 ――脳に爆発的な刺激が走るのは、それと同時だった。

「――だ……ッぁ……ッ!?」

 ふいに襲い来る、蟀谷と脳髄の辺りを電撃のように流れる激痛。それは断続的に訪れ、まるで雷に打たれ続けているような感覚すら覚えた。

 何かに、強制的に頭蓋を開けられ、素手で脳液と脳味噌をぐちゃぐちゃにかき混ぜられている。嫌な破裂音が耳道の中で響き渡り、鼻水と涎を垂らして、イツキは喘いだ。
 ――実際、何かがイツキの脳内に送り込まれているのだから。

「――これ、は……ぁッ!?」

 痛みは止まない。
 体は拒絶反応を示しているのに、流れくるそれはお構い無しで留まることを止めない。



 女、女だ。黒い髪を伸ばした、震えるほど美しい女がそこには立っていた。
 が、その美貌も壊れるほど、怒りに顔を歪ませていた。
 その先には、男もいた。制服のような衣装に身を包んだ、髪の長い若い青年だった。しかし清潔で、彼も何かに抵抗するかのように、口元を歪ませている。
 男は、髪の色だけが分からなかった。当然だ。その映像は、赤や緑などない白黒映像なのだから。

 何かが走る。閃光のような煌めきがそこには連鎖していて、その端の方で必死に何かを叫ぶ、また別の男の姿が――、



「―――ぁあッ!!」

 まるで古い無声映画のような映像を、断続的に脳が受信している。一斉に流れてくる情報量が莫大過ぎて、今にも脳がパンクしてしまいそうだった。
 それが終わるのと、頭の鈍痛が止まるのは同時だ。
 訳の分からない解放感と虚無感を得、ふらついた足取りで路地裏から中央の広い道へ体が投げ出される。

 冷や汗が止まらず、意識が朦朧とし始める。自分の不格好な姿などどうでもいい。今は、ただこの疲労感から抜け出したかった。
 周囲からの目線も気にならない。この訳の分からない痛みに、イツキは倒れるしかなかった。白目を向き、前のめりになって石畳の上に寝転がる。
 ざわつく群集達の声が、だんだんと遠のいていく。

 ――女、美しい女、黒髪、美しい、男、閃光、白黒、映像、清潔、青年、煌めき、走る、走る、走る。

 死にたくなるほど気持ちの悪い不快感を最後に覚え、イツキの意識は――ここで途絶える。
 今残せるのは、脳内を巡る数々のワード。それが何を意味するのか、今のイツキには分からない。

 異世界での、一日目の朝が始まろうとしていた。


2017 1/8
違和感の指摘を受けたので、イツキくんの異世界への順応と思考回路について気休め程度ですが改稿しておきました。
指摘があればいくらでも喜んで書き直しますので、感想欄でもTwitterでも宜しくお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ