挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
もし異世界で未来を観たなら 作者:Sue

第一章 『原点の未来』

1/25

プロローグ 『夢の始まり』





「―――」

 ――色、色を見た。

 色は視覚から入ったわけではなかった。脳内に直接、送られてきた信号のようなものだ。

 音も同時に聴こえた。それも、聴覚からではない。耳から感じ取ったものではないからだ。

 否。色や音ですら、無かったのかも知れない。ただ一つの映像が、断続的に脳内に直接入ってくる。
 それは、紛れもない――夢だ。

「―――! ―――!!」

 夢が、何かを語りかけてくる。

 夢が、何かを訴えかけている。

 夢が、何かを求めてきている。

「―――とう」

 『何か』が、やがて確かな音となり始めたのは突然だ。その声色はむず痒いような、暖かいオレンジ色を持っていた。

 声は穏やかに、そして甘やかに手を伸ばして、包み込もうとしてくる。

 それが堪らなく愛おしくて、こちらも手を伸ばそうとして――、

「――キ」

 何かが聞こえた気がして、トクン、と音が鳴った。

 苦しくなって、伸ばしていた手を咄嗟に引っ込めた。声は悲しそうにそれを眺め、諦めたように霧散していく。

 良かった。これで、苦しまずに済む。

 ――けれど、もっと聞いていたいなと、そうも思った。

「――――」 

 瞬間、また別の音が、次々と流れ始める。

「俺の――は、―――ニア!」

「イ―――、私の―――を、―――てぇッ!!」

「ま――――よ、――ヤ――――」

「わた―――し―――――資格が、―――」

「―――き。―ツ――」

 どれも複雑な感情が込められていて、溢れるように、滑り込むように、その意識の中へ入っていった。
 ただそれが、やっぱりなんか、大切で。けれど、苦しくて――。

「――――」

 直後、世界の崩壊が始まる。
 意識はその場にいることを否定され、仕方なく後ろを向いた。

 もうちょっと遠くに行ったら、またあの声に出会えるだろうか。
 そう、思いながら。


「―――死ぬ。無理。もう。嫌だ。怖い。もう。死ぬ。死ぬ。死ぬ。死ぬ、死ぬ、死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬぬぬぬぬ―――――」

 そんな、離そうとしても離れない、大嫌いなはずで大事だった感慨を境に、その意識は潰えた。


 _______________________



「―――ぉ」

 世界が晴れる。
 瞼の裏が光に焼かれていくのが分かり、急激なそれをゆっくりと慣らしながら、翳していた手を除けた。

 何度か瞬きを繰り返し、やがて繋がっていく輪郭。淡い世界に色が混じり、くっきりと分かれる。
 そして目の前に広がっていく世界に、空いた口が塞がらなかった。

「……どこだ、ここ?」

 確か俺は、ついさっき家を出ようとして、ドアノブに手を掛けたはずで。
 そもそも時間は深夜帯だった。今差しているのは朝の光。おかしい。矛盾が生じていた。

「……どこだ、ここお?」

 そしてもう一度、脳内を駆け巡るたった一言を、眠そうな顔で復唱。

 こうして、焔矢・樹――改めホノヤ・イツキは、異世界へと召喚された。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ