挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
吸血記録 作者:Haizi
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/18

第四幕 悲しい真実②

第四幕 悲しい真実②

 敦史は、砂亜羅に言うべきか迷っていた。
 聞きたいことは、たくさんあった。何故、職員室の前にいたのか…とか、本当に教室に向かったのか…など。
「はぁー…」
 敦史が、ため息をついて、肩をがっくりとおとした。
「おっす。どうしたんだ?ため息なんかついて…、後ろから見てて影背負ってたぞ」
 剛がいつの間にか隣にきていた。
「あ…剛、おはよう」
 暗い雰囲気を漂わす敦史に剛が、
「何かあったのか?俺にできることがあったら言ってくれよ」
 と、言った。すると、敦史が剛に変なことを言い出した。
「なぁ…。もし、お前の彼女が吸血鬼で、本人が気付いてなかったらどうする?」
 剛は驚いた。それは、敦史から見れば砂亜羅のこと、剛から見れば、妹のことなのだから…。
「えっ…それ、どういうことだよ」
 剛は敦史に言った。
 敦史は、下を見ながら、
「実は昨日の夜、教室に砂亜羅がいなかったんだ。教室の前まで行ったら、その教室から吸血鬼が出てきたんだ」
 敦史は続けた。「おかしいと思わないか?もし、砂亜羅じゃないとしても、なんで教室にいないんだ?忘れ物を取った後なら俺とぶつかるはずなのに!」
「お…おい。落ち着けよ」
「落ち着いてられるかよ!」
 その瞬間、剛は敦史の頬をたたいた。
「落ち着けって…。まだそうと決まったわけじゃ…」
 剛も言いながら、不安になってきた。

 その頃、砂亜羅たちの所でも、
「やっぱりこの学校おかしいって…」
「やっぱり?私もそう思う」
 と、話し始めていた。
「本当、不思議よね」
 飛鳥が言った。砂亜羅も、
「うん。昼間は全然いつもと変わらないのにね」
 と、同意している。
 昼休みに砂亜羅たちは、学校の入り口近くでフェンスに寄りかかってそんな話をしていた。
「よぉ。砂亜羅に飛鳥ちゃん」
 いきなりフェンスの向こう側から、剛と敦史が話しかけてきた。
 砂亜羅たちはびっくりして振り向いた。
「なんだぁ、お兄ちゃん達か。もう…びっくりさせないでよ」
 と、砂亜羅が言うと、
「本当。こんな時間に学校サボって何やってるんですか?」
 と、飛鳥も厳しい一言を言った。
「あっ…ちょっとさ…。砂亜羅に聞きたいことがあって…」
 敦史が、顔をのぞかせて言う。
 砂亜羅と飛鳥は、顔を見合わせ、わけのわからない様な顔をした。
「何?」
 気を取り直して砂亜羅が言った。
「あっ…いや…その…や、やっぱり後で話すから!」
 と、敦史が急に走り去った。
「あっ…おい、敦史!…悪い、またな!」
 そう言って走り去って行った剛と敦史を砂亜羅と飛鳥は、ただ唖然として見送った。
「何だったんだろうね」
 立ち尽くしたままの飛鳥が言った。
「後で話すって言ってたから…ま、いっか」
 そう言いながら砂亜羅たちは教室に戻っていった。

 放課後、砂亜羅が家に帰ると、敦史の靴があった。
 砂亜羅は、階段を上がり剛の部屋のドアをノックした。
「お兄ちゃん、入るよ」
 そう言って、砂亜羅は部屋の中に入った。
「あ…お帰り」
 どこか重苦しい雰囲気の漂う部屋で二人は言った。
「ねぇ、昼間言ってたのって何?」
 砂亜羅が座った。すると、ドキッとして敦史は下を向いた。
 剛が、砂亜羅に向かって、
「砂亜羅…お前、もしかしたら吸血鬼かもしれない…」
 と、言った。
「はぁ?何それ」
 と、冗談じみた声で砂亜羅が返す。身を乗り出して、顔を覗き込む。剛の顔は、真剣な顔だった。
「えっ?や…やだなぁ、本気で言ってるの?」
 砂亜羅は、最近の途切れた記憶を胸に半信半疑になってきた。
 敦史は、昨日の学校でのことを話した。
 砂亜羅を追ってすぐに走り出したこと、そこで吸血鬼に会ったこと、教室に居るはずなのに居なかったこと、など起きたことの全てを…。
「う…そ…。じゃぁあの時、職員室の前にいたことも、事務の先生も、教頭先生も…。全部、私が殺したって言うの?」
「あぁ…たぶん」
「嘘…でしょ?何でそんなこと言うの?」
 泣き出しそうな砂亜羅に敦史が手を近づけると、「やだ!」
 と、手を払い除けて、部屋を走り出て行った。自分の部屋に入って内側からドアを抑えた。
「砂亜羅!聞いてくれ!」
 部屋の前で、敦史が言った。
「俺だって信じたくない…だけど、砂亜羅が教室に行ったと言うなら、お前は消えたことになる。…どう考えても、あの距離と場所からじゃ、俺に会わないわけないんだ」
 たかが板一枚の距離でも、返事はなかった。
 砂亜羅は、頭を抱えて座り込み、ただその悲しみと敦史にした八つ当たりに、とめどなく涙を流していた。
――本当は、わかっていたのかもしれない。心の奥の方で…。だって、ほら、背中に出てきた痣も薄黒く、そして今にも翼が生えて飛んでいきそうになるんだもの…――
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ