挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ゆきだるま

作者:銀子
 ある雪の降る日、僕は作られた。家の前に、小さな男の子の手によって。

「出来た! 完成だ!」

 男の子は背伸びをして、僕の頭にバケツを乗せてくれた。僕より、少し小さい男の子。僕は、こうしてこの子に命を吹き込まれた。小さな男の子の小さい手によって。

「君の名前はまる! まるから! 宜しくね!」

 男の子は僕に名前を付け、にっこりと微笑んだ。まる、いい名前だね。これから、少しの間だけどよろしくね。
 その日の夜、また雪が降った。太陽が出ていなければ、僕はここにいられる。せっかく作ってもらったんだ。もう少しここにいたい。きっと、あの子は朝になると僕に会いに来てくれると思うんだ。

「おはよう! 良かった! まだ溶けてない!」

 ほらね。男の子は来てくれた。こうして一緒にいられるね。

「でも、何かあれだね。まる、1人じゃ寂しいね」

 男の子は、うーんと考え込んだ。確かに寒い夜の日、1人でいるのは寂しい。でも、君がいれば僕はそれでいいんだよ。もし、僕が動けて君とおしゃべり出来たら、僕は君にお礼が言いたいんだ。僕を作ってくれて、ありがとうって。一緒に遊んでくれてありがとうって。何回言っても言い足りないさ。

「んしょ、んしょ」

 男の子は僕の隣に、僕より少し小さい雪玉を置いた。また、直ぐにどこかから雪をかき集め、今度は頭を作っている。

「今作っているのは君の弟だよ」

 転がしてきた雪玉を僕の隣の雪玉に乗せた。小さい僕の弟。僕に弟が出来た。何だかちょっぴり嬉しいね。

「これで、まるは寂しくないね」

 男の子はそう言ってにっこりと笑った。
 男の子は僕の弟にゆきと名付けた。男の子がいない時は、僕はゆきとおしゃべりした。ゆきは生まれたばかりなのに、しっかりした子で、僕よりも大人びていた。

「人間はどうして僕達を作るんだろう。溶けると知っているのに」

 ゆきはそう言った。確かにゆきの言う通り、僕達は何日も持たずに溶けてしまう。それでも、僕は作ってもらえて嬉しい。作ってもらえなかったら、僕はこうして自分をもてなかったし、男の子にもゆきにも会えなかった。それだけでも、じゅうぶんなんだ。でも、ゆきは違うのかな。
 男の子は毎日会いに来てくれた。崩れてしまうと、雪を貼り付け、直してくれる。だけど、僕より小さいゆきは日に日に小さくなっていく。いくらこう、毎日寒くたって僕達は少しずつ溶けて行くんだ。そんな中、男の子は僕の隣に今度はゆきよりも小さい妹を作ってくれた。

「名前は、小さいからこゆきだよ。まると、ゆきの妹だよ」

 男の子はそう言って笑う。僕も家族が増えると嬉しい。でも、ある夜のことだ。僕達はいつも通りそこにいた。いつもと違うのは、男の子の家の前を酔っ払いの男の人が通ったんだ。ふらふらしていて、見ていて危なっかしい。

「うぃ~、ったくよー。俺はちゃんとやってるっつーの!」

 ふらふらと歩く男の人。男の人は僕達に気づいた。

「おー? 雪だるまかー?」

 男の人は僕達に近づいた。僕は祈っていた。どうか何もされませんようにと。でも、その祈りは届かなかった。

「あぁ!? 何見てんだよ!」

 男の人はこゆきを蹴り飛ばした。小さなこゆきはそれに耐えられず、頭が胴体から落ちた。僕もゆきも声をかけたけど、こゆきは返事をしなかった。僕達は妹の死を悲しんだ。
 朝、男の子はこゆきが壊されていたことに気づき、ワンワンと泣いた。大粒の涙が雪の上に落ちるのを僕は眺めていた。
 晴れた日が続くようになった。ゆきは限界が来ていた。男の子が必死で直すが、間に合わなかった。ゆきはついに溶けてしまった。男の子はまたワンワンと泣いた。僕は1人になった。

「またすぐに作ってあげるからね」

 男の子は涙を拭い、そう言ったけど、雪だるまを作るのには雪が足りなかった。あれから雪も降らずに溶けていく一方だ。きっと、僕も時間の問題だろう。僕は、男の子にさよならと言った。ありがとうと言った。届いたかな、僕の気持ち。
 僕が溶けて、男の子が泣いたかどうかは、僕にはわからなかった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ