挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
学校1のゲーマーと学校1の天才が迷い混んだ生き残るためには勉強が必要な世界 作者:サブローム狼

第2章 この世界よりも戦いが多い学校

14/39

第13話 高速の生徒 4

運動場につくと、まだ、二人の戦いは、続いているようだった。みると他のメンバーたちもそれの観戦をしている。
相変わらず、アボの攻撃をひたすら避けていくモル。そしてチラッとこちらを見た。その様子から、こちらがフラッグを取ることを失敗したことを知ったようだった。
ただ何か変な違和感を感じる。その正体がいったいなんなのかはわからないが、こちらが不利になりそうな何かだ。
しかし、まあ。アボは速い。メイラで慣れていたと思っていたが、メイラより少し遅いくらいで普通の人からしたら十分速い。

「いったいどんなステータスなんだ?」

その独り言のような声に対して、パスカルは一枚の紙を渡してきた。そこにはあぼのステータスが書かれていた。

アボガドロ

国語 324
数学 162
英語 192
社会 150
理科 98
合計 926

……あら? そんなに高くないな。なんでだ?

素早さは516。メイラの半分にも及ばない。なぜ、あんなにも早く感じたんだ?
次々と疑問がわいてくる。しかし解決の糸口は見つからない。いったいなんなのだろう。この感じは。
そのとき、モルがアボのスピードに追い付けていないことにきづいた。違和感の正体はこれだ。
いや、まてよ。と言うことはまさか……
その時突然、アボがしゃべった。

「楽しかったですよ。モルさん。 でもそろそろおわりにしましょうか」

そう言うと、次の瞬間、アボのスピードが2倍にはね上がった。その瞬間の速度は明らかに、メイラを超えていた。
そのままモルの背中に貼っておいたフラッグを取ると、恐ろしいほどの砂ぼこりをあげて、停止した。

「僕の勝ちのようですね」

アボはそう呟くと教室に戻っていった。
みると、モルはまだ腑に落ちないようだった。

「なぜ、負けたのでしょうか。 コピーはしっかりできていたはずなのですが」

モルが話しかけてくる。ここで、僕が気づいたことをモルにすべて話した。
まず、アボの素早さのステータスはめいらの半分にも達していなかったこと。そして、コピーしたモルのスピードはアボに及んでいなかったこと。そして、ラスト一瞬、メイラを超える速さを出したこと。

「これらから明らかになることはただひとつ」

「そういうタイプのスキルを持っているということですね」

先に言わないで欲しかったなぁ……。

「ああ」

そんな会話をしていると、後ろからパスカルが話しかけてきた。

「そう。彼の持ってるスキルは『加速』。自分の素早さを自在に変えることができる。もちろん、速くしすぎるとすぐにSPが切れてしまうから、あんまりたくさんは使えないらしいんだけど」

『加速』か。皆それぞれ個人のスキルを持ってるけど、どれも有能なのが多いな。モルのコピーだってうまく使えばかなり強いし。僕が個人のスキルを手に入れたらどんなのになるんだろうか。まあ、そのためにはレベルをあげていかなければならないんだけど。

「そろそろ講義が始まるわ。行きましょう」

パスカルがそう話した瞬間だった。町の広場の方で何やら大きな音がした。

「……何?」

学校の生徒たちもよく理解できず、校庭に居るものはその音のした方を、校内にいる生徒は、窓から顔を乗り出して見ていた。
そのとき放送が流れた。

『皆さん。 危険ですので体育館、または大講義室に急いで避難してください。繰り返します――』

校内放送が流れ続ける。校庭にいた多くの生徒は体育館に、校内にいた生徒は大講義室に避難したようだった。僕たちも無事、体育館に避難すること後できた。
しかし、いったい広場の方で何が……



――――町の広場――――

二人の小柄な男たちは、広場で兵士と闘っていた。闘っていた? いやそうではなかった。ただ単に、兵士の虐殺ショーのようなものだった。

「あれ? にぃちゃん。 こいつ動かなくなったよ」

みぜんが一人の兵士の頭をつかんで持ち上げる。

「それは死んだっていうことかな。 汚いから捨てとこう」

イゼンがそう言うと、ミゼンはその兵士を他の兵士めがけて投げ飛ばした。兵士は簡単にその兵士を受け止めた。

「お、おい! 大丈夫か!? 」

「う、うーん。 何とか……」

投げ飛ばされた兵士たちが会話をする。

「あれ? 生きてたじゃないか。 もったいないことをするなよ」

「ごめんよ。にぃちゃん」

「でも、まずいね。ギルドの旅人たちも集まってきたみたいだね。已に囲まれてるみたいだけど」

「にぃちゃん。にぃちゃん。未だに逃げる方法はいくらでもあるよ」

「そうだな。 取り合えず、兵士たちは皆殺しだ♪」

この町に配置されている兵士はせいぜい20人ほど。これくらいの規模の町になると100人を越えていてもおかしくはないのだが、この町には国にとって大事な機関を配置しておらず、魔物も攻めてくることがないため、この人数で抑えられているのだ。
残った兵士たち、約10人が剣を構える。次の瞬間、いぜんは不適に笑うと姿を消した。そして、すぐに3人の兵士の首が飛んだ。

「クスクス。まだやるのかな? 子供たちが集まりそうな場所を教えてくれたら、助けてあげようかな」

イゼンは兵士たちに語りかける。するとこのまちの兵士長が一歩前に出た。

「そんなこと教えられるか! 市民の安全は俺たちが護るのだ!」

「ふーん。 君はこの町に命を懸けるのか……。でも、皆が皆そうって訳じゃないよね」

すると、一人の兵士がイゼンに向かって歩いていく。

「子供たちが集まるなら学校がいいと思います」

「なっ!」

兵士長が驚く。

「うーん。さすがだね。それでこそ人間だね。でも、僕は人間が嫌いなんだ。特定の人以外には興味がわかないからなぁ」

「いったいそれはどういう――」

次の瞬間、子供の居場所を教えた兵士の首がずれ落ちた。

「うん。いい感じだな。 よし、学校いくか」

「にぃちゃん。にぃちゃん。こっちも、旅人の始末はあらかたできたよ」

みると、広場の回りには兵士長と兵士が5人ほど、そして、市民、なんとか耐えた旅人ぐらいしか居なくなっていた。

「き、 貴様ら悪魔か……」

「悪魔? それは魔類と言うことかな? 違うよ。あんな野蛮な生物と一緒にしないでほしいな」

「そうそう。じゃあいこうか、にぃちゃん」

「そうだね」

二人は学校の方に向かって歩き始めた。 残された兵士たちは追うこともせず、ただただその背中をずっと見つめていた。







+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ