挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

果てしなく阿呆な物語 <秘境の湯>

「もうすぐ、冬休みだね」
 悪友が言った。
「ん? そうだけど?」
 奴の意図を汲みかねて、俺は曖昧な返事をする。
「スキー、行かね?」
 冬だしな。
「いいんじゃない?」
「女の子も誘ってさ」
 そういうわけかい!
 と、内心、突っ込みはしたものの、断る理由などあるはずもない。俺が同意すると、行動力ある悪友は、あちこちに声を掛け、気づけば数人が集まっていた。その中には、俺的に可愛い子リストナンバーワンの彼女が、いる。
 ナイスだ、悪友。
 机の上には、奴が集めた旅行会社のパンフレットが並んでいる。
「どこがいい?」
「安いとこ」
 見も蓋もない、俺。現実主義と言ってくれ。
 皆でパンフレットをぺらぺらめくり、好き勝手に候補を挙げていく。
「あ、ここ!」
 俺の脇で、彼女が嬉しそうに可愛い声を上げた。
 彼女は温泉自慢の宿を指差していた。でっかい岩に雪に覆われた露天風呂。『秘境の湯』と書かれている。どのへんが秘境なのか、いまいちピンと来ないけど。
 だがしかし。
 問題は、そこではない。
 露天風呂だ……。
 露天風呂だ――。
 露天風呂だ!!!
 湯煙の中の彼女。
 ほんのり桜色の肌。
 見たい。
 見たい。見たい。
 いや、見ちゃまずいだろう。
 そんな、俺の心の葛藤をよそに(いや、葛藤が伝わってもまずいんだが)、彼女は尚も嬉しそうに続ける。
「この温泉、お猿さんが見られるんだって」
 目がきらきらしている。
 どのへんがポイントなのか俺には分からないけれど、つられて俺も温泉に浸かる猿をイメージしてみた。
 猿が温泉に浸かる。
 まぁ、あるよな。そういう写真、見たことあるし。
「きっと、可愛いよね。一緒に入れるのかな?」
「いや、それは無理なんじゃない」
 あ、現実的なことを言ってしまった。せっかく、彼女が楽しそうなのに。
「えー」
 案の定、彼女は不満顔。慌てて俺は言い繕う。
「ほら、野性の猿って、結構、危険だからさ。万が一、お客さんが怪我でもしたら宿の人は困るじゃん。だから、宿の風呂には猿が入れないようになっているんじゃないかなぁー、と」
「そっかー」
 残念そうだが納得する彼女。ごめんね、君の夢を壊して。
 しかし。
「じゃあさ、お猿さんだけが入れるお風呂なら、どこか近くにあるかな?」
 まだ、諦めきれないらしい。
「うん、そうかもね」
 このへんは曖昧に答えておこう。
「そうなると、お猿さんを脅かしちゃいけないから、気づかれないように、息を殺して、そーっと見ないと駄目だよね? 『お猿さんのお風呂です。そっと、ご覧下さい』って感じに看板があったりして……」
 そっと、ご覧下さい?
 板壁の隙間から、猿の入浴シーンを覗く自分の姿をリアルに想像してみた。
 ………………。
 ごめんなさい。
 俺はまだ、人間としての尊厳を捨てたくありません。
 許してください。

 結局、彼女ご推薦の宿は却下された。
 猿のせいではなく、お値段の都合で、だけど。

 追記
 『猿の見られる温泉』は、温泉に浸かっている猿を見ることが出来るわけではなく、裏山に猿が住み着いているから、運がよければ宿から猿を見ることが出来るかもしれない、という意味だったらしい。
 分かりやすく書けよ、パンフレットの広告係。
半分くらい実話です。
あまりにも阿呆らしい会話だったので、脚色して文章にしてみました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ