挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

0p小説は砂漠であり、愉快な旅でもある

作者:岬林 守
 ここは、砂漠。
 100万人以上いるはずが、なぜか閑散としている。
 人々はポイントや感想の水を求めてさ迷い続ける。
 小説家になろうという砂漠。


 オアシスはある。
 何百何千と集まるオアシスは、人々で賑わい活気に溢れている。
 なろう砂漠では、皆がそこに集められる。
 大きく豊かになっていく。


 だが、その豊かさは、水を求める人の所に届かない。
 はっきり見えるが届くことはほとんどない。
 透明で高い絶壁があるから。


 よじ登ろうと書く人、周りに目もくれずにひたすら書く人、絶壁やオアシスを見てボーとする人。
 千差万別だが、沢山の人が足掻いた後、動くことを辞める。
 作者が来ない未完の亡骸だけが残る。亡骸すら残らないときもある。


 0pの亡骸は沢山あるが、探そうとしないと、見つからない。
 やっと見つけた亡骸に、感想の水をかける。
 墓石に水をかける気分。
 何故もっと早く水をかけてあげられなかったのだろう。


 凄く面白いと思った亡骸に、レビューの雨を降らせる。
 しかし、去った魂は簡単には戻ってこない。水が来た事すら気付けない。




 だが、私は0pの砂漠を旅する。感想の水を撒く。


 0pだからこそ、なろうではまだうけない、見られない、素晴らしい景色との出会いが、いっぱいあるから。

 0pの作者様の心からの喜びが、砂漠で渇ききった私の心を満たしてくれる、何よりも美味しい水であるから。

 0pの未開の地を踏む時、私の心が魚がかかった時の釣糸のように張り詰めて、大きく揺れ動かされるから。



 0pの砂漠に水を撒き、芽が生えて、やがて大森林となり
 全ての作者様がもっと楽しんで書けるなろうになる。最高の道しるべがあるから。



 そして何より
 今後どうなるか分からない、0pの砂漠を
 作品と共に旅をする、この面白さが堪らない。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ