挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

アムリタ

作者:水桜紫苑
夢から醒めた私
朝の光を浴びてもなお
怖い色に心閉ざされて
まだ目を開けずにいる

カーテンを開けて映る光景
水たまりの上にのる花びら
それはまるでわたしのよう
脆い心は弱さを吐き出して

今から生まれてくる思い出を
消してしまいたい
未来なんてただ慰める
言葉なんでしょ

私の心を見てほしい
それは何色か教えてくれるなら
君の傍にいたいんだ
わがままな私が私を
嫌いにならないように

夢から醒めてもなお
どこにも行けない体は
どこへでも行ける翼を求めて
それでもまだ消えない心

言葉の裏よりもその純粋な目で
何も見えないことを望んで
あるがままの姿は
継ぎ接ぎのように見えて

波に溺れてしまった私は
どこへ連れていかれる
縛った鎖はまだ何も
助けてはくれないの

夢の中へ

咲いた、裂いた、喉で、喉で
歌う、詠う、声は、声は
誰も、誰も、知らない、知らない
君も、君も、知らない、知らない

咲いた、裂いた、喉で、喉で
歌う、詠う、声は、声は
誰も、誰も、知らない、知らない
君も、君も、知らない、知らない

今から生まれてくる思い出を
消してしまいたい
未来なんてただ慰める
言葉なんでしょ

私の心を見てほしい
それは何色か教えてくれるなら
君の傍にいたいんだ
わがままな私が私を
嫌いにならないように

夢から醒めた私
朝の光を浴びてもなお
怖い色に瞳閉ざされて
まだ見つからない心
 この作品でしばらくお休みして、次の作品を書けるようにします。最近書きまくっていましたが、投稿した後読み返してみると同じようなことを表現を変えてやっていることに気付いたためです。今度は幸せな、どこにでも行ける作品を書けたらな、と思います。嘆いているような作品を書きまくっていてすみませんw むしゃくしゃしているときに詩は書きますので(一種の作品にしているときは別ですが)。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ