挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

小さいがいっぱいの短編集

小さい王子様

作者:夕凪すてら
微弱な寝息が、手に伝わる。

「ねたくないねたくない。せんせいのおてつだいしたいっ!」

男の子は、寝る直前まで駄々をこねていた。
でも、それが嘘かのようにいまはぐっすりと眠っている。

私を慕ってくれる男の子。

片付けや荷物運びをしている私に、

「せんせいは、おんなのこなんだから。ここは、おとこのこのボクにまかせて」

と率先して、力仕事を手伝ってくれる。
それはまるで困ったお姫様を助ける優しい王子様!

でも、小さい身体には荷が重くて、悔しそうに私の背中を見つめる。
落ち込む姿も愛らしい。

手伝うといいだしてくれたことが嬉しくて、ついつい甘やかしてしまう。
普段からいい子だから、なおさら。

――センセー、自慢の園児!

いまはまだ心身ともに未熟な小さい王子様だけど、これからの成長が楽しみで仕方がない。

男の子はどんな大人になるのだろう。
あどけない表情で周囲の女の子を魅力する可愛い系男子?
それとも――

男の子の成長を間近で見守れる。
それがセンセーとしての喜び。

願わくば、大きな王子様になった姿も見てみたい。

そう思わせる、可愛らしい寝顔だった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ