挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

郵便局員さん、ごめんなさい。

作者:支援BIS
ただの実話です。
 つい先ほどのことである。
 自転車で、郵便局に行った。
 振り込み一件、入金三件の用事をすませ、同じく自転車で帰宅した。
 机の前に座ると、紙袋から荷物を取り出し、整理した。
 振り込みの控えは、棚の引き出しに入れた。
 請求書の封筒はゴミ箱に捨てた。
 通帳はしかるべき場所にしまった。
 財布は、机の横の引き出しにしまった。
 文庫本の小説は、机の横のほうに片付けた。
 『新春歌会(酔いどれ小藤次留書)』だ。
 待ち時間に読もうと思って持って行ったのだが、運よく、ほとんど待ち時間がなかったため、読もうと思っていた部分が読めなかった。あとで読むことにする。
 そして、紙袋を片付けた。
 机の上に、ボールペンが一本残った。
 ライトグリーンと白のツートンカラーのボールペンだ。
「あれ? こんなボールペン、持ってたっけ?」
 不思議に思って手に取ると、名前の朱印を押した紙が、セロテープで几帳面に貼り付けてある。
 そして、その名前は私の名前ではない。赤の他人の姓なのである。
「うわっ! やっちまった」
 そういえば、今日は自分のボールペンを持って行かなかったので、振り込みの用紙に書き込みをするとき、局員の人の説明を受けながら、その人のボールペンを借りて記入した覚えがある。
 借りたまま持って帰ってしまったのだ。
 よく考えてみると、振り込みの用紙に記入したあと、入金の用紙に記入したときには、郵便局のカウンターに備え付けてあるボールペンを使った。その時点では、すでに、このツートンカラーのボールペンを、紙袋にしまい込んでいたのだろう。
「なんてこった」
 私の狼狽は、それにとどまらなかった。
 見覚えがあるのだ。その名前に。
 震える手で、机の右端に置いたペン立てをまさぐり、目的のものを探し当てる。
「……これだ」
 それは一本のボールペンだ。
 真っ黒いボールペンで、とても書きやすい。
 そしてそのボールペンにも、判子を押した紙がセロテープで几帳面に貼り付けてある。
 同じだ。
 二つのボールペンの判子は、名前も書体も、少し左に傾いた角度さえ、まったく同じだ。
 黒いボールペンは、何か月も前から、私の机の上のペン立てに入っている。いつ、どこから持って帰ってしまったのかわからず、したがって返しに行くこともできず、ずっとペン立てに入ったままだったボールペンだ。
 だが、今日わかった。
 この黒いボールペンは、郵便局員さんの物だったのだ。
 しかも、なんということだろう。
 私は、二度にわたって、同じ人物のボールペンを窃盗してしまったのである。
 走った。
 自転車で郵便局に走った。
 炎天下に猛スピードで走った。
 郵便局のなかに飛び込んで、つつつと目的のカウンターに進んだが、先ほど利用した窓口はクローズドになっていている。
「あの。そこの窓口の○○さんは、休憩ですか?」
 と隣の窓口で尋ねると、そうだという。
 私は事情を説明し、二本のボールペンを手渡すと、へこへことおじぎを繰り返してから、逃げるように郵便局を去った。
 そして今、机の前に座っている。
 もう、ペンケースに名前の貼ったボールペンを見るたびに、罪の意識にさいなまれることはないだろう。
 それはいいのだが、もしかしたら、今後郵便局に行くたびに、このことを思い出すかもしれない。
 郵便局員さん、ごめんなさい。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ