挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

絵をかく少女

作者:天満
ある小さな町に、美しい少女がいました。
少女は絵をかくことがとてもとても好きでした。

ある日のことです。不思議なことがおこりました。
少女がカンバスにかいたことりが、絵から飛び出して空へ逃げてしまったのです。
この話はすぐに町じゅうに広まりました。

「話はほんとうなのだろうか」
町中の人が少女の家の前に集ってきました。
「ほんとうだ」「うそだ」「ほんとうだ」「うそにきまっている」
声はだんだん大きくなり、けんかがはじまってしまいました。

少女はとても悲しくなりました。
「どうすれば、けんかをとめられるのかしら」
考えて、考えて、そして。
町中の人の前で、少女は一枚の絵をかきました。
それは、七色にかがやく、とてもきれいな花でした。
花はカンバスの中で次から次へと咲き、やがてカンバスから溢れ出しました。

けんかをしていた人たちは、いつのまにかけんかをやめていました。
花がほんとうにほんとうにきれいだったからです。
小さな町はあっというまに花でいっぱいになりました。
そして、笑顔でいっぱいになりました。

「もっともっと、みんなを笑顔にできないかしら」
少女はかんがえました。
「おなかをへらしている人には、やわらかいパンを。
さむくてふるえている人には、あたたかい服を」
少女は、貧しい人のために絵をかくようになりました。
お金のある人は、少女のために絵をかく道具をもってくるようになりました。
お金のない人は、少女のほどこしに元気をもらい、がんばれるようになりました。


話は広まり、ついに王様の耳にとどきました。
ほしいものはなんでもほしがる王様です。
みんなが大好きな少女のところへ、みんなが大嫌いな王様がやってきました。
きらきらしたふくをきた王様は、ふんぞりかえって少女に言いました。
「宝石をたくさんかけ」
「できません」
「黄金をたくさんかけ」
「できません」
「なぜできないのだ」
「わたしは、貧しい人のためにしか、絵をかきません」
王様はひどくおこりました。
「わしの言うことがきけないのか。
その娘をつれていけ」
町中の人が王様をとめようとしました。
王様はけらいに命令しました。
「わしにさからうやつは、みんなつかまえろ。」

笑顔でいっぱいだった町の人たちが、王様につかまるなんて。少女は王様にたのみました。
「わたしは王様についていきます。だから、町の人をつかまえるのはやめてください」
少女がついてくるとわかって、王様は嬉しくなりました。
町の人のことなどすっかりわすれて、王様は少女をつれて町からさっていきました。

お城に帰った王様は、城の中の高い塔に少女をとじこめました。
「さあ、わしのために絵をかくのだ。
そうだな、まずは宝石がいい」
「わかりました」
少女は王様の前で絵をかきはじめました。
大きな大きな、山の絵です。山は、水晶でできていました。
「おお、これはすごい。いつできあがるのだ」
わくわくしながら、王様がききました。少女はこたえました。
「王様、絵の具があればもっとはやくできあがります。たくさんの絵の具をもってきてくれませんか」
「よし、わかった」
はやく水晶の山をてにいれたい王様は、けらいに絵の具をもってくるよう命令しました。
けらいはすぐに、たくさんの絵の具をもってきました。
「王様、まだたりません」
「どのくらいあればいいのだ」
「もっとたくさんです」
王様は、またけらいに命令しました。けらいはすぐに、もっとたくさんの絵の具をもってきました。
「王様、まだたりません」
「どのくらいあればいいのだ」
「もっともっとたくさんです」
「よし、わかった。わしも絵の具をとりにいこう」
まちきれない王様は、ついにけらいといっしょに、もっともっとたくさんの絵の具をとりにいくことにしました。

高い塔から王様と王様のけらいがいなくなると、少女はかいていた水晶の山の絵をいそいでかきあげました。そして、窓から下へえいっとなげました。
水晶の山はすぐにほんものの山になりました。山はどんどん大きくなり、少女のいる高い塔のまわりは谷になりました。高い塔からみえていた王様のすがたが、どんどん遠くなっていきます。あっというまに、高い塔のまわりは、だれもはいってこられないような山奥になりました。

山奥にとりのこされてしまった王様は、もう少女に絵をかかせるどころではありませんでした。つまづいて、ころんで、ぼろぼろになりながら、やっとのことで山から出ることができました。
こうして、少女は王様をこらしめることができたのでした。
けれども、冷たい水晶にかこまれた、山奥の高い塔の中で、少女はひとりぼっちになってしまいました。

「わたしが絵をかかなければ、こんなことにはならなかったのに」
少女はすわりこんで、しくしくとなき出してしまいました。
涙は石の床までながれ、小さなみずたまりをつくりました。

と、とつぜん、キィキィというこえがきこえてきました。
「あんたのせいじゃないさ。あんたはいままで、たくさんのひとをたすけてきたじゃないか」
びっくりして、少女はききかえしました。
「あなたは、だれ?」
「ねずみさ」
なんと、ねずみのかたちをしたみずたまりが、床からとび出したのでした。
「かんたんさ。あんたがいままでしてきたように、じぶんでじぶんをたすけたらいい」
たかいとうにはたくさんの絵の具がありました。
「そうとも。たいせつなのは、つかいかたをまちがえないことさ。あんたはよくわかっているだろう」
なみだがかわいて、ねずみはきえていきました。
「ありがとう、ねずみさん」
ほほにのこっていた涙をふいて、少女はたちあがりました。

「ちいさなだんろを、ひとつだけ。」
だんろの絵がかきあがると、くらくてじめじめしていた塔の中が、ぱっとあかるく、あたたかくなりました。

だんろのあかりの中、少女はもういちまい、絵をかきはじめました。
剣と盾をもった、騎士の絵でした。
「みんなをまもってくれる、騎士といっしょに、町へかえるのよ」
高い塔にはたくさんの絵の具がありました。
「大きな、強そうな剣がいいわ。それと、炎にもまけない盾」


絵がかきあがったとき、騎士は少女を高い塔から助けだしてくれることでしょう。


挿絵(By みてみん)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ