挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

この駄文からの卒業。

作者:如月十九
夫 「どうだった、今日の授業参観」
妻 「私の服が一番安物だったわ」


妻 「どうでした、今日の授業参観」
夫 「さすが俺の息子だ」
妻 「まあ、そんなによかったんですか」
夫 「ああ。担任の先生がとびきり美人だった」


夫 「どうだった、今日の授業参観」
妻 「うちの息子はとてもまじめで優秀だったわ」
夫 「そうか、それはよかった」
妻 「ええ。だって先生が話している最中、ずっと黙ってうなずいていたんですもの」


妻 「どうでした、今日の授業参観」
夫 「だめだな、うちの息子は」
妻 「まあ、何かあったんですか」
夫 「何ひとつ面白いことを言わなかった」
妻 「あなたは自分の息子に何を期待しているんですか」


父  「どうだった、今日の授業参観」
母  「この子ったら、すごく張り切ってたわ」
父  「そうか。よっぽど嬉しかったんだな」
息子 「うん! だってみんなのお母さんすごくキレイだったんだ!」


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ