挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ホンネとタテマエ-Innocent Style-

作者:癸 那音
 気がめいる。
 担任の渡貫わたぬき先生がニヤニヤと話をする時は、いつも嫌な予感がする。

「えー、最近、不審者が出没しています」

 たしかに、そういう話を聞く。

「そこで、今朝の会議で決まったことなんですが」

 急に、悪寒がした。

「うちのクラスには男女が15名ずついますね」

 まさか。

「そこで、男子は女子を家まで送っていってあげましょう。
 幸い席も隣どうしになってるから、男子は、隣の女子を送っていくように」

 真っ先に抗議したのは、岩沢。

「せんせー、部活は!? 部活はどうなるんだよ!!」

「安心しろ、この騒ぎでしばらく部活は休みだ」

 サッカー部の岩沢の表情からは、嬉しさと残念さがにじみ出ていた。

「他に質問ある人ー。なければ、終わります」

 そういって渡貫先生は、級長の私に目配せした。急かすように。

『キーンコーンカーンコーン』

 岩沢にとっては地獄を告げるチャイムが鳴った。




「ぉい、ブスッ!!」
 よりによって、隣の男子がこいつだもんな。
「聞いてんのかよ、ブスッ!! 小島っ!!」
「最初から名前で呼びなさいよ」
「うるせー、ブスをブスって言ってなにが悪い!!」
 このやりとり、こいつは飽きないのかな。
「で、ブス、おまえの家どっちだよ」
「な、なに興奮してるの?」
「こ、コーフンしてねーよ」
「してるじゃない!! 気持ち悪い」
 ちょっと言いすぎたかな。
「ごめん」
 え? 謝った?
 あの岩沢が?
「やめてよ、そんなしおらしいの、岩沢らしくない」
 え?
 どうして私は今、こんなことを言ったの?
「え?」
 あーもう、岩沢も不思議に思ってる!!
 私のバカ!!
「しおらしい、ってどういう意味?」
 岩沢のほうがバカだった!!
「自分で調べなさい、バカ」
「なんだと、ブスッ!!」
「ブスブス言って面白いの? 幼稚ね」
「なんだと、おまえの為にわざわざ一緒に帰ってやるってのに」
「じゃあ、はやく送っていってよ」
「……案内しろよ」



「あれ、今のとこ、左でよかったのかよ」
「うん」



「おい、まだ着かねーのかよ」
「うん」



「ここ、さっきも通ったぞ」
「知ってるよ。わざとだもん」
「は? ふざけんじゃねー」
「岩沢って、鈍感ね」
「なんだと?」
「なによ」



「ここがおまえの家か」
「うん」
「あ、明日!!」
「?」
「明日の朝、迎えに来てやるよ、ブスッ!!」





「ありがと」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ