挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

誓い-Aprilfool Style-

作者:癸 那音
「ねぇ、ケン」
「どうしたの、ユウ?」
「あの、さ。……怒らないで、聞いてね」
「どうしたんだよ」
「………。やっぱり、いいや」
「なんだよ、言えよ」
「怒らない?」
「聞かなきゃわかんない」
「あのね……」
「……」
「好きな人が、できたの」
「――!? 俺の他に、ってこと?」
「うん……」
「だってっ!!」
 思わず言葉に詰まる。
「だって、誓っただろ!!? 一生俺のことを愛すって」
「………ごめん」
「本気、なのか?」
「……うん」
「じゃぁ、もういいよ!! 勝手にしろっ」
 俺はユウをおいて走り出した。





 情けねー。
 ガキみてぇじゃねーか――。






 消してしまおう。
 俺はじっくり悩んで、そう決めた。
 ユウとの思い出は、なにもかも。
 メールも、ボイスも、通話記録も、連絡先も、けがれのない残像も。
 忘れろ。忘れてしまえば楽になるから。

 ケータイを手に取った瞬間、俺の名前を呼ぶ声がした。
 まさにそのケータイからだ。
『ケンー!!』
 ――ユウから専用の着ボイス。
 正直、うれしかった。
「はい」
「あ、ケン!! よかった、でてくれたっ!!」
「どうしたんだよ、今更」
「ケンが本気にするもんだから、僕、焦っちゃったよ」
「は? 本気?」
「うん。もちろん、嘘に決まってるじゃん」
「バカ、なんでそんな嘘つくんだよ」
「びっくりさせようと思って」
「だから、なんでわざわざ」
「だって」
 ユウがあきれたように言った。
「今日はエイプリルフールじゃん」
「えっ!? 今日?」
「うん」
「それならそうと、早く言えよ」
「それに、ケンのほかに誰かを好きになる訳ないじゃん!! 本気でそう思ったの!?」
「だって、ユウには幸せになってほしいし……」
「ありがと。でも、誓ったでしょ? 一生ケンを愛すって」
 ユウは今、どんな表情をしてるのかな。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ