挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

悪役霊場

作者:咲子
「王子どうしました!?」
王子様が男爵令嬢と共にこちらにやって来た
「公爵令嬢私は、この男爵令嬢と結婚したいお前との婚約は破棄する」
「え…」
王子が私突き飛ばした。

そして………今私は、霊場にいる。
何者かが放った炎の中に私達はいた。王様たちは先に脱出したあと炎で退路をたたれそうだと王子が素早く私を突き飛ばしたということだ

最後に王子は泣き微笑んで「さようなら我が愛しの君」といった

火災の犯人はまだわからない

そして私はきずけなかった私の従来の勝ち誇った表情に

私は今結婚式をあげているとなりには、私の従者が…

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ