挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ロロル

作者:湖城マコト
「またロロルか」

 最近、7歳の妹の様子がおかしい。
 学校から帰って来ると、赤い色鉛筆を使って画用紙にカタカナで、「ロロル」と書き始めるのだ。
 言葉の意味は分からない。小さな子供のやっていることだし、そもそも意味なんて無いのかもしれない。
 子供のお遊びと言えばそこまでだけど、妹の「ロロル」に対する執着は異常だ。
 今だって、画用紙は妹の書いた大量の「ロロル」の文字で埋め尽くされ、真っ赤に染まっている。

「そんなにたくさん『ロロル』と書いて、どうするんだい?」

 一心不乱に「ロロル」と書き続ける妹に、思い切って尋ねてみた。
 兄として、妹に起こった異常を見過ごすわけにはいかない。

「後でママにあげるの」

 妹は手を止め、画用紙を裏返した。白の面積の方が多い裏面には、中央に大きく黒字で、「ママへ」と記されていた。

「何でこれを母さんに?」
「ママが嫌いだから」
「……ああ」

 心当たりはあった。
 数日前、妹は母さんに小さな失敗を咎められ、こっぴどく叱られてしまった。
 母さんは癇癪かんしゃく持ちのきらいがあり、些細なことでもすぐに激怒する。僕や父さんも、何度怒られたか分からない。
 子供ながらに理不尽さを感じたのだろう。母さんに叱られた直後、妹は父さんの書斎に駆け込み、数時間引きこもった。
 父さんの説得で書斎からは出て来たけど……その翌日から、妹は画用紙に「ロロル」と書き始めた。

 妹の言葉を聞いた今なら何となく理解出来る。「ロロル」で埋め尽くされた画用紙は妹なりの、母さんに対する細やか反抗ということなのだろう。

「ところで、『ロロル』というのは、どういう意味なんだい?」
「パパの真似」
「父さんの?」
「うん。前にパパのお部屋で、これを見つけたの」

 そう言って妹は、シールや缶バッチを収納している銀色の缶ケースから、しわくちゃになった和紙のような紙を取り出し、僕へと手渡した。

 この前というと、妹が父さんの書斎へ引きこもった時のことだろうか?
 しかし、妹は父さんの真似だと言っていたけど、そもそも父さんは何故、「ロロル」なんて文字を?

 そんなことを考えながら、しわくちゃの紙を開いてみると――

「うわあああ!」

 驚きのあまり、紙を手放してしまった。
 これは確かに父さんの字だ、母さんの名前もしっかりと記されている。
 だけど、これは……。

「ほら、パパも『ロロル』って書いてるでしょう」

 紙に書いてあったのは、「ロロル」ではなかった。

 大量の「呪」という字だ。



 了
執筆しながら「ロロル」がゲシュタルト崩壊してしまいました。
恐らく、「ロロル」という字を大量に書くのは、これが最初で最後だと思います(笑)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ