挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

短編版 死に戻りの聖機士

作者:羽田遼亮
ファンタジー+ロボット+ループものです。

 死ぬと時間が巻き戻る、と気がついたのは、敵の巨人の一撃を受けたときだった。

 戦場で巨大な棍棒を振り落とされた瞬間、自分は死ぬと思ったし、実際に死んだはずだった。

 ユークスは人型巨大兵器、竜騎兵(ドラグーン)を駆る聖機士ではなかったし、魔法が使える魔術師でもない。

 全長10メートルの巨人の一撃を受けて生きていられるほどタフではなかった。

 しかしそれでもユークスは、呼吸をし、汗をかいている。

 横にいる同僚に尋ねる。

「今日は何月何日だ?」

 同僚の男はつまらなそうに言う。

「9月28日だよ」

「何年の?」

「聖歴954年だが?」

 男はそう言うと、そんなことよりも俺の冗談を聞いてくれよ、傑作を思いついたんだ、と顔をほころばせた。


「あるとき、男がペンギンを拾ったんだ。

 男は困って友人に相談した。

 なあ、ゲオルグ、ペンギンを拾ったんだけどどうすればいいと思う?

 男の友人は答えた。

 そんなのは動物園にでも連れて行けばいいだろう。

 翌日、ゲオルグは男がまだペンギンを連れているのを見かけた。

 ゲオルグは尋ねる。

 おい、ジョルジュ、ペンギンは動物園に連れて行かなかったのかい?」


 同僚はここで一呼吸間を置く、この男はジョークのオチを言うとき、必ず間を置くのだ。

 ヨアヒムはこのつまらない冗談のオチを言おうとしたが、ユークスはそれをさえぎる。

 同僚に代わり、ジョークのオチを言う。


「――ジョルジュはこう言ったんだろう。ああ、もちろん、行ったよ。だから今日は遊園地にでも連れて行ってやろうと思ってね」


 ユークスがそう言うと、同僚は目を丸くする。

「このジョーク、前に話したっけ?」

「いや、聞いてない。それにそのジョークは君が昨日考えついたオリジナルのものだ。だから本日、初めてお目見えしたんだよ」

 ユークスはそう言い切ると、同僚の肩を叩き、こう伝えた。

「いいか、ヨアヒム。君は今日、激戦区におもむくが、決して突出しないこと。途中、君の持っているライフルの弾が尽きる。そのとき、敵のガーゴイルが襲いかかってくるが、冷静に対処するんだ。そうすれば死なない、はず――、だから」

 ユークスの真剣な表情が説得力を持たせたのだろうか。

 冗談好きの同僚ヨアヒムは、
「お、おう」
 と首を縦に振った。

 ユークスはそれに満足すると、自分の持っているライフルの弾を渡した。

「ヨアヒム、君にはこれを渡そう」

「おいおい、これは大切な銃の弾じゃないか。これがないと戦えないぞ」

「いや、いいんだ。僕には必要ないものだからね」

「なんだ、戦場で自殺でもするつもりなのか?」

「まさか。そんな趣味はないよ」

「なら戦闘を放棄するつもりか、敵前逃亡はたとえ貴族でも銃殺だぞ」

「平民の僕は拷問もされるかな」

 そう漏らすと、僕は遠方にそびえ立つ、巨大な物体を指さした。


 人型巨大兵器、竜騎兵(ドラグーン)だ。


 古代遺跡から発掘された古代人が作った人の姿をもした機体。

 幻獣に対抗できる唯一の兵器。

 これがなければ、我がトリスタン王国はすでに幻獣に滅ぼされていたに違いない。

 ドラグーンに乗ることができるのは、特別な才能を持ったものか、貴族に限られる。

 ドラグーンは乗り手を選ぶのだ。

 ドラグーンの操縦は複雑にして怪奇、その操縦には天才的なセンスか相当量の訓練がいる。

 そのどちらもない人間は、騎乗を許されない。

 まずは貴族階級から搭乗者が選抜され、その中でもドラグーンの操者に適応性あり、と判断されたものだけが乗ることを許されるのだ。

 ドラグーンは幻獣に対抗できる唯一の兵器であったし、その数は限られる。操縦者を選りすぐるのは当然の措置だった。

 ユークスはヨアヒムにだけ話す。

「あそこにあるドラグーン。あのドラグーンは戦闘中に被弾する。操縦席の開閉部がこじ開けられて、パイロットが巨人に握り潰されるんだ」

「なんだって? なんでそんなことが分かるんだ?」

「100回ほどその光景を見てきたからね」

「100回? 光景を見る?」

 何を言っているんだ? ヨアヒムは狂人でも見るような目でユークスを見てきたが、気にせず続ける。

 なかば自分に言い聞かせるように説明する。

「僕はこの戦場で100回死んだ。それで悟ったことがある。生身の身体では絶対に戦場で生き残れない、ということ」

「…………」

 ヨアヒムは沈黙する。

「この戦場で生き残るには、あのドラグーンに乗るしかない。あのドラグーンに乗り込み、幻獣どもを駆逐するしか、この戦闘で生き残れない」

「…………」

「ヨアヒム、君には僕の()れ言が虚言(きょげん)のように聞こえるかもしれないが、これは真実なんだ。僕は数時間後、あのドラグーンに乗り込み、幻獣どもと戦う」

 ユークスの荒唐無稽な言葉を信じてくれたのだろうか。

 ヨアヒムは頭をかきながらこう言ってくれた。

「学のない俺にはよく分からないし、お前が何をやろうとしているのかも想像もつかないが、俺はこう言うしかないな」

 ヨアヒムはそう言うと手を差し出してきた。

「戦場から帰ってきたら、また、俺の詰まらないジョークを聞いてくれ。俺のジョークに笑ってくれるのはお前だけなんだ」

 ユークスはその手を握り返す。力強く。

 彼がこの戦場で生き残れるよう神に祈りを捧げながら、ユークスは戦場へ向かった。



 ユークスの所属する第15歩兵団は、歩兵を中心に組織された軍隊である。

 歩兵、つまりライフルや剣で武装した人間をもって、巨大な幻獣と戦わせるのだ。

 まともな思考を持つものの判断ではなかったし、狂気の沙汰ではないが、それでも多くの人間が参加していた。

 幻獣には意思がない。

 ただ、彼らは人間を殺すことしか興味がないように殺戮をおこなう。

 女も子供も関係なく、彼らは人間を手にかける。

 まるでその種をこの地上から抹殺しようとしているかのように無慈悲に人間を殺す。

 ならば勝てないと分かってはいても、男たちは銃を取るしかなかった。剣を握るしかなかった。

 徴兵可能な年齢になると、男は招集され、戦場に立たされる。

 全長10メートル近い巨人や、炎を吐くドラゴン、 有翼の悪魔。

 神話の中にしか存在しなかったはずの化け物どもが、群れをなして襲ってくる。

 兵士たちは無駄だと分かっても、武器を取り、化け物に抵抗した。

 一説では、C級の幻獣一体殺すのに、10人の完全武装の兵がいるといわれている。

 ちなみに一度に現れる幻獣の数は、多いときには1000。

 今回の襲撃も、1000をくだらない数の幻獣が、このトリスタン王国に攻め寄せていた。

 第15歩兵団は幻獣の第一波を抑える役目を任させた、というわけである。

 ちなみに兵団の数は5000。ドラグーンの数は3機。

 幻獣の数は1000である。

 まずまともに戦っても勝てない数であるが、後方に待機しているドラグーンが援軍にやってきてくれるはずだ。

 その数は20と聞く。

 一流のドラグーン乗りは一体で数百の幻獣を殺すことも可能なので、彼らがやってくるまで持ちこたえれば勝てる、そう上層部は計算しているのだろう。

 その間、第15歩兵団の奮闘を祈る、とは、兵団長の言葉であったが、彼の悲壮感ただよう演説を聴く限り、自分たちは捨て石にされたのだろうな、と誰もが気がついていた。

 しかし、それでも第15歩兵団の連中は必死で戦った。

 幻獣に負けれればこの国は終わる。
 家族が皆殺しにされる。
 逃亡してもそれは同じだ。

 ならば巨大なガーゴイルが現れても、彼らは死ぬ気で戦うしかなかった。

 ユークスは彼らがライフルに弾を込め、剣を片手に突撃を繰り返す中、必死で戦場を駆け抜けていた。

「危ない!」

 後方からそんな言葉が聞こえる。
 その言葉を聞くまでもなく、回避動作に入る。

 ユークスはその時間、その場所に、巨大な石が投げつけられるのを知っていた。

 遙か前方にいる巨人が投げた石がそこに着弾することを知っていたのだ。

 逆にユークスは後方にいる仲間にその場所から離れた方がいい、そうアドバイスをしたかったが、それはできなかった。

 20回前に死んだとき、そのアドバイスをしても無駄だと悟ったからだ。

 案の定、彼らはドラゴンの炎を浴び、火だるまになっていた。

 何度も見ているが、その光景にはなれない。人が焼ける匂いもたまったものではなかったが、それでもユークスはそれらを無視しながら、目的の場所へと向かった。

 道中、E級の幻獣。ゴブリンやオークもいたが、それらは剣で斬り殺していく。

 最小限の動作で。

 ユークスは彼らがどのように動き、どのような行動を取るのか、知っていた。

 彼らにも何度も殺されたからだ。

 どのオークが司令官なのか、どのゴブリンが懐に毒の吹き矢を忍ばせているのか、ユークスは熟知していた。

 だから、それらを回避しつつ、どうすれば生き残れるのか、それだけを考えながら、その場所に向かった。


 そこにおもむくと、見上げんばかりの巨人がいた。タイタンだ。

 神話の中だけにしか存在しなかった化け物は、ドラグーンと呼ばれる人型兵器と対峙していた。

 ドラグーンは片手剣と盾を装備している。

 片手剣と行っても巨大兵器の片手剣だ。その全長は5メートルはある。もはや鉄塊だ。

 盾にはガドリング砲がはめられ、それを発射し、タイタンの肉をえぐっていたが、それでもドラグーンの方が劣勢であった。

 タイタンはB級の幻獣。その実力はドラグーン並であったし、またその数も多すぎた。

 真っ白いドラグーンは、ガドリング砲でタイタンどもを射殺し、その白い機体を赤く染め上げた。

 片手剣で次々とタイタンを刺し殺していったが、数の暴力の前にはどうしようもなかった。

 一体のタイタンに羽交い締めにされると、操縦席の開閉部を無理矢理こじ開けられた。

 なんという膂力(りょりょく)であろうか。

 ドラグーンの装甲は、鋼よりも固かったが、操縦席を開けられてはどうしようもならない。

 乗っていたパイロットはタイタンに捕まれると、そのまま握り潰された。

 タイタンの手から真っ赤な鮮血がこぼれ落ちる。
 その光景を見たのはすでに30回目だった。

 何度見てもなれるものではないが、目を背けることはなかった。

 以前、目を背け得たとき、タイタンの存在に気がつかず、死んでしまったからだ。

 ユークスはこちらに気がついたタイタンの棍棒の一撃をかわす。

 かわす、といってもその棍棒は巨大で高速だ。
 なんとか避けるので手一杯だった。
 あたりに砂塵が舞う。

 ユークスはそれで視界が不良になったのを利用すると、敵のタイタンの前まで近づいた。

 ドラグーンの操縦者を殺したタイタンの足に剣を突き刺す。

 深々と。

 タイタンは苦痛のためか咆哮を上げるが、その口にめがけ、手榴弾を投げ込む。

 弾の角度、着火時間、すべて適切だった。
 すでに何度も試しているからだ。

 完全なタイミングで手榴弾がタイタンの口に入るとそのまま爆発した。

 B級の幻獣を一兵士が殺す。

 上層部の人間が見たら、驚愕し、トリスタン王国十字勲章を授与されることは間違いないであろうが、そのようなことを話しても誰も信じてはくれないだろう。

 なので功績を誇ることなく、ユークスはそのままドラグーンの操縦席へと向かった。

 そこには鮮血に染まった操縦席が残されていた。
 血の匂いは気にならなかった。すでにかぎなれていたし、何度も見てきた光景だ。

 軽く前の操縦者に黙祷を捧げる。

 操縦席に乗り込むと、操縦席の室内が光り出す。誰かが乗れば点灯する仕組みになっているようだ。

 そして流麗な女性の声が響き渡る。

「異分子が当機に搭乗しました。当機はあらかじめ登録された人間、もしくはパスコードを知っている人間しか搭乗することはできません」

 このドラグーンに憑依している精霊は、そう言ってユークスを拒んだ。

 無論、そんなことは知っている。

 このドラグーンに乗り込んだのは20回目だ。1回目からその質問は受けたし、5回目には先ほど死んだドラグーンの操縦者から死の間際、パスコードを聞き出しことに成功している。

 ユークスは、このドラグーンの憑依している精霊マルムの質問を待つ。

 彼女は問うてきた。

「コーヒーには何を入れる?」

 ユークスはよどみなく答える。

「練乳を大さじ一杯、それに蜂蜜を隠し味で」

 その答えを聞いたマルムは、機械的な返答をした。

「認証に成功しました。貴方をこのドラグーン、ファブニール702式の操縦者として認めます」

「それはありがたいことだ」

 ユークスはそう漏らす。その台詞はすでに何十回も言っていた。

 何十回も言ったということは、何十回も死んだということである。

(――できれば死に戻りというやつはこれで最後にして貰いたいものだ)

 ユークスはドラグーンの操縦レバーを握りしめると心の底からそう願った。



 ユークスは選ばれたものしか乗りこなせないといわれていたドラグーンを見事に乗りこなしていた。
 ――とはいえない。

 ドラグーンのに乗るのは20回目だが、まともに動かせたのは10回に満たない。

 その10回で、なんとかドラグーンを歩行させることと、武器の扱い方を最低限覚えただけだった。

 ユークスは開閉された操縦席から周囲を眺める。
 周囲にはまだタイタンが何匹か残っていた。

 彼らは操縦者が代わり、ドラグーンが再び動き始めたことに気がついたのだろう。歩兵団に向かうのをやめ、こちらに向かってきた。

 その歩調は遅いが、歩幅はある。すぐにこちらにやってくるだろう。

 ユークスは、シールド・ガドリング・ガンを狙い定めると、彼らに向かって発射した。

 ガドリング砲から放たれた銃弾は、次々とタイタンに突き刺さり、彼らを肉塊に変えていった。

 その威力は凄まじく、これさえあれば幻獣どもが何千匹やってこようとも戦えるような気がしたが、それは錯覚だった。

 視界にメーターが映る。ユークスはそれがガドリング砲の残弾数だと知っていた。

 この調子で撃ち放てば、十数秒後には残弾がゼロになるだろう。

 実弾兵器の悲しい宿命だった。

 ただ、その宿命を背負うしかない。嘆いたところで弾数が復活するわけではないからだ。

 精霊のマルムは尋ねてくる。

「ええと――」

 と声がよどんでいるのは操縦席に乗っている男の名を知らないからであろう。

 彼女の困惑を解消してやる。

「僕の名はユークスだ。姓はない。平民だからな」

「すると貴方様はドラグーンに乗るのは初めてなのですか?」

「いいや、20回目だ。20回、君に乗った。20回、君と話した」

「――理解不能。情報のログをあさってもユークス様の個人情報は一度も記録されていません」

「そりゃそうだ。この記念すべき100回目の死に戻りでは君に乗るのは初めてなのだから」

「100回目……ですか? さらに理解不能。マルムの情報処理能力の限界を超えています」

「君はなにも考えてなくていい。ともかく、僕はまだ20回しかドラグーンを操縦したことがないんだ。だから君はサポートに徹してくれ」

「了解しました。それではサポートに徹しさせて貰います」

「聞き分けが良くて助かる」

「それがマルムの取り柄ですから」

 ですが、と彼女は続ける。

「ユークス様は20回しかドラグーンに乗ってらっしゃらないのに、まるで熟練兵のような動きをされるのですね」

「前回、乗ったとき、君は同じ台詞を発した。その答えについてはこう返すしかない。20回も命懸けの戦闘をこなせば、誰だってこれくらい動かせるようになる」

「いいえ、そんなことはありません。ユークス様は正式な訓練を受けたドラグーンの操車の生還率を知っていますか?」

「8割くらいか?」

「7割です。しかし、それは熟練兵も含めての数値。こと新兵に限れば、その生還率は2割強です」

「素晴らしい統計だな。今のとこ僕の生還率はゼロだ」

「是非とも今回は生きて生還をして貰いたいです。マルムは破壊されたくありませんから」

「そうか。是非とも一緒に生還したいが、君を生かすにはどうすればいいんだ? 操縦席を破壊されたら君も死ぬのか?」

「答えはYESです。この操縦席の奥には精霊石と呼ばれる核があります。操縦席を破壊されればマルムの人格は消えます」

「ならば操縦者と精霊は一蓮托生というわけか」

「YESです。マイマスター。なので是非、無事帰還して欲しいものです」

 彼女はそう言うと、ガドリングの残弾が尽きたことを教えてくれた。

「あとはもう剣で戦うしかないのか」

 ユークスはそう言うと、シールド・ガドリング・ガンを切り離し、片手剣を両手に持ち替えた。

 この方が身軽に動ける、と経験上知っていたからだ。

 ユークスは襲いかかってくるガーゴイルをそれで一刀のもとに斬り伏せる。

 ガーゴイルは真っ二つになると消え去る。
 幻獣はその名にふさわしく、死ぬと消える。

 まるで実体さえなかったかのようにこの世から消え去るのだ。

 幻獣は異界から召喚された悪魔だ、というのが兵士たちの間で流布されている噂だった。

 他にも神が人間のおごりを矯正(きょうせい)するために送った堕天使のなれの果て、とか。

 宇宙から攻めてきた異星人という説もあった。

 どの説が正しいのか、興味があったが、このドラグーンの精霊マルムはその答えを知っているのだろうか?

 興味はあったが、尋ねなかった。
 今は生き残ることだけしか頭にない。
 彼女に問いたいのは、もっと現実的なことだった。

「この戦闘が始まったのは1週間前の正午。そろそろ他のドラグーン兵団が援軍に駆けつけてくれていると今朝、兵団長の演説で聞いたが、それは本当か?」

「答えはYESです、マイマスター。なにか重大なトラブルがなければ、20体のドラグーンが戦場に到達し、この戦局を打開してくれるでしょう」

「そいつはありがたい。では、あと、数時間生き残ればいいんだな」

「はい。しかし、その口調ですと、マイマスターはまだ援軍が到達する光景を見たことがないのですか? 無論、これはマスターが本当に『死に戻り』ができるという前提ですが」

「……ないな。残念ながら」

 歩兵として戦場駆け抜けること30回、敵前逃亡をすること10回、どれも上手くいかず死亡ルートまっしぐらだった。

 なんとかドラグーンに乗ることを思いつき、それに成功し、今、この戦場に立っているが、ここからは未知の領域だった。

 前回のルートでは、操縦席から振り落とされ、タイタンの棍棒で殺されるという未来が待っていた。

 それは回避する自信があったが、その後、どうなるか、そこからは未知数だった。

 そう悩んでいると、マルムは助け船を出してくれた。

「マイマスター。援軍はおそらく西部からやってきます。このまま西部の方に向かって切り込む、というのはどうでしょうか?」

「……その情報は初耳だな」

 たしかに西から味方がやってくるのならば、そちらの方に斬り込む、というのは定石だろう。そう思ったが、その作戦には欠点もあるような気がした。

「今は戦線がぐだぐだで、西も東もない状況だが、僕が兵士だったとき、西に逃げたら、督戦隊に射殺された。西に向かうということは、敵前逃亡、と取られることにならないか?」

 ユークスの危惧をマルムは一瞬で解決してくれる。

「ドラグーンは貴重です。また、その操縦者には連隊長と同じ権限が与えられています。戦況が不利ならば撤退することも許されています」

「なんだ。なら戦わなくていいのか」

「いえ、それは駄目です。戦場で何もしなければ、戦後、ログを解析されて、機士道失格の烙印を押され、軍事裁判にかけられるでしょう」

「それはまた面倒だな」

「しかし、マイマスターはすでにこの戦場で八面六臂(はちめんろっぴ)の大活躍をしています。マルムとしてはこのまま撤退を勧めます」

 ただ、と続ける。

「たしかにマイマスターは戦場の勇者ですが、それでも話を聞く限り、もしもこの戦場から無事帰れても、その未来は明るくないかもしれませんが」

 どういうことだ? とは尋ねなかった。

 生き残るためとはいえ、ユークスは歩兵としての責任を放棄し、勝手にドラグーンに乗り込み戦っているのだ。戦後、軍令違反に問われる可能性は大であった。

 いや、確実に違反者として軍法会議にかけられるだろう。

 ――ただ、それでもこの戦場で何度も死ぬよりはましだった。

 ユークスは天国に行くことさえ許されない。ここで死ねば、ヨアヒムのつまらないジョークをまた聞かされるだけだった。

 あのスタート地点に戻るだけだった。

 ならば少しでも確率が高い方、未来がある方に賭けるしかなかった。

 鋼鉄の機体を西方に向ける。

 すでに戦線などあってないようなもので、そこにも大量の幻獣たちがいたが、ユークスはそちらに向かってドラグーンを移動させた。

 次々と襲いかかる幻獣たち。

 巨人に竜、巨大な昆虫などもいたが、ドラグーンの片手剣は次々に化け物どもを斬り伏せていった。
 ただ、それも数時間限定だった。

 ドラグーンの持っていた片手剣は、ぽきり、と根元から折れた。どんな名刀もいつか折れるのは宿命だった。それは歩兵用の剣も一緒だったし、ドラグーンのものも変わらない。

「畜生、僕はまた死ぬのか」

 そう諦観(ていかん)した。

 あと何度死に戻れば、この馬鹿げた運命の輪から脱出できるのだろうか。

 そんなことを考えながら、緩慢な死を待ったが、100回目のループは今までと違う結果になった。

 死を覚悟し、敵のタイタンや竜に囲まれたそのとき、彼らを駆逐してくれる存在が現れたのだ。

 ファブニール702式の操縦席にドラゴンの牙が迫ったが、ドラゴンの牙はユークスの身体には届かなかった。代わりにドラゴンは咆哮を上げる。

 このままでは食われる。そう思った瞬間、鈍色(にびいろ)の鋼の塊が、ドラゴンを串刺しにしたのだ。

 その鉄の塊が、味方、それも増援のドラグーンの槍だと分かったとき、ユークスは思わずこう漏らした。

「なんとか101回目の死に戻りだけは回避できたようだ」

 ユークスは文字通り、一息つくことができたのである。

 その後、ユークスは味方とともに幻獣を反撃を加えると、そのまま後退し、後方基地へ向かった。


 これがのちに『不死の英雄』と呼ばれることになるユークスの初陣である。

 ユークスが倒した幻獣の数は50以上。その中にはB級の幻獣も多く含まれる。
 タイタンだけでも8体、ドラゴンは3体撃破した。

 その戦果は、初陣としてはかの天才聖機士エル・モルヘイヘを遙かにしのぐものであった。
 
現在、連載版も掲載中です。短編ともども、応援よろしくお願いします。
『聖機士は死に戻りで運命を切りひらく 【連載版】』

本作の長期連載版となります。

こちらもブックマークしていただけると嬉しいです

http://ncode.syosetu.com/n2613ee//

↑上記URLをクリックすると読むことができます。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ