挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

お昼の放送はラジオ部におまかせ!

作者:黒猫時計
葦ヶ崎高校一年生の黒鳥俊輔が所属するラジオ部は、毎週水曜日に昼休みを使ってラジオ放送をしている。しかし部を名乗ってはいるけれど、正式にはまだ同好会だった。部員があと一人足らず、顧問もいない。果たしてラジオ部は正式な部に昇格出来るのだろうか……
※オブラートに包んだ下ネタが散見されるかと思いますので、苦手な方はご注意くださいませ。
※カクヨムにも投げてます。
プロローグ
0
2016/04/13 21:41
Take1 ラジオ……同好会
01
2016/04/13 22:51
02
2016/04/14 08:00
03
2016/04/14 12:00
Take2 顧問
01
2016/04/14 16:00
02
2016/04/14 18:00
Take3 初ラジオ
01
2016/04/14 21:00
02
2016/04/15 08:00
03
2016/04/15 12:00
04
2016/04/15 18:00
Take4 デート?
01
2016/04/15 21:00
02
2016/04/16 08:00
Take5 ゲスト回
01
2016/04/16 12:00
02
2016/04/16 18:00
03
2016/04/16 21:00
Take6 ラジオ部!
01
2016/04/16 23:00
cont_access.php?citi_cont_id=5056795&siz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

やる気が無いから仕方ない(仮)《旧題:やる気なし生徒の適当譚》

魔法が世間一般に広まっている世界に、1人の少年がいた。 「ーーーもう帰っていいですか?」 特にやりたいこともなく、ただただ怠惰に過ごしたい少年、柊 悠人は育て//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/30 00:19
彼と彼女の千文字会話

土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめて、なんでもない言葉を交わす――それが彼と彼女の日課だった。特に待ち合わせることもなく、二人は毎日そこで会い、今日//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全1753部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 11:02
部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ

【1話完結。連作短編。どこから読んでもOKです!】中学二年生の僕は、厨二病まっさかりのお年頃。ネットを巡回しては、怪しげな知識を集めて喜んでいる。そんな僕が所属//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全262部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 20:08
家賃1万円風呂共用幽霊付き駅まで縮地2回

アパートで幽霊の少女と同居を始めるところから始まるラブコメディです。 平凡(仮)な主人公が変人要素高めな少女達に囲まれるギャグ成分濃い目なハーレムものでもありま//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全42部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/22 15:25
↑ページトップへ