挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ミクロの波の揺り籠

作者:若松ユウ
――あたためるのは食べ物だけじゃない
大型連休中のある日、前の家から持ってきた古い電子レンジが壊れてしまった。
鍋やフライパンで調理できなくはないものの、やっぱり無いと不便なもの。
新しく買うべきかと財布と相談していたところ、商店街の福引きで最新式の電子レンジが当たる。
ただ、この電子レンジには、一つだけ、不思議な機能が備わっていた。
#000「シングルマザー」
2017/02/07 12:00
#001「お留守番坊や」
2017/02/14 12:00
#002「機械ヲタク」
2017/02/21 12:00
#003「怪しい男」
2017/02/28 12:00
#004「赤い英雄」
2017/03/07 12:00
#005「忘れん坊」
2017/03/14 12:00
#006「ふうけもん」
2017/03/21 12:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ