挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

吾輩は神である

作者:D
 吾輩は神である。名前はまだない。
 もっとも、まだ、という言い方は正確ではない。眼下の虫けらどもは吾輩のことをアラーとか呼んでいるのかもしれないが、本当の名を奴らが知ることは絶対にないからだ。
 目の前には吾輩が塵から創造した世界がある。現在、世界は夜の帳に覆われていて中の様子はよく分からない。手を触れる。小さく音を立てて世界が揺れた。地震だといって中では大騒ぎになったかもしれない。
 それにしても、天地創造の苦労がどれほどのものであったかは如何とも表現しがたい。
 六日間かけて、塵を集め、雨を降らせ、昼と夜を作り、生命を込めた。七日目はさすがに休ませてもらった。
 以来、歴史は着実に進んでいる。そのすべてを観察し、記録するのが神たる吾輩の役目である。
 歴史が進んだとはいえ、吾輩の世界はまだまだ原始的なものであり、そこには理性と言えるようなものは存在しない。社会体制としては王政が敷かれているが、王には民を守ろうという意思はまったくないようだ。民が身を粉にして働き、王はそれにおぶさってぬくぬくと生活している。民の側にも、自分たちが収奪されているという意識はない。知らぬが仏、とはよく言ったものだ。

 夜の帳を剥ぎ取る。そこでは戦争が繰り広げられていた。これまでは小競り合いに留まっていた二国の諍いが全面戦争に発展していた。腹を刺され、仲間に運ばれるものがいる。毒を盛られ、倒れ苦しむものがいる。
 戦況は、一方的だった。東側の大国が西側の小国に攻め入っている。小国は防戦さえままならない。国が荒らされていく。兵も民もなかった。女子供も容赦なく殺されていった。
 小国の蓄えた富が略奪される。小国の王は肝心な時に何の役にも立たなかった。ただ自室で震えて何かを待っていた。実際にやってきたのは大国の兵で、王はその兵たちにあっさりと殺された。王の屍骸が運ばれていく。小国の民はそれを見て戦意を失った。大国の兵は抵抗しなくなった民を好都合とばかりに次々と殺していった。
 嗚呼。声を出さずにはいられなかった。これが吾輩の創造した世界かと思うと情けなかった。恐ろしかった。腹立たしかった。
 いっそのこと滅ぼしてやろうか。何度も考えたがどうにか思い止まった。吾輩は神である。神たる者そう簡単に世界に干渉してはならない。神の雷はそう簡単に落としていいものではない。
 眼下では戦後処理が行われていた。といっても面倒な条約締結や降伏条件の決定などは必要なかった。小国の民はほとんど残らず殺されてしまったからだ。あるのは略奪した富を如何に分配するかという問題だけだった。
 吾輩は再び夜の帳を下ろした。見るに忍びなかった。こんな歴史を、吾輩は記録していかなければならないのか。

 無数の民が懸命に働き、王は子作りに精を出す。大国の暮らしは戦争前の状態に戻っていた。だが、以前とは違う点が一つだけあった。迫害を受けているものがいた。
 戦争で足を傷めたようで、そいつはまともに働くことができなかった。それでも働かなければ生きていけない。そいつは身体を引き摺るようにして働いていた。まわりのものたちはそいつを助けようともしない。働けないそいつは食べ物もろくにもらえなかった。
 小国の生き残りに違いなかった。殺されずに済んだということは、小国でも奴隷身分だったのかもしれない。
 吾輩はそいつに憐れみと共感を覚えた。吾輩はそいつをジョージと名付け、できるだけ見守ってやることにした。

 日照りが続いていた。雨を降らす気にはなれなかった。先日の虐殺への嫌悪感からだろう。眼下の世界の中では、誰もが弱って見えた。いい気味だ。このまま飢えさせてしまいたい。死んでしまえ。消極的殺戮。
 足を引き摺り、食べ物を求め、地面を這いまわるジョージがいた。どうしてお前はそこにいる。どうしてお前はこちらの世界にいない。どうして。
 吾輩は這い回るジョージの上に、蜜を垂らした。蜜がジョージの身体を濡らす。死ぬな。
 ジョージ。それはお前の、お前のための。
 蜜に絡まれたジョージが吾輩を見上げる。見えるか。見えるのか。ジョージ。吾輩が、見えるか。
 ジョージは蜜を自分のものにはせず、仲間(そう呼んでいいのなら)の下へと運んでいった。ジョージから話を聞いた奴らが蜜に群がる。
 神の恵みだ。我々は見捨てられてはいなかった。
 蜜のほとんどは王が口にした。民にもわずかづつが与えられた。ジョージに与えられた蜜はほんの一舐めだった。
 その日、吾輩は雨を降らせた。

 吾輩は世界の歴史を記録することへの興味を失っていた。それを続けるだけの理由は最早存在しなかった。吾輩が創造した世界は憎しみの対象ですらあった。こんなものがあるから。この世界のせいで。
 変わらずにあるのはただ、ジョージへの。

 帳を上げると、大地に倒れるジョージの姿があった。ジョージはここ数日、急速に衰えていった。遂に、だった。
 民がジョージの屍骸の周りに集まった。いつものように埋葬してやるのだろう。
 だが、奴らはジョージを、解体し始めた。脚が、腹が、頭が、もがれる。聞こえるはずもないのに、引き千切られる音が吾輩の耳の奥に響く。赤黒い液体が飛び散る。
 奴らはばらばらになったジョージを運び始めた。
 なぜだ。
 他の奴らは埋めてやっていたではないか。静かに眠らせてやっていたではないか。
 なぜジョージだけ。食べ物には困っていないだろう。そんなにジョージが憎いか。そんなにぼくが憎いか。
 吾輩は帳を下ろした。そして、雨を降らせた。この世界の一年分の雨を降らせた。雨を降らせた。
 雨が世界を蝕む。雨が国を滅ぼす。雨が虫けらどもを飲み込む。
 雨は止まない。雨は降り続ける。大地が崩れる。奴らの屍骸が雨に流される。
 死ね。死ね。死ね。死んでしまえ。
 王も。兵も。民も。
 神の裁き。死ね。壊れろ。
 吾輩は。吾輩は。ぼくは。
 奴らが浮かぶ。
 神の裁き。
 滅び。
 大洪水。
 雨が降る。
 雨に混じって吾輩の涙が世界に消える。
 死ね。虫けらども。
 死ね。
 吾輩は。
 ぼくは。
 神なんだ。

 変わり果てた世界に、屍骸だけが浮いていた。ジョージの遺体もこの中にあるはずだった。が、どれがそうなのか、分からない。死んでしまえばどれも変わらない。もうどうでもいい気もする。
 黒々とした屍骸の山が世界を覆い尽くしている。
 箱舟は、浮いていなかった。

 高橋丈は涙を拭った。夏の日差しが窓から差し込んでいるというのに、短パンから伸びた足が鳥肌を立てている。右の脛には青痣がある。足元には軽くなったポットがある。その横に置いてある黒いランドセルを開く。ランドセルの背にはカッターで刻まれた幾筋もの白い線で幾何学模様が描かれている。中から原稿用紙の束と丸められた方眼紙を取り出す。
 こんなものがあるからぼくはいじめられる。
 担任の先生が、父さんと母さんが、校長先生が、ぼくをほめればほめるほど、隆たちはぼくをいじめる。ぼくはどうすればいいのだろう。ほめられないようにすればいいのか。
 それなら、こんなものがあってはいけない。
 丈は原稿用紙の束を引き裂く。市の教育委員会長賞を受賞した読書感想文を引き裂く。
 厚さがあったせいで原稿用紙は上手く引き裂けず、端の方が汚く破ける。それでも何度も引き裂くと、原稿用紙は粉々になる。
 丈は粉々になった原稿用紙を投げ捨て、方眼紙を掴む。両手でそれをぐしゃぐしゃに握り潰す。紙のつぶれる音が部屋に響く。再び方眼紙を広げ直し、端から少しずつ破いていく。県知事賞受賞の夏休みの自由研究を破く。アリの巣の観察を記録した方眼紙を破く。
 短冊状になった紙が積み上げられる。
 部屋が紙くずだらけになった。原稿用紙と方眼紙の残骸で足の踏み場もない。
 丈は紙くずを払いのけ、透明なプラスティックの薄い箱を取り出した。箱の周囲は黒い紙で覆われている。母さんにデパートで買ってもらった昆虫の飼育ケースだ。
 ケースを持って立ち上がると、それはずっしりと重かった。よろめくとケースの中がちゃぽんと揺れた。
 丈はケースを抱えたまま家を出る。庭の、土とアリを集めた場所までどうにかケースを運ぶ。ケースを地面に置き、黒の覆い紙を取った。ケースの中は黒かった。底には泥になった土が溜まっている。巣など跡形もない。水がふたの近くまで来ている。水面にはアリの黒々とした屍骸が数え切れないほど浮いている。
 もう、どうでもよかった。プラスティックケースのふたを外し、ケースを傾けた。水がケースから勢いよく流れ出る。微かに湯気が上る。一緒にアリの屍骸が流れ出る。水が流れる。ケースを持つ手が楽になっていく。足元の地面が水浸しになっている。地面は真っ黒でアリの屍骸はあまり目に入らない。
 軽くなったケースを逆さにする。泥がボタッと音を立てて落ちる。残った泥がケースを滑り落ちる。
 ケースを持ち直し、中を見る。泥が少しこびり付いていた。その中にアリの屍骸が一つあった。屍骸のアリには足が四本しかなかった。アリの足は六本だ。残りの二本はどこへ行ったのか。これはジョージなのだろうか。
生きている頃でも、ジョージがジョージと分かったのはいじめられていたからだ。いじめられていなければ、足を引き摺っていなければ、アリの区別など付くわけがない。ジョージは足が悪かったが、足がなかったわけではない。ジョージはばらばらになったのだ。
 丈はケースを逆さにして上下に振った。泥が落ちる。アリの死体もどこかに消えた。
 ぼくはもう、神じゃない。
 ぼくはこっちの世界では、神じゃない。
 丈は夏の空を見上げた。太陽が痛いくらい輝いている。思わず手でその光を遮る。ふと思い、その手を下ろした。太陽を睨む。
 あなたは僕を見ていますか。
 神様。



(了)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ